Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#027 世界的なシンガーのルーツを覚醒させた2人だけのジャズという蜜月~トニー・ベネット&ビル・エヴァンス『トニー・ベネット&ビル・エヴァンス』編

片や、95歳で新作アルバム(2021年のレディー・ガガとのデュエット・アルバム『ラヴ・フォー・セール』)をリリースしてギネス世界記録に認定されるなど、生涯現役でアメリカを代表するエンターテイナーとしての活動を全うしたシンガー。

片や、1950年代ジャズ黄金期から51歳で没する1980年までリーダー作50タイトル以上を世に送り出し、中心的存在としてジャズの変革を担ってきたピアニスト。

ビッグネームの2人が差しで作り上げた“名盤”ということなのですけれど、改めて本作は“ジャズ・シンガーの視点”と“ジャズ・ピアニストの視点”のどちらからどのように評すべきなのかを考えてみたいと思います。


Young And Foolish from ‘The Tony Bennett/Bill Evans Album’

アルバム概要

1975年6月、米カリフォルニア州バークレーにあったファンタジー・レコードのスタジオで収録された作品。

オリジナルはLP盤で、A面5曲、B面4曲の計9曲という構成。CD化も同曲数同曲順となっています。

収録曲はすべてカヴァー曲で、いわゆるジャズ・スタンダードとして知られているものですが、ビル・エヴァンスがそれまでの自身のキャリアのなかで取り上げることの多かった、“ビル・エヴァンスのお気に入り”のラインナップであったことも、リリース当時から話題になっていたことのひとつだったようです。

これはつまり、トニー・ベネットがビル・エヴァンスを“お客さま”として迎え、“共演させていただく”というニュアンスが含まれていただろうことを、恐らく当時の音楽シーンの誰もが理解していたことを意味する、とボクは思うのです。

“名盤”の理由

そんな“下心”があった(かどうかは定かではありませんが)にもかかわらず、本作が“名盤”として認知されるようになったのは、ビル・エヴァンスの死をきっかけに彼を再評価する流れが生まれたことが大きいのではないかと推測しています。

というのも、モダンジャズというジャンルを打ち立てたと言っても過言ではないビル・エヴァンスではありますが、彼の評価はいわゆる“リヴァーサイド4部作”と呼ばれる、1959年から1961年にかけて収録された『ポートレイト・イン・ジャズ』『エクスプロレイションズ』『ワルツ・フォー・デビイ』『サンディ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』に集約されると言ってもこれまた過言ではなく、むしろその後の作品群は添えもの的に扱われていた──というのが、1980年代から1990年代にかけてのボクの肌感覚だったりするからです。

ビル・エヴァンスの死後、いち早くトリビュート的に集大成として編集されたのが『ザ・コンプリート・リヴァーサイド・レコーディングス』。1985年のリリース当時でLP18枚組のボックス・セットという“強気”の企画は、ビル・エヴァンスの業績を網羅するというより、“リヴァーサイド4部作”を含むことで勝算があったに違いない、と思うのです。

4部作をLPで所持していたボクも、後にCD化されたこのコンプリート集(アメリカでの発売は1987年、日本では1995年で、いずれも12枚組)を購入しましたが、やはりお目当ては4部作をCDで聴くこと、でした。

ところが、こうしたコンプリート集の発掘(もしくは1990年代のDJによるレア・トラックへの注目)によって、「見逃していた名演を掘り起こそう」という気運がジャズ・シーン全体で高まり、本作も“ピアノ・トリオのビル・エヴァンス”とは異なる再評価がなされ、改めてその価値が注目されるようになった──というのが“名盤”になるきっかけだったのではないかと考えているのです。

いま聴くべきポイント

一方で、トニー・ベネットの作品としては、ポップス・シンガーの大御所のものとしてはそれほど話題にもならず、売上も芳しくなかったようです(ヒットチャートの記録も、グラミー賞ノミネートのエピソードも見当たらないことが、それを物語っていると言えるでしょう)。

当時のトニー・ベネットは、1950年代の飛ぶ鳥を落とす勢いは見る影もなく、人気を奪ったロック調のサウンドへ逆に挑戦したりするなかでの、ジャズ・シンガーとしての自分のポジションを見つめ直すための企画でもあったようなのです。

トニー・ベネットがビル・エヴァンスとの共演にかなり思い入れをもっていたことは、本作が自身の世界的な大ヒット曲をジャズ・アレンジするといった“企画もの”ではなく、ビル・エヴァンスのレパートリーに身を委ねているというあたりからも察することができます。

さらに、続編である『トゥギャザー・アゲイン』を1975年にベネットの自主レーベルからリリースしているのですから、これはもう、世紀の大シンガーがなりふり構わず、自らの普遍的な立ち位置を確認するために、ビル・エヴァンスの胸を借りたがっていたとしか言いようがないのではないでしょうか。

胸を貸したビル・エヴァンスも、シンガーとの共作はモニカ・ゼタールンドとの『ワルツ・フォー・デビイ』(1964年、4部作とは別の作品)ぐらいしか見当たらず、歌伴を得意としたピアニストではないことがうかがえるにもかかわらず、共演者が楽器とのときとはまったく異質のインタープレイを試みているところが随所に見られたりするので、やはりジャズ・ファンとしては見過ごすことのできない作品だったと言えるでしょう。

例えば、アルバム冒頭の『ヤング・アンド・フーリッシュ』の初っ端、ピアノのイントロもなく、いきなりビル・エヴァンスのコードだけの伴奏と同時に歌い出すトニー・ベネットの張りのある歌声に出逢うと、聴く者の心を震わせるに足る交感が2人のあいだにあったということを改めて理解できる──そんな“名盤”なのではないかと思うのです。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石丸幹二さん「ジェシー・ノーマンのような表現者になりたい!という思いで歌の世界へ」

10580views

船越清佳

音楽ライターの眼

「音楽があるから世界が美しい」そこを目指すフランスのピアノ指導とは/船越清佳インタビュー

1875views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

21112views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

26666views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8732views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

7835views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12093views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8327views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21877views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

7606views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5670views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24699views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10809views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14389views

音楽ライターの眼

連載40[ジャズ事始め]佐藤允彦が“ランドゥーガ”で試みた“民謡”という手つかずの方法論

1581views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

8058views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4812views

楽器探訪 Anothertake

ナチュラルな響きと多彩な機能で電子ドラムの可能性を広げる、新たなフラッグシップモデルDTX10/DTX8シリーズ

4261views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6797views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5670views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

21165views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6438views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24699views