Web音遊人(みゅーじん)

コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?

コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?

今回から、ジョン・コルトレーンとザ・ビートルズ(以後ビートルズと表記)の接点を探りながら、ジャズとロックの関係性を考察していきたい。

初回は、このテーマを思いつく発端となった“コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?”という疑問の出所から始める。

2018年6月29日、55年間もその行方がわからず、逸失したと考えられていた音源が姿を現わした。

『ザ・ロスト・アルバム』というタイトルでリリースされたアルバムだ。

演奏はジョン・コルトレーンのクァルテット(四重奏団)。ジャズというカテゴリーを代表する、いや“象徴する”といっても過言ではないレジェンドの、“絶頂期”に向かう重要な時期の空白を埋める貴重な資料であることはもちろん、芸術性を追求したジャズ・クァルテットの“申し分のないオーケー・テイク”であったとして、ジャズ・シーンを沸かせることになった。

なぜそれほどの音源がリリースもされずに逸失状態になったのかについては別稿で考察したので、ここでは割愛する。

本稿で着目したいのは、その収録日。

『ザ・ロスト・アルバム』が米ニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオでレコーディングされたのは、1963年3月6日だった。

ジャズ的には、“名盤”と呼ばれることになる『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』収録の前日ということで、注目度アップの重要な要素になったのだけれど、本稿で指摘したいのはそこじゃない。

1963年といえば、前年10月にシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」でイギリスでのレコード・デビューを果たしていたビートルズが、ファースト・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』をリリース(4月26日)した年。

そしてビートルズは、デビューからシングル盤の大ヒットを連発しただけでなく、セカンド・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』(1963年11月22日)を含めて連続51週ものあいだアルバム・チャートの首位を独占するほどのムーヴメントを引き起こす。

この旋風は、大西洋を渡ってアメリカにも到達する。

アメリカにとって“よそ者”のビートルズではあったが、そのサウンドは好意的に迎えられた。

その影響は大きく、ジャズにとってもビートルズを“違う国の違う音楽”とスルーできない局面を迎えることになってしまったのだ。

そこでハタと「コルトレーンはそのムーヴメントをどう見ていたのだろうか?」という疑問がわいた、というのが今回の発端。

ということで、次回はその前章となる、ジャズ界を襲ったビートルズ・ムーヴメントについておさらいしておきたい。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

5785views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

5012views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

10132views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

20416views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2799views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

6097views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

5842views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4968views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7484views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

8163views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

5932views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7066views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

5748views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

17635views

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

音楽ライターの眼

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

4198views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

7369views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

5928views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

24670views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9990views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

5699views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

14387views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

6237views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24337views