Web音遊人(みゅーじん)

英国ハード・ロック・バンド、バッジーの受け継がれる伝統

英国のハード・ロック・バンド、バッジーのシンガーでベーシストだったバーク・シェリーが2022年1月10日、71歳で亡くなった。

1967年にカーディフで結成されたバッジーは、ウェールズ地方から世界に打って出た初めてのロック・バンドだった。それまでトム・ジョーンズやシャーリー・バッシーなどソロ・シンガーがイギリスに進出していたものの、ロック・グループとして成功を収めたのが彼らだった。バッジーが大きく扉を開け放ったことは、マニック・ストリート・プリーチャーズやステレオフォニックス、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインといった後続バンドの活躍へと繋がっていった。

ブラック・サバスを手がけたロジャー・ベインをプロデューサーに迎えたデビュー作『バッジー』(1971)は、ハードでヘヴィな曲調とバークの甲高いヴォーカルをフィーチュアした個性的なサウンドで支持を得る。『イン・フォー・ザ・キル』(1974)が全英チャート29位、『反逆の群狼』(1975)が36位と、ハード・ロックだけでなくメインストリーム市場でも人気を獲得したバッジーはブラック・サバスやレッド・ツェッペリン、あるいはラッシュと比較され、ライヴ・バンドとしてもイギリスとヨーロッパで多くの観客を動員した。

彼らのキャリアのハイライトとなったのが1982年8月のレディング・フェスティバルだった。当時のヘヴィ・メタル・ブーム(いわゆるN.W.O.B.H.M.)の余波でハード・ロック色が濃厚だったこの年のレディングだが、3日間のフェスでアイアン・メイデン、マイケル・シェンカー・グループと共に堂々ヘッドライナーを務めている。この年には大規模なイギリス・ツアーやポーランド・ツアーも行われたが、アルバムは『Deliver Us From Evil』(1982)で途絶え、バンドは1987年に活動を休止している。

1990年代に単発のライヴで復活、2000年代に入って本格的再結成ツアーや新作アルバム『You’re All Living In Cuckooland』(2006)で健在ぶりをアピールしたバッジーだったが、2010年11月にバークが大動脈瘤で入院。そのまま療養生活に入り、バンドには終止符が打たれることになった。

バッジーは本国イギリスとヨーロッパでかなりの人気を誇っていたが、アメリカ市場を制圧することはなく、スーパースターの座を掴むには至らなかった。だが彼らは多くのフォロワーを生み、間接的に後世のハード・ロック・シーンに影響を及ぼすことになった。1970年代中盤、初期のヴァン・ヘイレンはライヴで『イン・フォー・ザ・キル』をカヴァーしていたし、メタリカが彼らの『ブレッドファン』『脳手術の失敗 Crash Course In Brain Surgery』を、アイアン・メイデンが『アイ・キャント・シー・マイ・フィーリングス』をカヴァーしたことで、新しい世代のロック・ファンに広く知られるようになっている。

2020年にはトリビュート・プロジェクト、その名もバンドリアー・キングスが全曲バッジーのカヴァー曲からなるアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・ズーム・クラブ(ア・トリビュート・トゥ・バッジー)』を発表している。スウェーデンのメタル・バンド、オーヴァードライヴのギタリストで北欧メタル大辞典『The Encyclopedia Of Swedish Hard Rock And Heavy Metal』の著者でもあるヤンネ・スターク、そしてポール・ギルバートやTOTOのツアーにサポート・メンバーとして同行した経験もあるギタリスト/シンガーのトニー・スピナーの2人が意気投合してレコーディングした同作。1970年代にバッジーのメンバーだったトニー・ボージ(ギター)とスティーヴ・ウィリアムズ(ドラムス)が『ガッツ』でゲスト参加、BOW WOWの山本恭司が『ヌード・ディスインテグレイティング・パラシューティスト・ウーマン』でギターを弾くなど、豪華なアルバムに仕上がっている(なおBOW WOWもバッジーと同じく1982年のレディング・フェスティバルに出演した)。バンドが活動を止めても、バッジー魂が不滅であることを実感させる好作品だ。

なおバッジーの研究書として、マニアのクリス・パイク氏が『Back To The Egg: Budgie’s Influential Early Years 1967-73』『In Pecking Order: Budgie’s Dynamic Middle Years 1974-79』『Time To Remember: Budgie’s Heavy Revolution 1980-2010』という3冊の著書を刊行したが、2021年9月に同氏が亡くなったことで絶版となってしまったのが残念だ。いずれ復刊されることを祈りたい。

バッジーには数多くのメンバーが参加してきた。ギタリストのトニー・ボージやジョン・トーマス、ドラマーのレイ・フィリップスやピート・ブートらを筆頭に、2008年から2010年には元ジェフリア〜ディオのクレイグ・ゴールディがギターを弾いていたこともある。だが、不動のメンバーであるバークの死によって、その歴史には幕が下ろされることになった。“Budgie=セキセイインコ”というハード・ロックらしからぬ名前を冠したバンドは飛び立ってしまったが、彼らの遺した音楽はこれからも聴き継がれ、次なる世代のアーティスト達に影響を与え続けるだろう。

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

宮本笑里

今月の音遊人

今月の音遊人:宮本笑里さん「あの一音目を聴いただけで、救われた気持ちになりました」

6276views

『しーそー』というアルバムに隠れていた“デュオの変化”というヒント

音楽ライターの眼

『しーそー』というアルバムに隠れていた“デュオの変化”というヒント

2667views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

4780views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

38080views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

7902views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

20759views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

5923views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5855views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

8199views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

7062views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3662views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25992views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

14348views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

20702views

DOWNLOAD JAPAN 2019

音楽ライターの眼

DOWNLOAD JAPAN 2019はスレイヤー最後の日本メタル・フェス出演となるか

7310views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

15463views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

7583views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

8081views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

11426views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6090views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

43169views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

1521views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7828views