Web音遊人(みゅーじん)

メトロポリタン歌劇場の130年のドラマを詳細に描き出した著作が登場

「METライブビューイング」で日本のファンにもすっかりおなじみとなったニューヨークのメトロポリタン歌劇場は、長い歴史と伝統を誇る世界最高峰のオペラハウスのひとつ。

ニューヨークを訪れるクラシック・ファンの多くが憧憬と敬愛の念をもってここを訪れ、その華麗で美しい外観と内装に心を動かされ、オペラの演目、出演者、キャスト、スタッフが一丸となって作り上げる上質な舞台に深い感銘を受ける。

このオペラハウスは「MET」という愛称で親しまれ、毎シーズンの新演出を含む演目、指揮者、歌手などに世界中が注目。常に話題を提供している。

そんなメトロポリタン歌劇場のオペラを長年にわたって聴き続け、歌劇場の変遷を身近に感じ、アメリカ社会と政治、それらを囲む激動の世界を眺め続けてきたのが、ニューヨーク大学名誉教授のチャールズ・M・アフロン(1935年生まれ)とニューヨーク市立大学名誉教授のミレッラ・J・アフロンのご夫妻である。ふたりが著した『メトロポリタン歌劇場――歴史と政治がつくるグランドオペラ』(みすず書房)は、500ページを超す大作で、訳者は東京女子大学名誉教授の佐藤宏子氏である。

内容は、第1章「桟敷の問題」、第2章「文化の中心地」、第3章「オペラ戦争」、第4章「現代性」、第5章「苦難の時代」、第6章「戦争の重圧」、第7章「ビジネスとしてのオペラ」、第8章「過渡期」、第9章「絶対的なマエストロ」、第10章「支援とペレストロイカ」、第11章「新しいメディアの時代」と題された11章で構成されている。

オペラハウスの経営陣、指揮者や歌手をはじめとするキャスト、オーケストラ、芸術監督、さまざまなスタッフ、そして聴衆が織りなすオペラハウスの130年のドラマがここには凝縮している。

オペラは、その時代における社会や政治、人々の考えや意識、必要性や可能性などを模索しながら歩みを続けてきた総合芸術である。著者はあらゆる角度からそれらを分析・研究・考察し、現代社会のなかでオペラという芸術がいかにあるべきか、どのような役割を果たせるのか、真の芸術が人々にもたらすものとは何か、と膨大な資料をもとに多角的な面において文を綴り、読者に語りかけ、問題提議を行い、読者にともにこの問題について考えるよう促している。

この本を読んでからメトロポリタン歌劇場に足を運ぶと、おそらくこれまで感じてきたオペラとはひと味異なる歴史と伝統に思いを馳せ、よりオペラが深く楽しめるに違いない。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

特集

今月の音遊人:諏訪内晶子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:諏訪内晶子さん「音楽の素晴らしさは、人生が熟した時にそれを音で奏でられることです」

8900views

ウルヴァーの“闇のポップ”への進化過程

音楽ライターの眼

Ulver(ウルヴァー)の“闇のポップ”への進化過程

5339views

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

楽器探訪 Anothertake

【動画】「楽しさ」をまるごと運ぼう!「ELC-02」の分解、組み立て手順

10156views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

558views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2993views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

5082views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

5727views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3328views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

13912views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

3583views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

2131views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3315views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

5409views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9970views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.8

1774views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

7679views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

1340views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

3205views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

2729views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

3252views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

8301views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1366views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3315views