Web音遊人(みゅーじん)

KISSが2019年12月に来日。最高最後のロックンロール・パーティーが始まる

「You wanted the best, you got the best.  The hottest band in the world, KISS!(“最高”が欲しいんだろ?“最高”を与えてやろう。世界で一番ホットなバンド、KISS!)」

ロック・ファンにはお馴染みのオープニングMCが日本のライヴ会場に鳴り響くのは、これが最後となる。2019年12月、KISSの「END OF THE ROAD WORLD TOUR」は、45年間ロックンロールで突っ走ってきた彼らの最後の日本公演だ。

「ラヴ・ガン」「ラヴィン・ユー・ベイビー」「デトロイト・ロック・シティ」「ロックン・ロール・オールナイト」など名曲の数々、壮大なステージ・セット、炎やスモーク、紙吹雪、ド派手なフェイス・ペイントやコスチューム、ジーン・シモンズの火噴き&血吐きやポール・スタンレーの胸毛など、KISSは究極のロックンロール・エンタテインメントを提供してきた。さらにはKISSコミックからKISS棺桶(パンテラのダイムバッグ・ダレルはこの棺桶に入れられて埋葬された)、5万ドルでジーン自らがファンの自宅に届けてくれるCD10枚組ボックスなど、斬新なビジネス戦略も話題を呼び、熱心なファンから絶大な支持を得ている。

そんな彼らが引退するというのだから、もはやロックの歴史における一大事である。

本国アメリカはもちろん世界中で幅広いファン層を持ち、日本でも1977年の「ヤング・ミュージック・ショー」出演や2015年のももいろクローバーZとのコラボレーションなど、時代を超えた人気を誇ってきたKISSの最後のジャパン・ツアーはロックのひとつの時代が幕を下ろす、ひとつの“事件”である。

超一級のロックンロールを楽しむというのに加えて、特別な感傷を伴うライヴになることは間違いないだろう。ファンのKISSメイクが涙で流れてしまう光景が目に浮かぶ。

KISSは2000年から2001年にかけて“引退ツアー”を行い、その後に撤回した“前科”がある。今回もやはり撤回するのでは?と疑いの目を向けるファンがいることも事実だ。だが、1949年生まれのジーンは今年で70歳、1952年生まれのポールは67歳となる。メイクとコスチュームに身を包んで大音量ハード・ロックをぶちまかすことができる時間は、そう長くは残されていない。おそらくこれがラストチャンスとなるであろうライヴ。必見!というのはかなり控えめな表現である。

さて、最後のジャパン・ツアーを終えた後、KISSはどこに向かっていくのだろうか。ツアー活動を終えてもアルバムを作り続けるロック・バンドは数多く存在するが、彼らはそうはならなさそうだ。2017年、筆者(山崎)とのインタビューで、ジーンはKISSとしてのニュー・アルバムを作ることに「興味がない」と語っている。

「ファンが金を出さずに、ファイル共有や違法ダウンロードで済ませてしまう。俺はチャリティには寄付をするが、自分の音楽を盗まれるのはイヤなんだ。俺は食べ物や服に金を出す。だから俺の音楽を聴く人には正統な対価を出してほしい」だからもうKISSの新作は出さない……というわけだ。

もうひとつ、今回の「END OF THE ROAD WORLD TOUR」は現行のKISSにとって最後のツアーとなるが、KISSというバンドは今後も存続する……?という可能性もある。

ご存じのとおり、現在のオリジナル・メンバーはジーンとポールのみ。トミー・セイヤー(ギター)とエリック・シンガー(ドラムス)は近年加入した、比較的最近のメンバーだ。たとえジーンとポールが引退しても、人員を補充してKISSとして活動を続けるという選択肢もあり得るのだ。

2015年、筆者とのインタビューで、ポールは「KISSというのは4人のメンバーよりも大きな“精神性”なんだ」と主張していた。

「オリジナル・メンバーでなくても、新しい時代にKISSの精神を継承していく人間であれば、KISSの一員たり得る。ベース・ルースが引退しても、ニューヨーク・ヤンキースの選手たちは誇りを持って、チームを未来へと繋げていくだろ?」

「KISSが100年、200年と続いていたら最高だね。俺はステージ上では“スターチャイルド”だけど、その頃には本物のスターチャイルドになって、空の上からバンドを見ているかもしれない」とポールは笑っていた。

ジーンとポールのいないKISSが、星の数ほど存在するKISSカヴァー・バンドと一線を画する正統性をどのように見せつけるのか?興味はあるものの、それはまだ未来の話だ。今はひたすら「END OF THE ROAD WORLD TOUR」に向けて、テンションを上げていきたい。

2019年12月、最高最後のロックンロール・パーティーが始まる!

■公演インフォメーション

「THE FINAL TOUR EVER KISS: END OF THE ROAD WORLD TOUR」
2019年12月8日(日)ゼビオアリーナ仙台
2019年12月11日(水)東京ドーム
2019年12月14日(土)盛岡タカヤアリーナ(盛岡市総合アリーナ)
2019年12月17日(火)京セラドーム大阪
2019年12月19日(木)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
詳細はこちら

 

特集

五嶋みどり

今月の音遊人

今月の音遊人:五嶋みどりさん「私にとって音楽とは、常に真摯に向き合うものです」

9702views

ドイツ・グラモフォン ベスト・オブ・ベスト

音楽ライターの眼

2018年に創立120年を迎えるドイツ・グラモフォンの歴史を俯瞰する名演集

3494views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

10945views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

10803views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

4721views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

10286views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2618views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4022views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

17504views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7065views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2969views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5905views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

6696views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

17504views

J.S.バッハの《コーヒー讃歌》

音楽ライターの眼

ああ、コーヒーのおいしいこと。1000回の接吻よりすばらしく、マスカット酒より甘い…… J.S.バッハ《コーヒー・カンタータ》の誕生秘話

4366views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

14614views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1736views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

9529views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

7688views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

5366views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

68587views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3939views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5905views