Web音遊人(みゅーじん)

コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?

コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?

今回から、ジョン・コルトレーンとザ・ビートルズ(以後ビートルズと表記)の接点を探りながら、ジャズとロックの関係性を考察していきたい。

初回は、このテーマを思いつく発端となった“コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?”という疑問の出所から始める。

2018年6月29日、55年間もその行方がわからず、逸失したと考えられていた音源が姿を現わした。

『ザ・ロスト・アルバム』というタイトルでリリースされたアルバムだ。

演奏はジョン・コルトレーンのクァルテット(四重奏団)。ジャズというカテゴリーを代表する、いや“象徴する”といっても過言ではないレジェンドの、“絶頂期”に向かう重要な時期の空白を埋める貴重な資料であることはもちろん、芸術性を追求したジャズ・クァルテットの“申し分のないオーケー・テイク”であったとして、ジャズ・シーンを沸かせることになった。

なぜそれほどの音源がリリースもされずに逸失状態になったのかについては別稿で考察したので、ここでは割愛する。

本稿で着目したいのは、その収録日。

『ザ・ロスト・アルバム』が米ニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオでレコーディングされたのは、1963年3月6日だった。

ジャズ的には、“名盤”と呼ばれることになる『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』収録の前日ということで、注目度アップの重要な要素になったのだけれど、本稿で指摘したいのはそこじゃない。

1963年といえば、前年10月にシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」でイギリスでのレコード・デビューを果たしていたビートルズが、ファースト・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』をリリース(4月26日)した年。

そしてビートルズは、デビューからシングル盤の大ヒットを連発しただけでなく、セカンド・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』(1963年11月22日)を含めて連続51週ものあいだアルバム・チャートの首位を独占するほどのムーヴメントを引き起こす。

この旋風は、大西洋を渡ってアメリカにも到達する。

アメリカにとって“よそ者”のビートルズではあったが、そのサウンドは好意的に迎えられた。

その影響は大きく、ジャズにとってもビートルズを“違う国の違う音楽”とスルーできない局面を迎えることになってしまったのだ。

そこでハタと「コルトレーンはそのムーヴメントをどう見ていたのだろうか?」という疑問がわいた、というのが今回の発端。

ということで、次回はその前章となる、ジャズ界を襲ったビートルズ・ムーヴメントについておさらいしておきたい。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

八神純子さん - 今月の音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:八神純子さん「意気込んでいる状態より、フワッと何かが浮かんだ時の方がいい曲になる」

10859views

音楽ライターの眼

ロシアン・ピアニズムに育まれた異彩を放つイタリア出身の俊英/エマニュエル・リモルディ ピアノ・リサイタル

1293views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

19718views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

2332views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

8729views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

8656views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

18262views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5471views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

11643views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

6269views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

6089views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25272views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

6182views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

20089views

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

音楽ライターの眼

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

3585views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

4456views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

6074views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

16969views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

10540views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

6089views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

8468views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4306views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21398views