Web音遊人(みゅーじん)

連載5[ジャズ事始め]日本にジャズが芽生えた大正前夜の音楽事情

西欧列強に追い付くべく富国強兵政策を推し進めていた明治政府にとって、日清戦争(明治27〜28年/1894〜95年)と日露戦争(明治37〜38年/1904〜05年)での表面的な勝利は、日本の西洋化をさらに後押しするに足るエポックとなった。

太平洋航路がもたらした洋楽の新風

明治が大正に改元される1912年7月──ちょうどそのころ、客船・地洋丸がサンフランシスコをめざして横浜港を出航した。

日本郵船、大阪商船(現・商船三井)と並び当時の日本を代表する船会社だった東洋汽船は、日露戦争の勝利という機に乗じて日本最初の1万トン超の大型船を建造。その一艘が地洋丸で、香港とサンフランシスコを結ぶ太平洋航路に就航していた。ちなみに経由地は、廈門市、上海、長崎、神戸、横浜、ホノルルだった。

横浜からは客のほかに楽団員も乗り込んだ。太平洋上の長い船旅のレクリエーションを担うための要員だった。

前回でも触れたように、明治末期の日本では、イベントやパレードで“洋式の合奏”が披露されて人気を博していた。

こうした演奏を船内でも提供するために楽団員を雇用。その役目は、豪華客船にふさわしいようにと、専門教育を受けたプロの演奏家が担っていたようだ。

このときの乗船楽団員の名前はしっかりと記録に残っていて、出身も明らかだった。ヴァイオリンの波多野福太郎と田中平三郎、ヴィオラの奥山貞吉、ピアノの斉藤佐和、チェロの高桑慶照がその5名で、いずれも東洋音楽学校(現・東京音楽大学)を卒業して数年の若手だった。

つまり、彼らは“専門教育を受けたプロの演奏家”ということになるのだが、実際にはちょっとニュアンスが異なっていて、それが彼らの“ジャズに関わるきっかけ”になったのではないかと考えられるので、解説してみたい。

演奏家市場における需要と供給のねじれ現象

東洋音楽学校の創立は明治40年(1907年)。大衆音楽の隆盛によって需要が増えると思われていた演奏家を養成するための“専門学校”ではあったが、創立まもない当時は実績のなさもあって卒業生の就職先に苦慮していたというのが実状だった。

地方の活動写真館を回って、無声映画の伴奏で日銭を稼ぐぐらいしか勤め先が見つからなかった卒業生にとって、海難事故のリスクと長期拘束の不自由さが伴う仕事でも、まさに“渡りに船”だったことは想像に難くない。

余談だが、数年前、雑誌の取材でジャズ・ミュージシャンたちにインタヴューをしたときに、彼らが知り合うきっかけが豪華客船でのバンド演奏の仕事だったと聞いたことがある。

1日数回のステージがあって、航海中はほとんど休みがないうえに、リクエストがあれば本業のジャズ以外でも応じなければならないという仕事内容に「たいへんですね〜」と相槌を打つと、「でもね、仕事場に通う手間はないし、演奏時間以外は遊んでられるし、お金を使う場所もほとんどないから貯金はできるし、けっこういい仕事なんだよ〜」と、本音を漏らしてくれた。

さて、地洋丸に話を戻そう。行きの船中で波多野バンドは、「オリエンタル・ダンス」「キスメット」「金婚式」といった室内楽のレパートリーを演奏し、昼と夜の食事時などに客の無聊ぶりょうを慰める役割を担っていた。

ところが、困ったのは週末に開かれるダンス・パーティー。外国人客からリクエストされても曲を知らないので応えられず、少ないレパートリーを繰り返すだけと、自分たちのプロとしての力量のなさを痛感する日々だったようだ。

横浜を出て10日ほどでホノルル、さらに1週間ほどでサンフランシスコに到着した楽団員一行は、そんな肩身の狭さを解消すべく、楽器店へ駆け込んで、楽譜を買い漁ったという。

波多野バンドが持ち帰った最新流行音楽の譜面と現地での演奏経験は、日本に新たな洋楽のうねりを巻き起こすきっかけとなった。

そしてようやく、日本のジャズ・エイジ、大正時代の洋楽シーンが本格化する。

参考:内田晃一『日本のジャズ史=戦前・戦後』スイング・ジャーナル社

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

秋川雅史さん「今は声を磨くことが楽しい。まだまだ成長途中で、人生を上っている段階です」

今月の音遊人

今月の音遊人:秋川雅史さん「今は声を磨くことが楽しい。まだまだ成長途中で、人生を上っている段階です」

8114views

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

音楽ライターの眼

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

17563views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

4991views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

521views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

5385views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

12070views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

9081views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5887views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

21897views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

7863views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5888views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6725views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

5396views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

21897views

音楽ライターの眼

ブラッド・メルドーの『アフター・バッハ』は“無の境地”に至るショートカットなのかもしれない

3418views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

34307views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

4208views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

10786views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

8413views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3284views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

52918views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5887views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23507views