Web音遊人(みゅーじん)

エース・フレーリー

2018年9月、エース・フレーリーが来日。キッスの名曲オンパレードとなるか

エース・フレーリーが2018年9月、来日公演を行う。

1970年代、キッスの黄金時代を支えたギタリストであるスペース・エースの久々の日本上陸。2009年のラウド・パーク09フェスへの参戦が直前に中止になったため、2001年3月のキッス”フェアウェル・ツアー”以来となる来日だろうか。ソロとしては1993年以来となる。

現在ではキッスのメンバーではないエースだが、そのライヴはキッスの名曲のオンパレードになることが予想される。筆者(山崎)は2017年8月、米国”サイコ・ラスヴェガス”フェスで彼のステージを見ることができたが、1曲目からキッス時代の「パラサイト」。さらに「ショック・ミー」やソロでの看板ナンバーである「ニューヨーク・グルーヴ」を披露した。さらに遠慮なくポール・スタンレーが書いた「デトロイト・ロック・シティ」や「ラヴ・ガン」、ジーンの「デュース」などキッス・クラシックスもプレイしている。そのギター・プレイも絶好調で、愛器ギブソン・レスポールから煙が噴き出すパフォーマンスも行って、フェスの観衆から大声援を浴びていた。このライヴが日本のクラブ規模の会場で再現されたら、あまりの熱気に天井が抜けてしまうだろう。

近年、キッスはバンドとしての”終活”の準備に入りつつあるように思える。2018年現在でも”世界最高のロックンロール・バンド”として人気を誇る彼らだが、主要メンバーは60代後半と、巨大なステージを走り回るにはキツイ年頃になってきた。さらにバンドの枠内でやるよりも自分が本当にやりたいことを追求するためか、それぞれのメンバーの単独活動が目立ってきている。2017年10月にはジーン・シモンズがジーン・シモンズ・バンドでラウド・パーク17に参戦しているし、ポール・スタンレーも2018年1月、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーションで来日公演を行っている。2018年9月のエース公演を加えると、約1年の間に全盛期のメンバー3人を日本で、しかもそれぞれ別バンドで見られるのだ。

エース・フレーリー

なおエースとジーン、ポールは近年、交流が盛んで、エースのカヴァー・アルバム『オリジンズVol.1』(2016)にポールが友情参加。エースが制作を始めたという新作にはジーンが2曲でゲスト参加しているという。ジーンとエースはステージ共演も果たし、2018年8月下旬~9月上旬にはジーン・シモンズ・バンドとエースのダブル・ビルでオーストラリア・ツアーも行われる。

そうなるとエースのキッス復帰もあるのでは……? と勘ぐってしまうが、2017年10月の時点でジーンはそれを完全否定している。

「あり得ないね。エースはキッスを3回辞めている。4回目は考えられない。夫婦が離婚して、再縁することは滅多にないだろ? エースとは3回離婚したし、もうそろそろ終わりでいいと思う」

一方、ポールのこんな発言を聞くと、”4度目の復縁”も不可能ではない気もする。

「キッスの哲学は”予測不能を予測せよ”なんだ。もしかしたら、明日になったら気が変わるかもしれない」

“復縁”が実現するかはともかく、エースの来日公演は日本のファンはもちろん、エース自身にとっても待望のライヴだ。彼はこう語っている。

「俺にとって日本が特別な場所だということは、初めてのジャパン・ツアーで弾いたレスポール・カスタムをギブソンが”BUDOKAN”レスポールという名前で完全復刻したことからもわかるだろう?」

“スペース・エース”が並々ならぬ意気込みで臨む日本公演、必見である。

【談話はいずれも筆者とのインタビューより】

■エース・フレーリー 来日公演

●ビルボードライブ(東京)
2018年9月3日(月)、4日(火)、5日(水)
1st:開場17:30・開演18:30/2nd:開場 20:30・開演 21:30
●ビルボードライブ(大阪)
2018年9月6日(木)
1st:開場17:30・開演18:30/2nd:開場 20:30・開演 21:30
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

今月の音遊人 木根尚登さん

今月の音遊人

今月の音遊人:木根尚登さん「やっぱりバンドがやりたい!理想は『あまちゃんスペシャルビッグバンド』」

7902views

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 交響曲第5番≪宗教改革≫ イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)パブロ・エラス=カサド(指揮)、フライブルク・バロック・オーケストラ

音楽ライターの眼

新メンデルスゾーン全集に根差した迫力に満ちた「宗教改革」と、研究を重ねた味わい深いヴァイオリン協奏曲

2163views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

2571views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

10046views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

8794views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

10530views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

4648views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1325views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

2945views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

805views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

1771views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2809views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

7221views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

4784views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを引き寄せた名プロデューサーと名ギタリストの出逢い

966views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

3886views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2055views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

7131views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

1561views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

1920views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

4143views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1445views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2809views