Web音遊人(みゅーじん)

中川英二郎

前代未聞!4本のトロンボーンが奏でる究極のアンサンブル<ツアー&アルバム>/中川英二郎インタビュー

世界的トロンボーン奏者として活躍する中川英二郎。音楽シーンの最前線を走り、現在、日本の映画やTV、CMなどで聴こえるトロンボーンの音の7割以上は、彼のものであるともいわれている。
そんな圧倒的な存在感を放つ中川が、前代未聞のトロンボーンカルテット「SLIDE MONSTERS(スライド・モンスターズ)」を結成し、2018年5月に日本ツアーを行う。

メンバーは中川、そしてニューヨーク・フィルハーモニックの首席でトロンボーン界の神と讃えられるジョセフ・アレッシ。さらにニューヨークのジャズシーンで活躍するマーシャル・ギルクス、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団のバストロンボーン奏者ブランド・アテマを加えた4人。現代の各ジャンルを代表するトロンボーン界の“モンスターたち”が結集する、奇跡とでも呼ぶべきユニットだ。しかも、そのツアーが日本で実現する。
トロンボーンを愛する人はもちろん、それ以外の人々もツアーに足を運んでくれれば「きっとこの楽器のファンになってくれるはず!」と中川は自信をのぞかせる。

トロンボーン四重奏をやりたい──。それは長年、中川が温めてきた思いだった。トロンボーン4本だけというシンプルかつ究極のアンサンブルの形だ。
「オーケストラなどで耳にしているにもかかわらず、トロンボーンの音をちゃんと聴いたことがないという方がほとんどなんですよね。オーケストラでもビッグバンドでもトロンボーンはサポート役。日の当たらないパートですから(笑)。ふだんサポート役である楽器をそこまでクローズアップするには、パートナーが必要です。そのオファーを僕のアイドルであるジョー(アレッシ)が快諾してくれた。トロンボーンを吹く人ならもちろん知っていると思いますが、ジョーはおそらく地球上で一番有名なトロンボーン奏者です」

そして、そのアレッシが「今、もっとも一緒に演奏したいトロンボーン奏者」として強力に推したのがマーシャル・ギルクスとブランド・アテマだった。
「テナートロンボーンは、男性の声域(テナー)とほぼ同じ音域で演奏します。トロンボーン四重奏は歌詞のないアカペラだと思っていただけるといいかもしれませんね。4人いると相当複雑なハーモニーもできるし、非常に自由な演奏ができる。ツアーではフルパワー、フルサウンドでダイナミックなものから繊細な音色までお聴かせできると思います」
ツアーのテーマは「BEYOND INSPIRED BY NEW YORK」。これまでも多彩なスタイルで自身の音楽を表現し、常に「BEYOND(その先)」を拓いてきた中川だが、今回はジャンルも国籍も違うこのメンバー4人にしかできないアンサンブルで、聴く者を「その先」の世界へと誘う。
「コンサートで一番大切に考えているのはジャズとクラシックを自由に行き来する音楽で、半分以上はオリジナル曲を演奏します。クラシックの場合、作曲家兼プレーヤーというケースは非常に稀ですが、今回は僕とマーシャルが作曲もするので、これまでのトロンボーンアンサンブルやブラスアンサンブルではできなかったことを表現できると思います」
また、メンバーを引き合わせた、ニューヨークからインスピレーションを得た曲も用意されている。

中川英二郎

5月のツアーに先立ち、4月20日にアルバム『SLIDE MONSTERS』がリリースされた(2018年1月ニューヨークで初レコーディング)。
「純粋に4人だけの演奏にしたかったので、リズム隊は入れたくなかったんです。だから、曲を聴いたときに頭のなかでリズムが鳴るような音楽を目指しました。仕上がりは相当いいと思いますよ。自分でもとても満足しています」
オリジナルとカバーの全9曲で、中川のセルフカバー『Trisense』ほかオリジナル曲、マーシャル・ギルクス書き下ろしの『Coalescence』など中川の言葉通り「ジャズとクラシックを行き来する」曲が満載だ。
「ぜひCDを聴いていただきたいです。そして、それ以上にツアーで生の音に触れてもらいたいですね。そうしなければ、CDのなかの演奏の本質が伝わりにくいと思うんです。ツアーでは、このアルバムの曲をメインに、プラスαを考えています。だまされたと思って会場に来てください。必ず満足してもらえると僕は信じています」

人が喜んでくれる、何かを感じてくれることが活動の原動力だという中川は、そう力を込めた。トロンボーンの概念を覆す演奏を、みなさんも味わってみてはいかがだろう。

■ SLIDE MONSTERSツアー
「BEYOND INSPIRED BY NEW YORK」

日程:2018年5月4日(金)~13日(日)
東京、神奈川、福岡、大阪、群馬、静岡、福井で開催予定。
詳細はこちら

■ アルバムインフォメーション

『SLIDE MONSTERS』
SLIDE MONSTERS
発売元:EN RECORD
発売日:2018年4月20日
料金:3,240円(税込)
詳細はこちら

 

特集

東儀秀樹インタビュー - Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:東儀秀樹さん 「“音で遊ぶ人”といえば僕のことでしょう。どのような楽器の演奏でも、楽しむことだけは忘れません」

4495views

音楽ライターの眼

マリアム・バタシヴィリが世界中の音楽ファンに向けて動画を配信

1722views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

4811views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

10897views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

5742views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

6522views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

15272views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5469views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14838views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

5415views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

3553views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21126views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

6825views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8579views

音楽ライターの眼

フリートウッド・マックの初期未発表音源集『ビフォー・ザ・ビギニング 1968-1970 〜ライヴ&デモ・セッションズ〜』が発表

2414views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

11744views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

5138views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

8731views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12900views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3380views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

37727views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5193views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

17696views