Web音遊人(みゅーじん)

エース・フレーリー

2018年9月、エース・フレーリーが来日。キッスの名曲オンパレードとなるか

エース・フレーリーが2018年9月、来日公演を行う。

1970年代、キッスの黄金時代を支えたギタリストであるスペース・エースの久々の日本上陸。2009年のラウド・パーク09フェスへの参戦が直前に中止になったため、2001年3月のキッス”フェアウェル・ツアー”以来となる来日だろうか。ソロとしては1993年以来となる。

現在ではキッスのメンバーではないエースだが、そのライヴはキッスの名曲のオンパレードになることが予想される。筆者(山崎)は2017年8月、米国”サイコ・ラスヴェガス”フェスで彼のステージを見ることができたが、1曲目からキッス時代の「パラサイト」。さらに「ショック・ミー」やソロでの看板ナンバーである「ニューヨーク・グルーヴ」を披露した。さらに遠慮なくポール・スタンレーが書いた「デトロイト・ロック・シティ」や「ラヴ・ガン」、ジーンの「デュース」などキッス・クラシックスもプレイしている。そのギター・プレイも絶好調で、愛器ギブソン・レスポールから煙が噴き出すパフォーマンスも行って、フェスの観衆から大声援を浴びていた。このライヴが日本のクラブ規模の会場で再現されたら、あまりの熱気に天井が抜けてしまうだろう。

近年、キッスはバンドとしての”終活”の準備に入りつつあるように思える。2018年現在でも”世界最高のロックンロール・バンド”として人気を誇る彼らだが、主要メンバーは60代後半と、巨大なステージを走り回るにはキツイ年頃になってきた。さらにバンドの枠内でやるよりも自分が本当にやりたいことを追求するためか、それぞれのメンバーの単独活動が目立ってきている。2017年10月にはジーン・シモンズがジーン・シモンズ・バンドでラウド・パーク17に参戦しているし、ポール・スタンレーも2018年1月、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーションで来日公演を行っている。2018年9月のエース公演を加えると、約1年の間に全盛期のメンバー3人を日本で、しかもそれぞれ別バンドで見られるのだ。

エース・フレーリー

なおエースとジーン、ポールは近年、交流が盛んで、エースのカヴァー・アルバム『オリジンズVol.1』(2016)にポールが友情参加。エースが制作を始めたという新作にはジーンが2曲でゲスト参加しているという。ジーンとエースはステージ共演も果たし、2018年8月下旬~9月上旬にはジーン・シモンズ・バンドとエースのダブル・ビルでオーストラリア・ツアーも行われる。

そうなるとエースのキッス復帰もあるのでは……? と勘ぐってしまうが、2017年10月の時点でジーンはそれを完全否定している。

「あり得ないね。エースはキッスを3回辞めている。4回目は考えられない。夫婦が離婚して、再縁することは滅多にないだろ? エースとは3回離婚したし、もうそろそろ終わりでいいと思う」

一方、ポールのこんな発言を聞くと、”4度目の復縁”も不可能ではない気もする。

「キッスの哲学は”予測不能を予測せよ”なんだ。もしかしたら、明日になったら気が変わるかもしれない」

“復縁”が実現するかはともかく、エースの来日公演は日本のファンはもちろん、エース自身にとっても待望のライヴだ。彼はこう語っている。

「俺にとって日本が特別な場所だということは、初めてのジャパン・ツアーで弾いたレスポール・カスタムをギブソンが”BUDOKAN”レスポールという名前で完全復刻したことからもわかるだろう?」

“スペース・エース”が並々ならぬ意気込みで臨む日本公演、必見である。

【談話はいずれも筆者とのインタビューより】

■エース・フレーリー 来日公演

●ビルボードライブ(東京)
2018年9月3日(月)、4日(火)、5日(水)
1st:開場17:30・開演18:30/2nd:開場 20:30・開演 21:30
●ビルボードライブ(大阪)
2018年9月6日(木)
1st:開場17:30・開演18:30/2nd:開場 20:30・開演 21:30
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:佐渡裕さん「音楽は、“不要不急”ではない。人と人とがつながり、ともに生きる喜びを感じるためにある」

4364views

音楽ライターの眼

ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

3189views

マーチング

楽器探訪 Anothertake

見て、聴いて、楽しいマーチング

12678views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

14093views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

6205views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

38786views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

15110views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1567views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

20351views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

7343views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5937views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25614views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

8393views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

18778views

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

5400views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

6026views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

6756views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

6889views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

15061views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

4484views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

141975views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3843views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21667views