ジャズ・ギターとビートルズの出逢い~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』が生まれるまで

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
ジャズとロックの関係性
音楽ライターの眼
ジャズ・ギターとビートルズの出逢い~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』が生まれるまで

1964年に新境地を拓こうとレーベルを“移籍”したウェス・モンゴメリーだったが、その新天地ではまだビートルズに出逢うことができなかった。

彼はヴァーヴ・レコードに在籍した1964年から67年のあいだに10枚のアルバムをオンタイムでリリースしているが、その内訳はスタジオ録音の5枚にライヴ収録の5枚と、半々のバランスになっている。

特に1965年は、彼の死後に続々とライヴ盤が発掘されていることもあるから、精力的にワールド・クラスのツアーを実施して、レーベルの売上に貢献しようとしていたようすがうかがえる。

ライヴ盤ではこのなかの『スモーキン・アット・ザ・ハーフ・ノート』の人気が高く、ジャズ・ギタリストとしての彼の代表作に推す人も多いが、本稿の趣旨から逸れるので触れない(厳密に言えば、このアルバムにはスタジオ録音の音源も収録されているのだが)。

注目したいのは、ヴァーヴ・レコード在籍時の10作品のうちの『バンピン』(1965年)、『ゴーイン・アウト・オブ・マイ・ヘッド』(1966年)、『カリフォルニア・ドリーミン』(1966年)、『テキーラ』(1966年)の4作だ。

移籍第1作『ムーヴィン・ウェス』ではホーン・セクションを加えることにより、ジャズ・オーケストラの華やかさでウェス・モンゴメリーの独特なギターの音色を包むことに成功。そして、ミリオンセラーのヒットにつながったことが、“ウェス・モンゴメリー・ニュー・プロジェクト”に一定の方向性を示すことになったのだろう。

続く『バンピン』では、アレンジャーにドン・セベスキーを迎えて、ストリングス・オーケストラのサウンドで彼のギターを包んでいる。

ライヴ盤を2作挟んでから再びスタジオに戻ってリリースした『ゴーイン・アウト・オブ・マイ・ヘッド』では、オリヴァー・ネルソンの指揮とアレンジによるサウンドに挑戦。

ライヴ盤を3作挟んだ次は、再びドン・セベスキーと組んだ『カリフォルニア・ドリーミン』。そして、クラウス・オガーマンによるストリングス・アレンジの『テキーラ』でヴァーヴでの活動を終えることになる。

マーケットの反応を見てみると、『バンピン』は総合ヒット・チャートの200位以内に入るという、地味ながら実はスゴイ記録を達成する。それに続いて『ゴーイン・アウト・オブ・マイ・ヘッド』はR&Bというジャンル別のチャートで7位、『カリフォルニア・ドリーミン』は同4位(ジャズ部門では1位)という好結果を残した。

なかでも『カリフォルニア・ドリーミン』の成功事例は、ウェス・モンゴメリーと彼をプロデュースするクリード・テイラーにとって、このチャレンジを1回で終わらせるには惜しいと感じさせたことは想像に難くない。

タイトル曲の「カリフォルニア・ドリーミン(邦題:夢のカリフォルニア)」は、フォーク・グループとして活動していたジョン・フィリップスとミシェル・フィリップスによって作られた曲だった。彼らはフォーク・ロックのグループ“ママス&パパス”としてデビューし、この曲を1965年に発表。ビルボードの総合チャートで4位となったこの大ヒット・ナンバーを、ウェス・モンゴメリー(とクリード・テイラー)は“フィーヴァーも冷めやらぬ”1966年にカヴァーして、これまたヒットさせてしまったわけだ。

なぜウェス・モンゴメリー(とクリード・テイラー)が「夢のカリフォルニア」を選んだのかは、定かではない。想像するに、この曲がヴォーカル、つまりコーラスを重視する曲づくりだったことが、ロックとの接点を模索していたウェス・モンゴメリー(とクリード・テイラー)にとって“手始めとしてやりやすかった”のではなかろうか。

ヒット・チャートを振り返ると、1964年あたりからアメリカの音楽の流行が大幅に変化しており、ビートルズの台頭に見られるような“ロック旋風”に巻き込まれていたことがうかがえる。

こうしたムーヴメントを好機ととらえたウェス・モンゴメリー(とクリード・テイラー)が、例によってまずリサーチしてみたのが、「夢のカリフォルニア」だったということだ。

そしてそのチャレンジは、想定以上の成功を収めた。

満を持して、ウェス・モンゴメリー(とクリード・テイラー)は再び動く決意をする。その後押しをするのがビートルズである、という論考を次に展開したい。

 

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 富澤えいち