Web音遊人(みゅーじん)

ロンドン交響楽団が3年ぶりに来日!トロンボーン・セクション全員が愛用するヤマハ管楽器の魅力とは?

多くのオーケストラがしのぎを削っているイギリスのロンドンにおいて常にトップクラスの演奏を聴かせ、新しい時代を切り開いてきたロンドン交響楽団(以下、LSO)。これまでも多彩な指揮者たちと共に来日公演を行い、数多くのレコード・CD録音によっても高く評価されてきた世界のリーディング・オーケストラだ。

そのLSOが、2015年以来3年ぶりとなる来日公演を行う。同行する指揮者のサー・サイモン・ラトルは、長くベルリン・フィルの首席指揮者を務めてきたが、2017年シーズンよりLSOの音楽監督に就任。まさに新しい時代が幕を開け、意気揚々と進んでいる最中の来日公演である。演奏される曲もマーラーやバーンスタイン、シベリウス、ヤナーチェクなど、高い演奏能力とフレキシブルな対応力が求められる作品ばかり。1904年の創設から積み上げられてきた伝統のサウンドと、新時代に求められるサウンドが融合し、日本の聴衆に新しいLSOの姿を披露してくれるのだ。

ところで、ロンドンのオーケストラといえばブリティッシュ・ブラスの響きを期待する聴き手も多いだろうが、LSOのトロンボーン・セクションに在籍する3人のアーティストが、全員ヤマハの愛用者であることをご存知だろうか。株式会社ヤマハミュージックジャパンで管弦打楽器のマーケティング業務に携わる大瀬道郎さんに、そのいきさつなどをうかがった。

「2014年に18歳という若さで副首席奏者に就任したピーター・ムーアさんが、もともと当社の楽器を演奏していたのです。彼はブラスバンド(イギリス式の金管バンド)の盛んなマンチェスターの街で育ちましたが、最初に師事したハレ管弦楽団のアーティストがヤマハ・ユーザーだったそうで、ピーターさんもごく自然にヤマハの楽器を手にしました。彼がLSOに入団したことから、おそらく同僚のジェイムズ・メイナードさんやバス・トロンボーンのポール・ミルナーさんも影響を受けたのだと思います」

同じセクションで演奏するアーティストの音や楽器が気になるのは当然だろうし、音に対する方向性が同じであれば、できるだけ音色などを近づけたいと思うのも道理だ。

「トロンボーンは交響曲や管弦楽曲の中でも、美しいコラールのハーモニーなどで聴きどころを作る楽器ですから、全員がヤマハの楽器を使ってくださっているのであれば、結果として音の統一感も生まれるのではないかと思います」

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団やボストン交響楽団などにも、ヤマハの管楽器を愛用するアーティストがいる。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の伝統的な管楽器(ウィンナ・ホルン等)がヤマハ製であることは、音楽ファンの間でも周知の事実だ。さまざまなブランドがある中で、ヤマハが愛用される背景にはどういったことがあるのだろうか。

「トロンボーンに限らず、国内外で演奏しているアーティストの皆様からまず言っていただけるのは、音程が安定していてとりやすいということです。これは当社が学校吹奏楽の市場から信頼を得ていることと、関係しているでしょう。耳が慣れていない子供たちにとって正確な音程を捉えたり判断したりすることは難しく、楽器の正確さが大きな助けになるからです。プロの奏者であっても同じことで、音程のとりやすさに加え、トロンボーンの場合ですとスライドやロータリーなどの操作性が高ければ、アーティストがそれに気をとられることなく安心して自分の音楽を追求できるでしょう。さまざまなニーズに対して迅速に正確に、そして繊細に応えるという私たちの姿勢に対し、信頼を寄せていただいているのだと確信しています」

来日公演で取り上げられる曲も、トロンボーンの多彩な表現力が演奏を左右するものが多い。それだけにヤマハ・サウンドの存在感も大きいはずだが、ぜひともコンサートホールでその真価を耳にしていただきたいと思う。

最後に、ヤマハとLSOの意外なつながりを示すエピソードをご紹介しよう。2014年に不慮の事故でこの世を去った首席トランペット奏者のロッド・フランクス氏が、ヤマハのスタッフにこういう言葉を残してくれたそうだ。

「君たちはもっと自分たちの楽器に自信をもっていい。なぜなら(LSOがサウンドトラックを演奏した)『スター・ウォーズ』のテーマの最初にある高いB♭の音は、私が吹いているヤマハの楽器なのだから(※)
※4作目のエピソード1以降

イギリスのオーケストラにおける誉れ高いブラス・サウンドの一端を、実はヤマハの楽器と技術が担っていたというこの話は、今でもスタッフの中で語り継がれているという。

■ロンドン交響楽団 日本ツアー2018

9月23日(日):フェスティバルホール(大阪)
9月24日(月・祝)、25日(火):サントリーホール(東京)
9月27日(木):NHKホール(東京)
9月28日(金):横浜みなとみらいホール 大ホール(横浜)
9月29日(土):サントリーホール(東京)
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人:清塚信也さん

今月の音遊人

今月の音遊人:清塚信也さん「音楽はあやふやで不安定な世界。だからこそ、インテリジェンスを感じることもあります」

5704views

音楽ライターの眼

ドヴォルジャークの真の魅力に出合う一冊

938views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

1978views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

4259views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

5169views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

6074views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

6316views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3589views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4071views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

3650views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

3449views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3556views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

5332views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

6619views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

3263views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

3678views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

1332views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

70539views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

6039views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

1973views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

20499views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3589views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13863views