Web音遊人(みゅーじん)

クラシック名曲 ポップにシン・発見

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase1)ベートーヴェン「25のスコットランド民謡Op.108」楽聖が編曲した英語のフォークソング、コールドプレイを予感

ベートーヴェンの音楽を聴く楽しみの一つに英語の歌がある。スコットランドやアイルランド、ウェールズなど英語圏の民謡の編曲だ。英国のジョージ・トムスン出版社の依頼によってベートーヴェンは1806~20年頃の間に180曲近い民謡を編曲したが、英国各地の民謡だけで130曲ほどある。小遣い稼ぎのためのアルバイトといわれ、ベートーヴェンの全作品の中でも最も軽視されてきた分野だろう。しかし『25のスコットランド民謡』には作品番号(Opus)「Op.108」を付けており、本人は軽く見ていなかったと思われる。ポップで郷愁を誘うフォークソングの数々は親しみやすく、のちのコールドプレイのような英国ロックをも予感させる。

重視されてこなかった声楽作品

ベートーヴェンに関する書籍は多いが、民謡編曲に触れているものは少ない。そもそも声楽曲について書かれている本もあまりない。人気の高い『交響曲第9番』(第九)に声楽が取り入れられているにもかかわらず、歌曲や合唱曲は推薦リストの最後尾に置かれがちだ。彼は器楽の作曲家であり、単純な音型を巧みに展開させて交響曲や弦楽四重奏曲を書いたからこそ偉大という通念があるようだ。美しい旋律を持つ歌の作曲家ではないのだから、声楽曲を聴く必要はない、という意見さえある。本当にそうなのだろうか。

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase1)ベートーヴェン『25のスコットランド民謡 Op.109』楽聖が編曲した英語のフォークソング、ロックを予感

『ベートーヴェン・コンプリート・エディション』(CD85枚組、2017年、ブリリアント・クラシックス)

民謡編曲の中から『25のスコットランド民謡 Op.108』を聴いてみよう。CDは少ない。旧東独のドイツ・シャルプラッテン音源による9枚組CDボックスセット『ベートーヴェン知られざる名曲集』(独エーデル・クラシックス)には全25曲通しで入っている。1972年録音。レナーテ・クラマーのソプラノ、インゲボルク・シュプリンガーのメゾソプラノ、エーバーハルト・ビュヒナーのテノール、ギュンター・ライプのバリトン。彼らの独唱や重唱をエヴァ・アンダーのピアノ、ラインハルト・ウルブリヒトのヴァイオリン、ヨアヒム・ビショフのチェロによるピアノ三重奏が伴奏する編成。このほかホルスト・ノイマン指揮のライプツィヒMDR放送合唱団員が加わる曲もある。ピアノ伴奏の通常の歌曲(リート)とは異なり、様々な編成で色彩感を変えながら25の民謡が続く趣向を凝らしている。

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase1)ベートーヴェン『25のスコットランド民謡 Op.109』楽聖が編曲した英語のフォークソング、ロックを予感

『ベートーヴェン知られざる名曲集』(CD9枚組、2003年、エーデル・クラシックス)

1曲目の『音楽と恋と酒』はト長調のうきうきした気分で始まる。ヴァイオリンがケルト民俗楽器のフィドルを模したトリルや装飾音を入れて伴奏する。ファーストポジションで容易に弾けるフィドル風のフレーズを使ってケルティックな雰囲気を出しているのだろう。

映画『ピアノ・レッスン』の美しい旋律

2曲目の『日没(サンセット)』の旋律を聴いた人は少なからずいるはずだ。英国の作曲家マイケル・ナイマンが『日没』の旋律を使ってジェーン・カンピオン監督の1993年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『ピアノ・レッスン』の音楽を書き、サウンドトラックがヒットした。その原曲とも呼びたくなるベートーヴェンの編曲は、郷愁とセンチメンタリズムを感じさせるイ短調の名曲である。歌詞はスコットランドのロマン主義文学を代表するウォルター・スコット。ピアノ伴奏に加え、ヴァイオリンとチェロが哀愁を帯びた細く薄いハーモニーを添えて、歌を引き立てる。そよ風のように軽やかで涼しげな編曲は秀逸だ。なぜもっと演奏され歌われないのか。


Beethoven ‐ Twenty‐Five Scottish Songs, Op 108, No 2, “Sunset”

