Web音遊人(みゅーじん)

戦争の苦境、郷愁誘う希望の光/小菅優&佐藤俊介デュオ・リサイタル「第一次世界大戦とクラシック音楽~作曲家に想いを馳せて~」

第一次世界大戦の激震が走る欧州に、古き良き時代から光が差す。ピアニストの小菅優とバイオリニストの佐藤俊介によるデュオ・リサイタル「第一次世界大戦とクラシック音楽~作曲家に想いを馳せて~」を2022年7月6日、ヤマハホールで聴いた。ヒンデミットやエルガーらが戦時中に書いた作品を集めたが、戦前のベル・エポック(美しい時代)への郷愁を誘う演奏だった。戦争の苦境に抗うように、欧州文化の粋としての古典(クラシック)が呼び起こされ、希望を灯す選曲。印象派のドビュッシーでさえ懐かしくも古典的に聴こえる。名演だ。

ドイツの作曲家ヒンデミットは、19歳のときに父が戦死し、その後自身も出征した。公演の最初はヒンデミットが兵役時に作曲した『バイオリン・ソナタ変ホ長調作品11-1』。小菅のピアノは激烈に第1楽章を始めた。佐藤のバイオリンは英雄的な高揚感に溢れるが、切迫感も漂う。静かに沈潜する第2楽章で曲は終わる。未完成のソナタだが、戦時の狂騒と鎮魂の両面を描き出した好演といえよう。

2曲目、イザイの『子供の夢』は、作曲家自身のバイオリン演奏による録音がまず流れた。雑音交じりの古い音源で会場は20世紀初めにタイムスリップした。ポルタメント(滑らかな音程移動)を多用した佐藤の弾き方は、イザイやクライスラーが活躍した時代の甘美なロマンに満ちている。佐藤はモダンとバロック双方のバイオリンを弾く二刀流だが、近現代の作曲当時を再現するピリオド奏法への挑戦といえる。

続くラヴェル『クープランの墓』から『フーガ』『フォルラーヌ』は小菅の独奏。細やかで深みのあるデュナーミク(強弱法)だ。30代前半でベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲録音を完結した小菅だが、ラヴェル作品では淡い色彩感を表現し、深化を示した。

前半のハイライトはドビュッシー晩年の傑作『バイオリンとピアノのソナタ』。印象派の先入観ではつかみどころがない曲だが、2人の演奏は力強く明晰でメリハリがある。ベーゼンドルファーのピアノは激しい打鍵でも落ち着いた音を造形し、曲の構成美を浮き彫りにした。

後半1曲目はコルンゴルト『空騒ぎ 作品11』から『ドグベリーとヴァージス』。行進曲は戦意高揚につきものだが、シェイクスピアの劇音楽として皮肉や諧謔が盛り込まれている。彼の先輩作曲家マーラーの歌曲『死んだ鼓手』や『少年鼓手』の滑稽な悲劇性にも通じる。ひねりのある演奏はマーラーへのオマージュを想起させた。

再び古い録音が流れた。ドイツ潜水艦による客船の誤爆で水死したスペインの作曲家グラナドス自演のピアノ曲「スペイン舞曲集第5番『アンダルーサ』作品37の5」。パートカラーの映画のように、歴史的音源に続いてクライスラー編曲によるデュオでの実演が始まる。佐藤のポルタメントがレトロな旅愁を醸し出す。戦間期に流行するアガサ・クリスティーの推理小説が思い浮かんだ。最後は英国のエルガーの大作『バイオリン・ソナタホ短調作品82』。情熱のうねりを大胆さと繊細さで見事に奏でた。ブラームスの影響を伝えるロマン派の感情表現だ。

「戦争の暗さの中、音楽を光として使った人たちがいた」と佐藤は語った。軍楽隊員だったヒンデミットは、人々に希望の光をもたらすことが職務と自覚しただろう。クラシック音楽は第一次大戦後、新古典主義としてもう一花咲かす。希望は郷愁に似ている。懐かしくも前向きなデュオに涙腺が緩んだ。

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社メディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 押尾コータロー

今月の音遊人

今月の音遊人:押尾コータローさん「人は誰もが“音で遊ぶ人”、すなわち“音遊人”なんです」

16013views

音楽ライターの眼

フランスから世界に飛翔するふたりのチェンバリスト

3143views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

13854views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

105829views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6973views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7228views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7170views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7170views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29650views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1457views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6548views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9576views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6973views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10951views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#001 遺された“会話”をたよりに“ワルツ”を選んだ意図を再考する~『ワルツ・フォー・デビイ』編

1080views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

13143views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

4135views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

6522views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

21853views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5613views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

40824views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2701views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28930views