Web音遊人(みゅーじん)

TRUE WOMAN _NOKKO

8年ぶりの新アルバム『TRUE WOMAN』がリリース!オーケストラと初共演の全国ツアーもいよいよスタート/NOKKOインタビュー

80年代、REBECCAのボーカリストとして人々を魅了し、以来、胸に迫る歌を紡ぎ続けるNOKKO。2017年には28年ぶりにREBECCAとして全国ツアーを行ったことも大きな話題になった。
そして2018年3月21日には、8年ぶりのニューアルバムとなる『TRUE WOMAN』をリリース。NOKKOが表現する新たな世界が、キュートで力強い歌声とともに心のひだに深く入り込む。

ニューアルバムは、豪華なコラボレーションによって制作された新曲やREBECCAのセルフカバー、荒井由実のカバー曲など10曲を収録。その一曲である『翼』は、NOKKOが作詞、いきものががりの水野良樹が作曲、松任谷正隆が編曲を手がけた。テレビ東京系ピョンチャンオリンピック2018年中継テーマソング『翼』は2018年2月7日に先行配信されているので、この壮大な曲に自らの気持ちを重ね合わせた人も多いのではないだろうか。

新作アルバムの最初を飾るのはNOKKO作詞、松任谷由実の書き下ろし曲を亀田誠治がアレンジした『ふふふ』。
「死ぬまでに一度、ユーミンさんの歌を歌いたいんです!」
この曲は、意を決したNOKKOのそんな言葉から生まれた。日本のロックシーンで輝きを放ってきたNOKKOだが、そのルーツは実はユーミンにある。
「主人*がユーミンさんとお仕事をご一緒させていただく機会があり、家にいらしたんです。何度かお目にかかったことはあったのですが、これまで言ったことがないその気持ちをぶつけてみようと思って。制作過程では、あの方はやっぱり特別だと思うことが何回もありました。面白いフレンチポップスに仕上がったと思います」
*世界的に活躍するミックス・エンジニアのGOH HOTODA氏

さらに、荒井由実時代の楽曲で中学時代に繰り返し聴いたという『卒業写真』などのカバーにも挑戦している。「この曲もすごくいいですよね?」と笑うNOKKOの言葉は、ユーミンやオリジナル曲に向けられたものであると同時に、それらにオマージュを捧げた自らの歌への素直な思いでもあるのだろう。何しろ、唯一無二のNOKKOワールドを見事に描き出しているのだから。
「女性ってある時期、世界を敵に回してでもスイッチが入ってしまうような恋をするじゃないですか。そのスイッチを女性一人ひとりが持っているのって、すごいことだなと思って」
そんな気持ちを綴った2017年リリースのREBECCAの新曲『恋に堕ちたら』。ギタリストの是永功一とコラボした『シアワセのくつおと』、さりげなく感じたことを描いたという表題曲『TRUE WOMAN』……。どれもこれも思い入れのある曲ばかりだという。そして、どの曲にもNOKKOの新たな挑戦が詰まっているといえそうだ。
「全体的には『TRUE WOMAN』に代表されるように、世の中のいろいろなことを女性目線で捉えた女性らしい仕上がりになったと思います」

TRUE WOMAN _NOKKO

このニューアルバムのリリース直前の2018年3月18日からは、大阪のフェスティバルホールを皮切りに、全国ツアー「billboard classics NOKKO PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」も始まる。このツアーはNOKKO初のフルオーケストラコンサートで、『フレンズ』『Cotton Time』『人魚』などNOKKO&REBECCAの名曲の数々が披露される。
「懐かしい曲もたくさんやりますし、今回のアルバムの中から『翼』や『TRUE WOMAN』もオーケストラバージョンでやる予定です」

全国ツアーに先立ち、billboard classics festival 2017(※)のステージに立ったNOKKOは、確かな手ごたえを感じたようだ。
※ポップスとロックをオーケストラバージョンで楽しめる音楽祭

「オーケストラとの共演では歌が持っているニュアンスがより強めに聴こえ、届いていくというか。私はいつもと同じように歌っているのですが、とても豊かですよ。大きな波に乗っているようで、心が揺さぶられるような感じでした。今回のソロ・コンサートは、宝石箱を空けたような驚きがあるステージにしたいと思っています」
NOKKOの新たな挑戦とその魅力を、アルバムで、そしてコンサートでぜひ堪能してほしい。

■ アルバムインフォメーション

『TRUE WOMAN』
TRUE WOMAN _NOKKO
発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
発売日:2018年3月21日
料金:3,240円(税込)
詳細はこちら

■ 全国ツアー「billboard classics NOKKO PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」

料金:8,800円(全席指定/税込)※特製プログラム付
日程:【大阪】3月18日(日)フェスティバルホール(14:00開演)
   【東京】4月11日(水)東京文化会館 大ホール(19:00開演)
   【福岡】5月7日(月)福岡シンフォニーホール(19:00開演)
   【札幌】5月17日(木)ニトリ文化ホール(19:00開演)
   【名古屋】5月29日(火)名古屋国際会議場(19:00開演)
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:由紀さおりさん「言葉の裏側にある思いを表現したい」

1244views

音楽ライターの眼

名手ぞろいの楽団員が一夜限りの室内楽/ベルリン・フィル スペシャル・アンサンブル Vol.3

1159views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

70340views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

1848views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

4703views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

3931views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

2154views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

3110views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4046views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

1453views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2241views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3520views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

7684views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

6591views

神保彰 ワンマンオーケストラ - Web音遊人

音楽ライターの眼

たったひとりで聴かせる驚異のオーケストラマジックに、聴衆は釘づけ!/神保彰 ワンマンオーケストラ2017 ~GINZA DE JIMBO~

5960views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

2685views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

3692views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

4304views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

2880views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

1956views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

4225views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1900views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13739views