Web音遊人(みゅーじん)

1980年へのタイムマシン。レッド・クロスのデビュー40周年を記念してEP『レッド・クロス』新装再発

レッド・クロスのファーストEP『レッド・クロス』(1980)が40周年記念エディションとして2020年7月に日本発売される。

1978年に米国カリフォルニア州ホーソンで結成。オルタナティヴ/ギター・ポップ/パンク・ロックなどジャンルに囚われることなく、唯一無二のアイデンティティを持った音楽性を持つ彼らは決してメガヒットは記録していないものの、世界中の熱心なファンにとって“心のナンバー・ワン・バンド”であり続けた。

ベーシストのスティーヴ・マクドナルドはかつてスパークスのツアーに同行したこともあるが、レッド・クロスとしての現時点での最新作『ビヨンド・ザ・ドアー』(2019)ではそのスパークスの「ホェン・ドゥ・アイ・ゲット・トゥ・シング “マイ・ウェイ”」をカヴァー。曲を書いたロン・メイルが「アメイジング(=最高)」と絶賛している。

その『ビヨンド・ザ・ドアー』にはメルヴィンズのデイル・クローヴァーが全面参加、バズ・オズボーンもゲスト参加しているが、スティーヴは現在メルヴィンズのメンバーでもあり、2019年11月の来日公演に同行したのも記憶に新しい。

今回リリースされるのは、バンドにとって初の公式音源となる6曲。

1980年にスプリッティン・ティース、そしてザ・ナンズの後継バンドである391との3バンド・スプリットLP『The Siren』として“ポッシュ・ボーイ・レコーズ”から発表され、同年にレッド・クロスの単体EPとしてリリースされたものだ。これまで何度かジャケットを変えて再発されてきたが、今回はヴォーカル&ギターのジェフ・マクドナルドが当時使っていたアドレス帳と初期のバンドのステージ写真を使っている。

初めてのライヴがブラック・フラッグの前座だったという彼らだが、本EPの音楽性は十代のアドレナリンとテストステロンを持て余したパンク・ロック。後の『サード・アイ』(1990)などで聴かれるソングライティングの妙味はまだ開花していない。当時ジェフが16歳、スティーヴが12歳というから無理もないが、若さに任せて突っ走る「カヴァー・バンド」、リアルな感情が込められた「アイ・ヘイト・マイ・スクール」、イッパシのパンク・ロッカーぶった「スタンディング・イン・フロント・オブ・ポーザー」(声変わり前?のスティーヴがリード・ヴォーカルを取っている)など、台風のように駆け抜けていく。いずれも“荒削り”という表現では足りないラフなものだが、漂白剤をタイトルに冠した「クロロックス・ガールズ」や「アネッツ・ゴット・ザ・ヒッツ」などクッキリした歌メロにはパワー・ポップ的な要素も感じられる。

今回の再発盤では4曲のデモ・トラックを追加。さらに1979年、カリフォルニア州ハーモサ・ビーチのクラブ“ザ・チャーチ”でライヴ録音された「ファン・ウィズ・コニー」を追加した全11曲仕様となっている。

レッド・クロスはデビュー40周年を記念して、7月26日にはロサンゼルスの“リージェント・シアター”でアニヴァーサリー・ライヴを行うことを発表している。創始メンバーのマクドナルド兄弟と現行ラインアップに加えて、歴代メンバーも可能な限り呼ぶとのこと。2020年、新型コロナウイルスが猛威を振るう状況下で、バンド側も「こんなイベントが実現することを想像するのも難しい」と認めているものの、実現に向けてリハーサルを行っていくそうである。

『レッド・クロス』40周年記念エディションは、生涯現役としてマイペースで活動を続けるレッド・クロス(もっと頻繁にアルバムを出してくれたら嬉しいのだが……)の原点を知ることができる、1980年へのタイムマシンだ。

■アルバムインフォメーション

『レッド・クロス』

発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
発売日:2020年7月2日
料金:1,790円(税抜)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

今月の音遊人

今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

11091views

音楽ライターの眼

ベートーヴェンの苦闘からシューマンの夢幻へ。仲道郁代 スペシャル・コンサート~フォルクハルト・シュトイデ(バイオリン)を迎えて~

1109views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

2273views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

3088views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

6032views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

6520views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

3449views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

1567views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

12662views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

6506views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

3962views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15758views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

2956views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

15412views

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.5

1771views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

3307views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3052views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

8104views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

10518views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

2648views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

11852views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4326views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15758views