Web音遊人(みゅーじん)

ザ・ダークネス

ギター不況を吹っ飛ばすライヴ・アルバム/ザ・ダークネス『ライヴ・アット・ハマースミス』

ギター・ブランドのギブソンや世界最大の楽器店の米「ギター・センター」が経営難に陥るなど、逆風が吹き荒れる2018年のギター業界。「今のヒット・チャートはヒップホップとEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)が主流。ギターのロックなんてオワコンだよ!」などと、まるでロックが死んだかのような論調もしばしば聞かれる。

日本でもそう言われるのだから、それ以上にポップ・ミュージックの流行廃りが激しいイギリスではギター・ミュージックなんて誰も聴いていないに違いない!……と思ってUKアルバム・チャートを覗いてみると、案外ロックものがヒットしていることに気付く。ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズやアークティック・モンキーズは上位にランクインしているし、オアシスやフー・ファイターズのベスト盤も、まるで永遠のようにチャートに居座り続けている。

そんなイギリスで絶大な人気を誇るロック・バンドが、ザ・ダークネスである。

ザ・ダークネスは2003年にデビュー、ハードでグラマラスなブリティッシュ・ロックンロールで一躍世界の注目を集める。ジャスティン・ホーキンスのファルセットというより裏声に近いハイトーン・ヴォイスと一度聞いたら耳を離れないメロディと歌わずにいられないキャッチーなコーラスは大人の音楽ファンには懐かしく、若いリスナーには新鮮なものだった。クイーンのフレディ・マーキュリーばりの胸開き全身タイツやギラギラのコスチュームという奇抜なヴィジュアル・イメージも目を惹いた。

ザ・ダークネス

「ゲット・ユア・ハンズ・オフ・マイ・ウーマン」「アイ・ビリーヴ・イン・ア・シング・コールド・ラヴ」などを連続ヒットさせた彼らは、コアな音楽ファン層だけにアピールするのではなく、2003年にはクリスマス・ソング「クリスマス・タイム(ドント・レット・ザ・ベルズ・エンド)」を発表。数十年にわたりクリスマスの”定番”だったゲイリー・グリッターの「アナザー・ロックンロール・クリスマス」が彼の未成年性愛による逮捕でCDショップの店頭から消え去ったことも幸いして、イギリスのクリスマス・ホリデーのお茶の間を占拠するようになった。

さらに「アイ・ビリーヴ・イン?」が映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうな私の12ヶ月』(2005)で使用されたことで、普段ロックに興味のない女性層にアピールしたことも強かった。

もちろん従来のロック・ファンへの目配りも怠りなく、ジャスティンはソロ・プロジェクト、ブリティッシュ・ホェール名義でスパークスの「ディス・タウン」をカヴァー。ミュージック・ビデオにはスパークスのメエル兄弟も出演して話題を呼んだ。

ジャスティンのドラッグ問題もあり、一時期バンド解散を余儀なくされながらも復活。ザ・ダークネスは現在も活動中だ。日本では2011年の「ラウド・パーク」フェス以来ご無沙汰だが(ジャスティンのサルヴァドール・ダリか大泉滉ばりのヒゲが観衆をどよめかせた)、本国イギリスではコンスタントにアルバムがヒット。最新作『パインウッド・スマイル』は全英チャート8位となっている。

彼らの息の長い人気の秘密がそのステージ・パフォーマンスにあることは、2018年6月に発売となったライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ハマースミス』を聴けば明らかだ。クイーンもAC/DCもエアロスミスも呑み込んだ、そして何よりも唯一無二のキャラが立ちまくったロックンロールが英国ロックの”聖地”のひとつであるロンドン「ハマースミス・アポロ」で炸裂する。ジャスティンとダンのホーキンス兄弟のギターも、スピーカーあるいはヘッドフォンの左右から火を噴きそうな熱さだ。

2017年12月10日、年末も押し迫ったクリスマス・ショーということもあり、観衆のテンションの高さも特筆モノで、良い気分でコーラスを歌いまくる。豊潤なブリティッシュ・ロックの歴史に、新しいライヴ・アルバムの名盤が生まれた瞬間である。

このアルバムを聴いたら、もう「ギターは死んだ」なんて言っていられない。すぐに家を飛び出して、町の楽器店でギターを試奏したくなる。こういうアルバムこそが、ギター不況を吹っ飛ばすのだ。

■ アルバムインフォメーション

『ライヴ・アット・ハマースミス』
ライヴ・アット・ハマースミス
発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
発売日:2018年6月15日
料金:2,300円(税抜)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

五嶋みどり

今月の音遊人

今月の音遊人:五嶋みどりさん「私にとって音楽とは、常に真摯に向き合うものです」

10274views

音楽ライターの眼

連載19[ジャズ事始め]ジャズのフィーリングを体得した穐吉敏子が「フィリピン人のようだ」と褒められたワケ

987views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

4656views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

21688views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2242views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

2959views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2925views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6647views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

15287views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

5604views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3255views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6336views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

8288views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

15287views

音楽ライターの眼

連載17[ジャズ事始め]上海がアジアにおけるジャズのホット・スポットであった歴史的事実とアジア・ジャズの関係性を解いてみる

1001views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

2613views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2928views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

10971views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9190views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4050views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

74225views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6647views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6336views