Web音遊人(みゅーじん)

英国ロック&ソウルの“生きる伝説”テリー・リードが2019年6月に来日

2019年6月、テリー・リードが来日公演を行う。

“レッド・ツェッペリン加入を断った男”としてロック史に永遠にその名を刻み込まれるテリー。ヤードバーズのギタリストだったジミー・ペイジが新バンド結成にあたって第1候補にしていたのが彼だったが、既にローリング・ストーンズやクリームとのツアーが決まっていたため辞退。代わりに紹介した新人シンガーがロバート・プラントで、そのバンドがレッド・ツェッペリンとなった……というのは有名すぎるエピソードだ。

だが、そんな話題を抜きにしても、テリーは1人のシンガー・ソングライターとして支持されてきた。イギリス人でありながらアメリカ南部の濃厚な味わいを感じさせるソウルフルなヴォーカルはロッド・スチュワートやスティーヴ・マリオットと並んで評価されてきたし、ギタリストとしても単なるリズム・プレイヤーに留まることのない独自のスタイルとテイストを持っていた。

“スーパーラングズ”の異名を取ったハリのあるヴォーカルと骨太なサウンドで魅せる『テリー・リード』(1969)、トム・ダウドをプロデューサーに迎えてスワンプ・フィーリングを込めた『リヴァー』(1973)、抑えの効いた歌声をじっくり聴かせる『シード・オブ・メモリー』(1976)などの名盤を生み出しながら、そのキャリアを通じてヒット・チャートを騒がすことのなかったテリーだが、その実力は多くのトップ・アーティストから認められてきた。アレサ・フランクリンは「イギリスの音楽で良いのは3つだけ。ローリング・ストーンズ、ビートルズ、それからテリー・リード」と1960年代に発言しているし、『テリー・リード』収録の「リッチ・キッド・ブルース」はマリアンヌ・フェイスフルの『リッチ・キッド・ブルース』(1985/録音は1971年)、ザ・ラカンターズの『スピーク・ナウ・オア・フォーエヴァー・ホールド・ユア・ピース』(2008)でカヴァーされている。

チープ・トリックはファースト・アルバム『チープ・トリック』(1977)で「スピーク・ナウ・オア・フォーエヴァー・ホールド・ユア・ピース」をカヴァーしているし、ロブ・ゾンビは自ら監督した映画作品『デビルズ・リジェクト』(2005)で『シーズ・オブ・メモリー』から3曲を効果的に使用している。比較的最近ではジェイク・バグがテリーへのリスペクトをインタビューなどで語っている。

1977年4月8~10日、東京・晴海国際貿易センターで開催されたベネフィット・ライヴ・イベント”ローリング・ココナツ・レビュー・ジャパン・コンサート1977″の模様を収めた14枚組CDボックス・セットが2018年に発売、同イベントに出演したテリーの2曲「オール・アイ・ハヴ・トゥ・ドゥ・イズ・ドリーム」「フォギー・デュー」が収録されたことで再注目されるテリーの久々の来日は、まさにタイムリーだといえるだろう。

(このイベントにはジャクソン・ブラウン、J.D.サウザー、カントリー・ジョー・マクドナルドらが出演したが、CDボックスには未収録)

とはいっても、”ローリング・ココナツ・レビュー”は42年前のこと。その歌声は衰えているのでは……?と二の足を踏むファンもいるかもしれないが、心配は無用だ。彼はエアロスミスのジョー・ペリーのソロ・アルバム『スウィーツァランド・マニフェスト』(2018)にゲスト参加、3曲で”スーパーラングズ”の健在ぶりを聴かせている。なおテリーはスタジオ(ロサンゼルスの”スタジオ1480″)の近所に住んでおり、ジョーとプロデューサーのジャック・ダグラスが声をかけたところ、すぐに歌いにきてくれたという。

また、テリーが2018年、イギリスのTV番組『Later… With Jools Holland』に出演、「トゥ・ビー・トリーテッド・ライト」を歌う映像も見ることができるが、年齢を重ねてさらに味わいを増したヴォーカルには聴き惚れてしまう。


Legendary vocalist Terry Reid performs To Be Treated Rite on Later.. with Jools Holland

 

なお、テリーの軌跡を辿るドキュメンタリー映画『Superlungs』も制作中のはずだが、ウェブサイトの更新が2015年に止まっているため、現状は不明だ。

ただ、ウェブで見ることができる5分半の予告編/トレーラーからは、テリーの魅力が十分以上に伝わってくる。


Superlungs – A Terry Reid Documentary (Indiegogo Promo Trailer)

 

近頃は軽々しく使われることの多い”レジェンド”という表現だが、半世紀以上のあいだ音楽愛好者のハートを揺さぶってきたテリーは、まさにブリティッシュ・ロック&ソウルの”リヴィング・レジェンド=生きる伝説”である。69歳となる彼の日本降臨は、まさに奇跡だ。

■テリー・リード日本公演2019

公演日:2019年6月27日(木)
1st:8:30開演(17:30開場)/2st:21:30開演(20:30開場)
場所:ビルボードライブ大阪

公演日:2019年6月29日(土)/30日(日)
1st:16:30開演(15:30開場)/2st:19:30開演(18:30開場)
場所:ビルボードライブ東京

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:甲田まひるさん「すべての活動の土台は音楽。それなしでは表現にはなりません」

3974views

音楽ライターの眼

世界初演、サクソフォン最前線/須川展也&田中靖人 サクソフォンデュオ・コンサート~ピアニスト、小柳美奈子と共に~

2884views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

37765views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8382views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

11696views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11126views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8898views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8174views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7640views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4669views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28939views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10807views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8174views

音楽ライターの眼

Googleが浮き彫りにするAIとジャズの本質

3680views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

8200views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

7934views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9501views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12092views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5451views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63539views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2701views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9580views