Web音遊人(みゅーじん)

英国ハード・ロック・バンド、バッジーの受け継がれる伝統

英国のハード・ロック・バンド、バッジーのシンガーでベーシストだったバーク・シェリーが2022年1月10日、71歳で亡くなった。

1967年にカーディフで結成されたバッジーは、ウェールズ地方から世界に打って出た初めてのロック・バンドだった。それまでトム・ジョーンズやシャーリー・バッシーなどソロ・シンガーがイギリスに進出していたものの、ロック・グループとして成功を収めたのが彼らだった。バッジーが大きく扉を開け放ったことは、マニック・ストリート・プリーチャーズやステレオフォニックス、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインといった後続バンドの活躍へと繋がっていった。

ブラック・サバスを手がけたロジャー・ベインをプロデューサーに迎えたデビュー作『バッジー』(1971)は、ハードでヘヴィな曲調とバークの甲高いヴォーカルをフィーチュアした個性的なサウンドで支持を得る。『イン・フォー・ザ・キル』(1974)が全英チャート29位、『反逆の群狼』(1975)が36位と、ハード・ロックだけでなくメインストリーム市場でも人気を獲得したバッジーはブラック・サバスやレッド・ツェッペリン、あるいはラッシュと比較され、ライヴ・バンドとしてもイギリスとヨーロッパで多くの観客を動員した。

彼らのキャリアのハイライトとなったのが1982年8月のレディング・フェスティバルだった。当時のヘヴィ・メタル・ブーム(いわゆるN.W.O.B.H.M.)の余波でハード・ロック色が濃厚だったこの年のレディングだが、3日間のフェスでアイアン・メイデン、マイケル・シェンカー・グループと共に堂々ヘッドライナーを務めている。この年には大規模なイギリス・ツアーやポーランド・ツアーも行われたが、アルバムは『Deliver Us From Evil』(1982)で途絶え、バンドは1987年に活動を休止している。

1990年代に単発のライヴで復活、2000年代に入って本格的再結成ツアーや新作アルバム『You’re All Living In Cuckooland』(2006)で健在ぶりをアピールしたバッジーだったが、2010年11月にバークが大動脈瘤で入院。そのまま療養生活に入り、バンドには終止符が打たれることになった。

バッジーは本国イギリスとヨーロッパでかなりの人気を誇っていたが、アメリカ市場を制圧することはなく、スーパースターの座を掴むには至らなかった。だが彼らは多くのフォロワーを生み、間接的に後世のハード・ロック・シーンに影響を及ぼすことになった。1970年代中盤、初期のヴァン・ヘイレンはライヴで『イン・フォー・ザ・キル』をカヴァーしていたし、メタリカが彼らの『ブレッドファン』『脳手術の失敗 Crash Course In Brain Surgery』を、アイアン・メイデンが『アイ・キャント・シー・マイ・フィーリングス』をカヴァーしたことで、新しい世代のロック・ファンに広く知られるようになっている。

2020年にはトリビュート・プロジェクト、その名もバンドリアー・キングスが全曲バッジーのカヴァー曲からなるアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・ズーム・クラブ(ア・トリビュート・トゥ・バッジー)』を発表している。スウェーデンのメタル・バンド、オーヴァードライヴのギタリストで北欧メタル大辞典『The Encyclopedia Of Swedish Hard Rock And Heavy Metal』の著者でもあるヤンネ・スターク、そしてポール・ギルバートやTOTOのツアーにサポート・メンバーとして同行した経験もあるギタリスト/シンガーのトニー・スピナーの2人が意気投合してレコーディングした同作。1970年代にバッジーのメンバーだったトニー・ボージ(ギター)とスティーヴ・ウィリアムズ(ドラムス)が『ガッツ』でゲスト参加、BOW WOWの山本恭司が『ヌード・ディスインテグレイティング・パラシューティスト・ウーマン』でギターを弾くなど、豪華なアルバムに仕上がっている(なおBOW WOWもバッジーと同じく1982年のレディング・フェスティバルに出演した)。バンドが活動を止めても、バッジー魂が不滅であることを実感させる好作品だ。

なおバッジーの研究書として、マニアのクリス・パイク氏が『Back To The Egg: Budgie’s Influential Early Years 1967-73』『In Pecking Order: Budgie’s Dynamic Middle Years 1974-79』『Time To Remember: Budgie’s Heavy Revolution 1980-2010』という3冊の著書を刊行したが、2021年9月に同氏が亡くなったことで絶版となってしまったのが残念だ。いずれ復刊されることを祈りたい。

バッジーには数多くのメンバーが参加してきた。ギタリストのトニー・ボージやジョン・トーマス、ドラマーのレイ・フィリップスやピート・ブートらを筆頭に、2008年から2010年には元ジェフリア〜ディオのクレイグ・ゴールディがギターを弾いていたこともある。だが、不動のメンバーであるバークの死によって、その歴史には幕が下ろされることになった。“Budgie=セキセイインコ”というハード・ロックらしからぬ名前を冠したバンドは飛び立ってしまったが、彼らの遺した音楽はこれからも聴き継がれ、次なる世代のアーティスト達に影響を与え続けるだろう。

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

10934views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#006 音楽でケンカをすることもまたジャズの進化には欠かせなかった~マイルス・デイヴィス『バグス・グルーヴ』編

1246views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

10807views

アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

アコースティックギターの保管方法やメンテナンスのコツ

3255views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10836views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

3607views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11165views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6455views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21768views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

4669views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5682views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29014views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19091views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12527views

徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.10

音楽ライターの眼

演奏者たちの個性と作品の情緒がぴたりと合う/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.10

374views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

6655views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10511views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5728views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11165views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5310views

大人のピアニカ

楽器のあれこれQ&A

「大人のピアニカ」の“大人”な特徴を教えて!

2506views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2868views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24726views