Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.14

桑原あい×石若駿『ディア・ファミリー』
桑原あい×石若駿『ディア・ファミリー』

桑原あいがシーンに登場して脚光を浴びるようになった2012~13年当時、彼女の活動が“トリオ・プロジェクト”と冠されていたことが影響していたせいなのか、あまり期待を抱かずに見守ることにしていた記憶がある。

これは、ジャズにおけるピアノ・トリオで新たなコンセプションを切り拓くことがかなり困難に思われたことのみならず、ジャズ・ピアニストを安易にトリオという“売りやすい”パッケージに収めようとする“オトナの事情”を警戒していたからだったりするのだが……。

その後、彼女のライヴを観る機会があって、ボクの警戒は霧散する。まさに“百聞は一見にしかず”だった。

桑原あいもまた、『Somehow, Someday, Somewhere』(2017年2月リリース)でスティーヴ・ガッドとウィル・リーという“ビッグ・ネーム”と共演するなど、自身の“トリオ・プロジェクト”を進化させているから、期待が増していたところだった。

そこで登場したのが、2017年11月リリースの本作だ。

すでにai kuwabara trio projectの一翼を担う重要な役割を果たしていた石若駿との、全編デュオによるオリジナル曲だけのアルバム。

しかし、その微妙な“変化球加減”が、またぞろボクの警戒心を煽ることになる。

今度の警戒の原因は、アルバム冒頭に収録されている「Dear Family」にあった。

というのも、この曲はテレビ朝日系ニュース番組のオープニング・テーマ曲。いわゆる“キャッチーなテーマ・フレーズありき”の、逆算されたデュオだったら興ざめだなと、勘ぐってしまったわけなのだ。

しかし、無粋な警戒をしたことを再びおわびしなければなりません。

このデュオは、デュオであることを計算しつくして、音を構築していた。

それは、あえて放映用とアルバム・ヴァージョンの2パターンの「Dear Family」を収録していることが示していて、リスナーはプレイヤーたちの“確信”をそこから汲み取らなければならない。

うがった見方を承知で言えば、1つではテレビから流れることを想定した帯域での効果的な音楽的構成を試み、もう1つでは作品性を優先させたデュオを展開したのではないかということ。

後者は従来のデュオ・コンセプションを色濃く感じさせるわけだけれど、前者には音響派的な再構築があるように感じたのだ。

テクスチャーという視点でのデュオ。そこにデュオの新たな潮流という、当コラムのテーマに関係する要素も含まれているのではないか――。

キーワードは“輪郭”。

それは、テレビ番組という環境で流されることを考慮したことが意図せずに生んだ“副産物”だったのかもしれないが、エッジを立てることでピアノらしさが削がれる最近の傾向に対する、デジタル時代の新たなサウンド・アイデアとして注目したい。もちろん、それを成し遂げられる石若駿の柔軟な発想とテクニック、そしてなによりもそのことを感覚的に選んだ桑原あいのセンスがあればこそなのだが。

ドラムによるエッジとサウンドとの関係性については、村上“ポンタ”秀一と森山威男の比較で考察を進めようと思っていたところだったのだけれど、そこに石若駿を加えなければならなくなったようだ。

それもまた、この“新デュオ論”の恩恵と言えるかもしれない。

<続>

ジャズとデュオの新たな関係性を考える<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人 押尾コータロー

今月の音遊人

今月の音遊人:押尾コータローさん「人は誰もが“音で遊ぶ人”、すなわち“音遊人”なんです」

12342views

萩原麻未&ヴォーチェ弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

不可思議な靄(もや)のなかを導かれるような時間/萩原麻未&ヴォーチェ弦楽四重奏団スペシャル・コンサート

3139views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

9649views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

37027views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

9629views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

5710views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

15964views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7948views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

11430views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

3558views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4567views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24978views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

6032views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

23321views

音楽ライターの眼

ソロ、室内楽、指揮と多彩な活動を展開するレオニダス・カヴァコスの新たな挑戦

505views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

6267views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

3904views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

16361views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

9748views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6733views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

15302views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

9632views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24978views