Web音遊人(みゅーじん)

武田真治インタビュー

刺激的なサクソフォンで、高揚感と疾走感に満ちたサウンドを聴かせる4年ぶりのアルバム『SHU-HA-RI』/武田真治インタビュー

10代から人気俳優として注目を集め、テレビドラマ、バラエティー、映画、舞台ほか幅広い活動でキャリアを積み上げてきた武田真治。その一方、アグレッシブなサウンドとパフォーマンスが心に刺さるサクソフォンプレイヤーとしても活躍しており、テレビの音楽番組でその姿に魅了された方も多いだろう。放送200回を超える人気ラジオ番組『楽器楽園〜ガキパラ〜』(文化放送)でも、多彩なゲストと共に演奏を聴かせている。

「サックスとの出会いは小学生のとき、テレビでチェッカーズを観たこと。藤井尚之さんが吹くサックスに憧れて、将来は絶対にサックス奏者になると心に決めました。中学生のときにアルトサックスを買ってもらって夢中になり、高校に進学すると文化祭でバンド・デビューをしたのですが、そのときはZIGGYという人気ロックバンドの曲を演奏しました。もともとはサックスのない曲でしたけれど、チェッカーズを聴いて育ちましたからサックスでカウンター・メロディーを自分なりにフレーズを作って入れました。音楽でお客さんに喜んでいただく楽しさも、その文化祭のステージで初めて味わったかもしれません」

その後、『シャイニン・オン 君が哀しい』などのヒット曲で知られるLOOKというバンドを知り、そこからさらにブルース・スプリングスティーンやレディー・ガガなどとの共演で知られるクラレンス・クレモンズ、デイヴィッド・サンボーン、ケニー・Gといったサクソフォンプレイヤーたちの演奏に感銘を受けながら、音楽センスを磨き上げていく。
「昔のケニー・Gなんて、CDのジャケットを見るとサングラスに革ジャンを着て写っていて、ヘヴィメタのミュージシャンなの!?って(笑)。でも曲を聴くとバラードが多めなのでギャップが意外でしたね。サックスを通じていろいろなジャンルの音楽があることを知り、演奏者によっていろいろなプレイスタイルがあることにも好奇心が刺激され、さらにサックスへの興味が深まっていきました。T-SQUAREの『TRUTH』というアルバムを聴いたのもその頃で、サウンドもリズムもかっこいいしメロディーも印象的で、自分も自分なりのインスト・ミュージックを追求していきたいなと思ったのです」

武田真治インタビュー

一方、芸能界デビューを果たしたのもちょうどその頃で1990年代になると人気は沸騰。そして仕事以外でもさまざまな音楽やファッションなどが武田の感性を刺激していく。BLACKJAXX(ブラックジャックス)という名義で2018年10月10日にリリースされた最新アルバム『SHU-HA-RI』は、その90年代に体験したトレンドや時代の勢いを、現代に蘇らせたようなサウンドだ。BLACKJAXXは同じ時代を知り、長く武田と活動を共にしているDJ DRAGONとのサウンド・プロデューサー・チーム。打ち込みのリズムから生まれる高揚感と疾走感、その音世界の中で存在感を示すサクソフォンが心地よいこのアルバムは、21世紀を生きる斬新なクラブ・サウンドだ。ちなみにタイトルは「守・破・離」という修行のプロセスを表した言葉だという。
「アシッド・ジャズやハウスなど、90年代に出会った音楽を取り入れながら、ファンキーな部分も活かしたかった。その頃はまだ音楽ライセンス(著作権)についても曖昧でしたから、ジェームズ・ブラウンの曲などを自由にサンプリングしながら新しい音楽を作れたという、混沌とした時代でした。その精神やエネルギーが忘れられなくて、現代にも活かせるだろうと思ったのです」

自らのプレイスタイルについては「ずいぶんうるさいサックスだなと思われているんだろうなあ」と笑いながらも、オリジナリティーは大切にしている。
「音が裏返ってもそれをフレーズとして落とし込めたり、ハイノートヒッターとしてフラジオでも前のめりのタイミングで吹けたりすることなど、すべてが自分の音だと思っています。ライブの1曲目から情熱を放出させて吹き、2曲目で早くも舌がおかしくなり、MCがカミカミになるときもありますけれど、それも含めて楽しんでほしい(笑)。決して着地点を考えずに一曲一曲めいっぱい振り切るような演奏をするって、かっこいいじゃないですか」
司会を務める『楽器楽園〜ガキパラ』に出演する多彩なゲストからも、吸収することが多いという。
「サックス奏者のMALTAさんに出演いただいたとき、番組内で一緒に演奏したのですが、ベテランのMALTAさんでさえ熱いセッションの後は軽い酸欠になったのか息も絶え絶えで、その後の大切な告知もままならないほどだったんです。その情熱を目の当たりにしたとき、やっぱりこうでなきゃな!と思いましたね」

40代を迎えて俳優としても深みを増し、2019年1月にはトルストイの名作『戦争と平和』を原作としたミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』にも出演する。「お芝居は演出家の要望や共演者とのやり取りを楽しむという、まるでオーケストラの一員になるようなイメージ」という武田の存在は、ますます輝きや味わい深さを増していくはずだ。

■アルバムインフォメーション

BLACKJAXX『SHU-HA-RI』
SHU-HA-RI
発売元:神南レコード
発売日:2018年10月10日
価格:2,000円(税込)

■舞台

『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』
2017年トニー賞最多12部門ノミネート。ブロードウェイを席捲(せっけん)した革新的ミュージカル日本初演!
公演期間:2019年1月5日(土)〜27日(日)
会場:東京芸術劇場プレイハウス(東京都豊島区西池袋1-8-1)
料金:S席13,000円、A席8,000円
チケット発売中
詳細はこちら

■ラジオ番組

『楽器学園〜ガキパラ〜for all music lovers』
放送日時:毎週金曜22:00〜24:00
放送局:文化放送AM1134/FM91.6
出演:武田真治、岡部磨知(バイオリニスト)、砂山圭大郎(文化放送アナウンサー)
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人 千住真理子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:千住真理子さん「いろいろな空間に飛んでいけるのが音楽なのですね」

5123views

音楽ライターの眼

没後25年、アイルランドのギター・ヒーロー、ロリー・ギャラガーの魂の炎は燃え続ける

2318views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

4307views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

27035views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

4006views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

2973views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12664views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5937views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4964views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

1895views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

5252views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19890views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

1801views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8243views

音楽ライターの眼

“音の宝石箱”に魅せられて、瞬く間に時は過ぎた/松田華音 ピアノ・リサイタル

1872views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

6652views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

4749views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

5593views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

8667views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

3819views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

17334views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3457views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5754views