Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:大塚 愛さん「私にとって音は生き物。すべての音が動いています」

2003年のデビュー以来、「さくらんぼ」「プラネタリウム」をはじめ数々のヒット曲を送り出し、近年はさらに深みを増した境地を聴かせているシンガーソングライター、大塚 愛さん。ピアノで弾き語りをすることも多い大塚さんに、理想の音について、ピアノについて、自身の音楽についてなどを率直に語っていただきました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

私の曲ってどれもテイストがバラバラで一貫性がないのですが、それは私が人生の中で「これだけを聴いてきた」と言えるものがないからなんだと思います。小さい頃からクラシック、ボサ・ノヴァ、ポップス、インストゥルメンタルなどさまざまな音楽をまんべんなく聴いてきましたが、ひとつのジャンルやアーティストに熱中することはあまりありませんでした。そのかわり、嫌いなジャンルもありません。ヒップホップもレゲエも好きです。
憧れのアーティストは松任谷由実さんや桑田佳祐さん。とくに桑田さんはじーんとくる深い曲を歌う一方で、意味のわからないおちゃらけた曲を歌う、その幅の広さが、おこがましいですけれども自分に似ているなと。自分の中のこうなりたいという部分では、桑田さんを目指しているのかもしれません。きっと「大塚 愛はこういう人だ」って、ひとつのイメージに決めつけられたくないという気持ちが強いのでしょうね。

Q2.大塚さんにとって「音」や「音楽」とは?

私は、歌うときも楽器を演奏するときも、頭の中で音を「アニメ化」しています。ひとつひとつの音がすべてアニメーションみたいに動くので、「ここは円を描くように」「そこでターンするように」などとイメージしながら歌うんです。ですから、私にとって「音」は生き物ですね。ちゃんと弾けているのに、なぜか楽しく感じられないときは、音に心臓が入っていない、生き物がちゃんと動いていない状態。生きているからこそ、たとえ演奏がちょっと不器用でも、どこか惹かれて、聴く人の心にぐっと伝わるものがあるのかなと思います。
子どもの頃に習っていたピアノの先生に、「愛ちゃんより上手に弾ける人はおそろしいほどたくさんいるけど、いちばんうまく弾ける人の演奏が素晴らしいかというと、私はそうは思わない。完璧に楽譜を再現して弾きこなしても、音に面白さがないと感動しないのよ。でも愛ちゃんのピアノはすっごいヘタクソだけど、なにか伝わってくるものがあるの。それがあなたのいちばんの武器よ」と言われたことを今でも憶えています。まったく練習しない子だったので(笑)。
また、自分にとっての「音楽」という話ですが、学生の頃は音楽をどうやって仕事にしていくかを考え、いろいろ試行錯誤していました。歌でプロになれないならインストゥルメンタル音楽を作る人になろうとか、ほかのアーティストに楽曲提供をして食べていこうとか……。その過程で、自分のやりたい音楽だけを追求して突っ走るのは趣味の部分でやればいいと線を引いたんですね。ですから、プロとして活動するからには人に求められるものを出さなければいけないという思いが、メジャーデビュー当時はとくに強くありました。そういった縛りから解放されたのは、ここ数年のことです。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

ジャズピアニストの上原ひろみさんの演奏を聴いたときに、「すごいな、この人!」と思いました。音は生き物だとお話ししましたが、上原さんの音はひとつひとつにキャラクターがあって、まるで小人のようにピアノの鍵盤の上でぴょんぴょん飛び跳ねて、遊んでいるんです。まさに「音で遊ぶ人」ですよね。彼女のピアノはいつも「しゃべっている」ような感じがするので、ピアノという名の会話マシーンなのではないかと。
ちなみに自分にとってのピアノも似たような存在で、なにか曲のイメージが頭に浮かんだとき、一度ピアノで弾いて、その音源をアレンジャーさんに渡しています。本当は頭にコードを直接つないで、浮かんだイメージをビビッと譜面や音源に移行できればいいのですが、現代の技術はまだそこまで追いついていませんからね。そういった意味でも、ピアノは自分の表現を伝える大切なツールです。

大塚 愛〔おおつか・あい〕
1982年生まれ、大阪府出身のシンガーソングライター。15歳から作詞・作曲をはじめ、2003年9月にシングル「桃ノ花ビラ」でメジャーデビュー。同年12月にリリースしたセカンド・シングル「さくらんぼ」が大ヒットを記録し、以降も「プラネタリウム」「SMILY」など数々のヒット曲を世に送り出す。2019年に、デビュー15周年記念オールタイム・ベストアルバム『愛 am BEST, too』をリリース。近年では日本のみならずアジアにも活動の場を広げている。2020年3月には自身初の楽譜付きピアノ弾き語りアルバム『Aio Piano Arioso(アイオピアノアリオーソ)』をリリース。イラストレーター、絵本作家、楽曲提供など、クリエイターとしてマルチな才能を発揮している。
オフィシャルサイトはこちら

特集

東儀秀樹インタビュー - Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:東儀秀樹さん 「“音で遊ぶ人”といえば僕のことでしょう。どのような楽器の演奏でも、楽しむことだけは忘れません」

10715views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?──再び

4943views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9393views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

18571views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7404views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

10968views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21668views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6559views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21574views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11125views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8086views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28620views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8569views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21460views

音楽ライターの眼

ヨーロッパでは年末年始に多くの歌劇場が上演するR.シュトラウスの「ばらの騎士」

2279views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

6574views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11125views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

4700views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6691views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5235views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

16801views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7063views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28620views