Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.13

2017年9月にリリースされた『ライヴ・イン・モントリオール』というアルバムは、ピアノの上原ひろみとハープのエドマール・カスタネーダのデュオを収めたものだった。

ライヴ・イン・モントリオール
『ライヴ・イン・モントリオール』上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ

最古の楽器のひとつといわれるハープ、すなわち竪琴を寝かせて、指ではなく鍵盤に連動した先割れ棒で弦を引っ掻いて音を出したのがピアノの前身であるハープシコードであるという“暴論”を許していただければ、ハープとピアノは“同類”と言ってもいいぐらいの近い関係にある楽器で、いままで共演例が少ないのが不思議――とまとめてしまいたくなるのだけれど、おそらくそのあいだには深くて暗いナニヤラがあるような気もする。

ジャズでは、直接対決と言えるほどの起用は多くないが、それでもジョン・コルトレーンの妻であるアリスがジョンの死後にハープでコルトレーン・ジャズを展開しようとしていたのが記憶に残っていたりする。

そのほか、個人的に印象深かったのが、エレクトリック・ハープをメインで奏でるアンドレアス・フォーレンヴァイダー。彼の『ダンシング・ウィズ・ザ・ライオン』にハマっていたことを、エドマール・カスタネーダの音を聴いていて想い出した。

近年でも、中南米のハープであるアルパを自在に操って注目を浴びた上松美香や、ケルテックハープ奏者で映画『借りぐらしのアリエッティ』の音楽を担当したセシル・コルベルなどの登場で、ハープは決して“終わったインストゥルメンタル”ではないことを示していたはずなのに、やはりジャズの最先端を突っ走る上原ひろみが“デュオ相手に選んだ”というニュースを耳にしたときには、違和感を感じざるをえなかったのが正直なところ。

しかし、『ライヴ・イン・モントリオール』を何回か聴いていると、これが“世紀の異種格闘技対決”的なものを狙ったわけでないことはもちろん、上原ひろみが、ほかの楽器ではなく、しかもピアノとのデュオでもなく、ハープを選んだ理由がぼんやりと伝わってくるようになった。

ヒントは収録曲「フォー・ジャコ」にある。

エドマール・カスタネーダが書いたこの曲、不世出のベーシストであるジャコ・パストリアスの名にちなんでタイトルが付けられたという。

つまり、彼がハープで奏でる音楽のなかには、ジャコがスティールドラムを起用して構築しようとしていたソロ・プロジェクトの要素が色濃く反映されていて、そこに上原ひろみが反応してしまった、ということなのではないか。

キーワードは“倍音”だ。

数々のピアノ・デュオを手がけてきた上原ひろみはおそらく、ピアノ2台で構築できる倍音の世界に疑問あるいは限界を感じていたのだろう。

しかし、豊かな倍音のなかで“泳ぐ”魅力は捨てがたい。

そして、その可能性を探るヒントへ、ピアノに近い楽器が導いてくれるかもしれないことに気づいたのだ。

アルバムの構成がカヴァー主体ではなくオリジナル中心で、しかも組曲まで用意しているところにも、このデュオを“セッション”に終わらせようとしない2人の意志を感じる。

倍音という、音を乗じていく難しいチャレンジに着手したこのデュオには、やはり“新たな関係性”があると考えざるをえない。

<続>

ジャズとデュオの新たな関係性を考える<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小曽根真さん「音楽は世界共通語。生きる喜びを人とシェアできるのが音楽の素晴らしさ」

12830views

音楽ライターの眼

シンプルに音を並べること、それがベテランが紡ぐシューベルトの世界/清水和音ピアノ・リサイタル

846views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

6388views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

18706views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

3193views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

9187views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

3628views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1309views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

13363views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2037views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

2011views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10487views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

3339views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

5348views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.4

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.4

2071views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

4285views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2037views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

23952views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

10858views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

1941views

ピアニカ

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

24027views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

1757views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11261views