『日没』の高貴な哀愁は心に刺さる。そこには映画『ピアノ・レッスン』からの連想も働く。映画では19世紀、スコットランドからニュージーランドへと娘を連れて渡った女性の再婚と、原住民マオリ族に同化した別の男性との恋愛が描かれる。一方、ウィーンで活動していたベートーヴェンは渡英を夢見ていたといわれる。不滅の恋人アントーニエ・ブレンターノと結ばれるのならば、行先は英国だったろうとの推察もある。ドイツ生まれの楽聖が恋人との逃避行先に英国を想定していたと考えれば、興味がわいてくる。ドイツやオーストリアから見れば、英国は北寄りとはいえ西方の「日没」の地でもある。

コールドプレイにつながるアレンジ

もっとも、ベートーヴェンが民謡編曲に作曲家の威信をかけて取り組んだという形跡は見当たらない。やはりアルバイトの域を出ない仕事だったのかもしれない。だからと言って彼の民謡編曲が聴き手にとってつまらないわけではない。それどころか、『25のスコットランド民謡』のポップなアレンジからは1世紀半後の英語の歌さえ聴こえてくる。20世紀後半に台頭する英国やアイルランドのロックを予感させるのだ。

ビートルズからデヴィッド・ボウイ、エルヴィス・コステロ、U2、ニュー・オーダー、ミューズに至るまで、英国・アイルランド各地の民謡を思わせる曲がけっこうあるのではなかろうか。ロックが自国の民謡の影響を受けているのは当然かもしれない。そこにベートーヴェンがしっかり関わり、自由や愛を体現するロックを後押ししてくれている、という感覚は新鮮だ。

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase1)ベートーヴェン『25のスコットランド民謡 Op.109』楽聖が編曲した英語のフォークソング、ロックを予感

コールドプレイ『X&Y』(2005年、ワーナーミュージック)

ベートーヴェンの民謡編曲に触発され、21世紀英国最大のロックバンド、コールドプレイのアルバム『X&Y』をまた聴いている。分かりやすい旋律、陰影と広がりのあるギターのエフェクトとシンセサイザー、郷愁を誘うファルセット交じりの英語の歌。中でも『Talk』は名曲だ。歌とギターが同じシンプルな旋律で呼びかけ合ったりユニゾンで進んだりするところなどは、ベートーヴェンの編曲によるスコットランドやアイルランドの民謡の直系を実感する。


Coldplay – Talk(Official Video)

アルバム「X&Y」の1曲目「Square One」は、ベートーヴェンが好んだハ短調(Cマイナー)で作られている。単純な音型を使って劇的な展開をみせる「主題労作」の手法もベートーヴェンに通じるところがある。音楽の既成概念を壊す革新性も同じだ。最も盛り上げるべき部分で軟弱とも思えるファルセットに変えたり、1オクターブ下げたりして歌う。大声でシャウトして説得力を持たせようとする従来のロックバンドとは真逆の音作りで、常識を覆し、独自のオルタナティヴ・ロックを確立した。


Coldplay – Square One – Live In Toronto – Remaster 2019

ロックが現代世界において最も影響力と人気のある音楽であることは間違いない。ポップスも視野に入れて音楽史を俯瞰すれば、ベートーヴェンとロックがつながる。『第九』だけでなく、ベートーヴェンの歌をもっと聴こう。次回以降、クラシックの隠れた名曲、忘れられ、あるいは俗曲と見做され軽視されてきた傑作を、ポップに“シン(真、新、芯!)発見”していく。

「クラシック名曲 ポップにシン・発見」全編 >

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社チーフメディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。クラシック音楽専門誌での批評、CDライナーノーツ、公演プログラムノートの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:下野竜也さん「自分を楽しく表現できれば、誰でも『音で遊ぶ人』になれると思います」

2300views

フォルテ・ディ・クアトロ

音楽ライターの眼

韓国から世界に飛翔するクロスオーバーのヴォーカル・ユニット「フォルテ・ディ・クアトロ」は個性豊かな4人組

6567views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

13678views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

38531views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11152views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

14473views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13310views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5688views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14202views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5596views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4514views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9381views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16579views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14202views

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

3289views

宮崎秀生

オトノ仕事人

ホールや劇場をそれぞれの目的にあった、よりよい音響空間にする専門家/音響コンサルタントの仕事

951views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4723views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9366views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13627views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5195views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

40577views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10264views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24429views