Web音遊人(みゅーじん)

連載13[ジャズ事始め]なぜ上海は“ジャズの揺りかご”となったのか?

維新を成し遂げ、開国という現実を前にしてその荒波へと漕ぎ出した明治政府にとって、上海は活路を見出すための重要な最前線港だったようだ。

1874年(明治7年)、征台の役に端を発した台湾での騒動を収めるため、日本は台湾へ征討軍として約3,000名を送り込んだ。この戦いは年内に収束し、明治政府は東南アジアへの本格的な進出を果たすことになる。

余談だが、そこで躍進したのが三菱財閥の創始者として知られる岩崎弥太郎。台湾出兵に際して三菱は、軍事輸送のために政府が購入した13隻の大型船の運行を受託。騒動が収束した翌1875年(明治8年)には、横浜〜上海間に定期航路を開いている。

この航路の経営にあたった三菱蒸汽船会社は、支社を上海のフランス租界(外国人居留地)に開設し、政府が推進する海運政策の主導的立場を担うことになる。

当時、ヨーロッパからは、アントウェルペン(アントワープ)、ロンドン、マルセイユ、ポートサイド、スエズ、コロンボ、ペナン、マラッカ、シンガポール、香港、そして上海という港を経由する航路が開拓されており、明治政府(と商機に乗じた三菱)は遅ればせながらその西の端の世界貿易港に拠点を築いた、というわけだ。

上海が港町として発展するのは12世紀ごろだが、それ以前も以後もあまり歴史の表舞台に出てくることはなく、注目されるようになったのはかなり最近のこと。

1842年、アヘン戦争で清(中国)に勝利したイギリスは南京条約を締結。このときに開港することになったのが、上海を含む5港だった。早速、イギリスをはじめフランスやアメリカ合衆国が上海に進出し、清の国内に租界を形成する。

租界には、条約で定められた行政自治権や治外法権があったため、航路が開かれている国の文化がダイレクトに運ばれて、根付いていくことになったと思われる。

また、1865年には香港上海銀行の設立を機にヨーロッパの金融機関が本格的な進出を始める。さらに、香港〜上海〜長崎を結ぶ海底電信ケーブルが敷設されたことでいち早く国際電信が可能になるなど、世界的な金融都市としての体裁が整っていく。

こうして上海は、1920年代には清における最大の都市となり、経済的な繁栄を背景にしたショービジネスの最先端都市としても成長していくことになったのだ。

上海が世界有数の都市になった1920年代は、アメリカ合衆国が“ジャズ・エイジ”と呼ばれるほど、ジャズが“時代を象徴する音楽”だったころ。

この上海租界の存在が、アジアにおけるジャズの普及に多大な貢献を果たしたことは想像に難くない。そのブランディングの大きさを、次回はたどってみたい。

参考:三菱グループサイト「三菱人物伝」

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

4478views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.14

1569views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

9340views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

23454views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

4176views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

11244views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

8119views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3262views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

8749views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

4902views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4703views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19099views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

6930views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8124views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを溶かし込んだギターとストリングスの魔術~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』解説

1856views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

3881views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2390views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

4093views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12385views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2828views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

10897views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

4190views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5506views