Web音遊人(みゅーじん)

“音の宝石箱”に魅せられて、瞬く間に時は過ぎた/松田華音 ピアノ・リサイタル

ピアノ・ソナタで始まり、小品の集合体の曲を2作演奏という面白いプログラム。作者はソナタがベートーヴェン(1770~1827)、次いでシューマン(1810~56)の「謝肉祭」とチャイコフスキー(1840~93)の「18の小品」で、弾き手は人気若手ピアニスト・松田華音である。「構成の意図は何なのか?」といろいろ考えてみたが、これといった推測にたどり着けないまま当日を迎えた。

熱暑が続くなか、汗を拭き拭き詣でた幅広い年齢層の客でホールは満席だ。時間どおりに舞台に登場した松田は、静かで落ち着いたたたずまい。旬の香味・ミョウガを連想するぼかし色のドレスが涼やかに目に映る。

ベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ第31番」が始まる。ロマンチックで流麗な第1楽章、暑さで滅入った心がすうっとほぐれていく。「ああそういうことかも」と、妙に腑に落ちた。ソナタ32作のうち、誰もが真っ先に演奏する曲ではないが、息苦しいほどの熱暑の夜にリラックスして聴ける、呼吸が楽になっていく音楽はとてもありがたい。心地よい「おもてなし」にうれしい気分になった。

また、3楽章形式では珍しく第2楽章がアレグロでリズミックだが激高調ではないし、第1楽章は優美に歌い、第3楽章もテンポの変化はあるもののゆっくり内省しつつ陰から陽に転じていき、いずれも気合いで演奏する類いの曲ではない。松田の左手は終始深みのあるニュアンスを、右手はみずみずしさを湛え、弾き終えると客席からいきなり「ブラボー!」が飛んだ。

続いてシューマンの「謝肉祭」は、「4つの音符による面白い情景」の副題が示すように、自身の名(Schumann)や当時の婚約女性の出身地(As)のアルファベット「ASCH」をドイツ語音名として活用し、仮面舞踏会の情景を20の小曲で表現している。

「As=A(ラ)」「C(ド)」「H=B(シ)」で、曲によっては「A(ラ)」や「Es=E(ミ)」を用いている。これらが仮面舞踏会の変装よろしく、見え隠れしながらシューマン独自の世界が展開するのだが、実は身の回りの現実をかなり反映させていて、各タイトルからもそれがよくわかる。たとえば「オイゼビウス」と「フロレスタン」は自身の分身で、相反する性格、つまり一方は「夢想的」もう一方は「行動的」であるし、「キアリーナ」は密かに恋心を抱き始めた少女ピアニスト・クララのイタリア名の愛称だ。こんな独特の曲を、松田はまるで絵巻物を繰るように、テンポよくムラなく展開していく。平均すると1曲1分余りとなろうが、せせらぎの風景を飽きずに眺めているような気分にさせる演奏で、曲数が20もある割には、あっという間に終わってしまうのだった。

休憩をはさんで、チャイコフスキー最晩年の「18の小品」も、同様に豊かな響きで小ピースが展開。「性格的舞曲」「踊りのためのマズルカ」「演奏会用ポロネーズ」など12曲を抜粋しての演奏にもかかわらず違和感なく、曲調のせいでもあるが、まるでバレエのガラ公演を見ているかのように、軽妙なステップあり優雅なダンスありで、自然に聴き入るうちにすんなり終わってしまった。

総じて松田の演奏は安定したリズム感で、和音やユニゾンなどはまるでオーケストラのように響き合い、音の宝石箱のように感じられた。また「山谷の激しい大曲でなくとも、ピアノ・リサイタルは存分に楽しめる。特に猛暑の時節は気負わずに聴ける音楽は一服の清涼剤!」と改めて思えた。

原納暢子〔はらのう・のぶこ〕
音楽ジャーナリスト・評論家。奈良女子大学卒業後、新聞社の音楽記者、放送記者をふりだしに「人の心が豊かになる音楽情報」や「文化の底上げにつながる評論」を企画取材、執筆編集し、新聞、雑誌、Web、放送などで発信。近年は演奏会やレクチャーコンサート、音楽旅行のプロデュースも。書籍「200DVD映像で聴くクラシック」「200CDクラシック音楽の聴き方上手」、佐藤しのぶアートグラビア「OPERA ALBUM」ほか。
Lucie 原納暢子

特集

今月の音遊人 千住真理子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:千住真理子さん「いろいろな空間に飛んでいけるのが音楽なのですね」

6721views

音楽ライターの眼

トリオでなくてカルテット ホールと共に奏でるベテランの三重奏/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.7

2041views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

11844views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

21557views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

8393views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

8991views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

5447views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

1346views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

20351views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

6756views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4427views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25614views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8998views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10852views

音楽ライターの眼

連載30[ジャズ事始め]渡辺貞夫『ジャズ&ボッサ』はA面とB面を別作品に仕立てた戦略的な意見表明だった

918views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4684views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

5429views

楽器探訪 Anothertake

ナチュラルな響きと多彩な機能で電子ドラムの可能性を広げる、新たなフラッグシップモデルDTX10/DTX8シリーズ

2903views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

5083views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3736views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

21557views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5639views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25614views