Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとロックの関係性

ジャズ・ギターとビートルズの出逢い<前夜>

ウェス・モンゴメリーには、リヴァーサイドからヴァーヴへと所属レーベルを“引っ越す”前に、ストリングス・オーケストラと共演していたという“経歴”があった。1963年、移籍直前のことだ。

この年、彼は5枚のアルバムをリリースしている。おそらくリヴァーサイドとの契約を打ち切るための措置として講じられたレコーディングだったのだろう。未発表テイク集まで出していることからも、それが察せられる。

『フュージョン!』は、そんな年の最初にリリースされた1枚だった。

白熱のライヴを収録した前作『フルハウス』(1962年)は、彼の代表作のひとつとして挙げられることも多い作品。

ただ、その時点で“ウェス・モンゴメリーの代表作”というのは、あくまでジャズ・ギターのカテゴリーにおけるものであって、ポピュラー音楽全体を俯瞰すれば微々たるものに過ぎなかったのも事実だった。

とはいえ、その功績によって彼はレーベル移籍というステップアップのチャンスを得ることになったのだけれど、もうひとつのご褒美として“ストリングス・オーケストラとの共演”という栄誉を与えられていた。それがこの『フュージョン!』だったと思われる。

当時、ストリングス・オーケストラと共演するレコーディングは予算的にも贅沢で、ジャズ・ミュージシャンが簡単にできるようなことではなかった。いや、現在もそうかもしれないけれど……。

ウェス・モンゴメリーはこのレコーディングで、ハープを含む21人の弦楽隊が奏でるロマンチックなサウンドに乗せた、生気のない演奏を披露している。

“生気のない”なんてディスった表現をして申し訳ないのだけれど、ストリングス・オーケストラに合わせたようにテンポも音量も控えめで、オクターヴ奏法で前のめりに弾く前作に比べると明らかに彼自身が違和感を感じているレコーディングだったと言わざるをえない。

ところが、このアルバムを“ジャズ・ギター”という枠から外してみると、実にアクがなくスッキリ&スイートで“聴きやすい”のだ。

ウェス・モンゴメリー自身は次作の『ボス・ギター』で、オルガンとドラムスによるトリオ編成の、ハード・バップ・モード全開のスタイルに戻っている。一度出した首を引っ込めるかのように……。

まるでマーケットのリサーチをしていたかのような1963年の活動の陰に、前回で触れたクリード・テイラーというプロデューサーが動いていたかどうかは定かではない。

しかし、ウェス・モンゴメリー本人の個性にフォーカスするだけでは、彼の才能を活かしきれないということに気づかせてくれた“挑戦”でもあった。それを、敏腕と呼ばれるほどのプロデューサーが見逃すはずがない。

ウェス・モンゴメリーという突出した個性を活かしながら、ジャズというカテゴリーを超えるマーケットに訴えることができるスッキリ&スイートで“聴きやすい”場を用意すること――。

それが、ヴァーヴで考えられていた“ウェス・モンゴメリー・プロジェクト”の核となっていたはずだ。

ヴァーヴでの第1弾『ムーヴィン・ウェス』は、ジャズ・オーケストラをバックに、彼の演奏を“生気のないもの”にさせない工夫が施されているように感じる。

それはつまり、アレンジをウディ・ハーマンやクインシー・ジョーンズのようなメリハリの利いたものにすること。要するに、ロックを意識するということになるかな。

こうしてヴァーヴにおける初動では、ウェス・モンゴメリーの個性を活かしながら“脱ジャズ・ギター”を可能にするアレンジ的な方法論が試され、その結果は、ジャズ・ギター的なカテゴリーに片足を残したまま10万枚を超えるヒットというかたちで示されることになった。

あとは、選曲だ。

ようやく話がビートルズに戻ってきそうなので、次回をお楽しみに。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:マキタスポーツさん「オトネタ作りも、音楽に関わるようになったのも、佐野元春さんに出会ったことから始まっています」

3986views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.8

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.8

3739views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

8048views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

32136views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

5813views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

7247views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

8108views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2386views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4753views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1462views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

3658views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19043views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10940views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

18296views

音楽ライターの眼

FUJI ROCK FESTIVAL’19開催。多彩な顔ぶれと新しい発見への旅

2411views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

7354views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3626views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

6324views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

11711views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3109views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

3951views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5583views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15829views