Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.14

桑原あい×石若駿『ディア・ファミリー』
桑原あい×石若駿『ディア・ファミリー』

桑原あいがシーンに登場して脚光を浴びるようになった2012~13年当時、彼女の活動が“トリオ・プロジェクト”と冠されていたことが影響していたせいなのか、あまり期待を抱かずに見守ることにしていた記憶がある。

これは、ジャズにおけるピアノ・トリオで新たなコンセプションを切り拓くことがかなり困難に思われたことのみならず、ジャズ・ピアニストを安易にトリオという“売りやすい”パッケージに収めようとする“オトナの事情”を警戒していたからだったりするのだが……。

その後、彼女のライヴを観る機会があって、ボクの警戒は霧散する。まさに“百聞は一見にしかず”だった。

桑原あいもまた、『Somehow, Someday, Somewhere』(2017年2月リリース)でスティーヴ・ガッドとウィル・リーという“ビッグ・ネーム”と共演するなど、自身の“トリオ・プロジェクト”を進化させているから、期待が増していたところだった。

そこで登場したのが、2017年11月リリースの本作だ。

すでにai kuwabara trio projectの一翼を担う重要な役割を果たしていた石若駿との、全編デュオによるオリジナル曲だけのアルバム。

しかし、その微妙な“変化球加減”が、またぞろボクの警戒心を煽ることになる。

今度の警戒の原因は、アルバム冒頭に収録されている「Dear Family」にあった。

というのも、この曲はテレビ朝日系ニュース番組のオープニング・テーマ曲。いわゆる“キャッチーなテーマ・フレーズありき”の、逆算されたデュオだったら興ざめだなと、勘ぐってしまったわけなのだ。

しかし、無粋な警戒をしたことを再びおわびしなければなりません。

このデュオは、デュオであることを計算しつくして、音を構築していた。

それは、あえて放映用とアルバム・ヴァージョンの2パターンの「Dear Family」を収録していることが示していて、リスナーはプレイヤーたちの“確信”をそこから汲み取らなければならない。

うがった見方を承知で言えば、1つではテレビから流れることを想定した帯域での効果的な音楽的構成を試み、もう1つでは作品性を優先させたデュオを展開したのではないかということ。

後者は従来のデュオ・コンセプションを色濃く感じさせるわけだけれど、前者には音響派的な再構築があるように感じたのだ。

テクスチャーという視点でのデュオ。そこにデュオの新たな潮流という、当コラムのテーマに関係する要素も含まれているのではないか――。

キーワードは“輪郭”。

それは、テレビ番組という環境で流されることを考慮したことが意図せずに生んだ“副産物”だったのかもしれないが、エッジを立てることでピアノらしさが削がれる最近の傾向に対する、デジタル時代の新たなサウンド・アイデアとして注目したい。もちろん、それを成し遂げられる石若駿の柔軟な発想とテクニック、そしてなによりもそのことを感覚的に選んだ桑原あいのセンスがあればこそなのだが。

ドラムによるエッジとサウンドとの関係性については、村上“ポンタ”秀一と森山威男の比較で考察を進めようと思っていたところだったのだけれど、そこに石若駿を加えなければならなくなったようだ。

それもまた、この“新デュオ論”の恩恵と言えるかもしれない。

<続>

ジャズとデュオの新たな関係性を考える<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小曽根真さん「音楽は世界共通語。生きる喜びを人とシェアできるのが音楽の素晴らしさ」

14742views

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10x10』が遂に発売

音楽ライターの眼

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10X10』が遂に発売

3780views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

4137views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

15682views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5581views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

5485views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

12949views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2693views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4203views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

6842views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2264views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17008views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

3964views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13532views

音楽ライターの眼

AIジャズの嚆矢は20年前の東京ザヴィヌルバッハだったんじゃなかろうか?

995views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

1528views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

941views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

20518views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1918views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2554views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

9532views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2646views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17008views