Web音遊人(みゅーじん)

ネットワーク対応、Alexaスピーカーにもなる進化したサウンドバー「YAS-109」「YAS-209」

大型・フラットテレビの普及とともに、需要が伸びているホームシアターシステム。その人気を牽引しているのが、テレビの前にポンと設置するだけのワンボディのサウンドバー(ワンバー)だ。
なかでも、2017年に発売されたヤマハの「YAS-107」はワンバー史上最強とも称され、その後継機種の「YAS-108」も世界中で大ヒットした。
そして、いよいよ2019年7月、“最強”の遺伝子を受け継いだ「YAS-109」が登場。ほぼ同じ機能をもつワイヤレスサブウーファー付属モデル「YAS-209」は「YAS-207」以来、2年ぶりの後継機種で、こちらは8月下旬の発売となる。

スタイリッシュなデザインとスリムなフォルムで、壁掛け設置も可能――と見た目は前モデルと大きくは変わらないが、“中身”は格段の進化を遂げている「YAS-109」「YAS-209」。最大のポイントは、ネットワーク対応になったことだ。
Amazon Alexaのボイスコントロール用マイクを内蔵し、話しかけるだけで入力切り替えやボリュームのコントロールが可能に。もちろん、Amazon Echoなどのスマートスピーカー同様に音声操作で時間や天気を聞いたり、音楽を再生したりすることもできる。

音楽ストリーミングサービス「Spotify Connect」「Amazon Music」にも対応。「Spotify」には有料と無料のプランがあるが、これまでホームシアターシステムでは有料プランしか「Spotify Connect」を利用できなかった。しかし、「YAS-109」「YAS-209」は無料のアカウントにも対応しているため、これさえあれば好きな音楽がSpotifyで聴き放題。スマートスピーカーで音楽を楽しむ人は多いが、満足のいく音質とは言えないのが残念なところだ。同じ便利さながら、高音質なホームシアター機能ももつのが「YAS-109」「YAS-209」と考えていいだろう。
もちろん、ネットワーク対応なので、スマホやストレージの音源を再生することも可能だ。

一方、高く評価されてきた従来の機能は踏襲されている。「YAS-107」「YAS-108」が圧倒的な支持を得た理由、それは、クリアで聴き取りやすい音と自然な空間の広がり感が、抜きん出ているという点だった。
世界で初めてバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」を搭載。前から後ろから左右から、そして上からも。音の奥行きだけでなく高さまでも表現し、全身を包み込むようなサラウンドを実現している。
また、3Dサラウンド再生時にも映画、テレビ番組、音楽、スポーツ、ゲームの5種類のサラウンドプログラムが選択可能。このかけ合わせによって、それぞれのシーンに最適な音場をつくり出しているのも特徴だ。
「クリアボイス」も高評だ。これはナレーションなどの音声と背景音を自動判別し、人の声だけをボリュームアップしてくれる機能。オンにすればセリフやナレーション、スポーツ中継の解説など人の声が聴き取りやすくなり、ストレスなく楽しむことができる。
加えて、ニューモデルはさらに音質が向上した。スピーカーのユニット数や大きさは変わっていないが、ユニットそのものをすべて替え、音質調整も新たに行ったそう。

ホームシアターはその言葉通り、大人だけの趣味でなく、家族みんなが一緒に楽しむものであってほしい。そのために気軽な操作でいい音を。「YAS-109」「YAS-209」には、そんな思いが込められている。
最近はほとんどのテレビが対応しているHDMIリンクなら、電源のオン・オフやボリューム操作などいつものテレビ操作を行うだけでサウンドバーが連動する。ボイスコントロール機能を使えば、家事中の操作もラクラク。
いつものテレビ番組や音楽、映画、ゲーム……その音の歴然とした違いを体験してしまったら、きっと手に入れたくなるはず。家族みんなで、簡単な操作で迫力あるいい音を楽しんでみてはいかがでしょう。


家族、夏の始まり編 | 音は、人生の味方になる。DISCOVER TRUE SOUND | ヤマハ

■フロントサラウンドシステム

YAS-109
Amazon Alexa内蔵、使いやすさが進化しワンボディに魅力が詰まったサウンドバー
詳細はこちら

YAS-209
Amazon Alexa内蔵、映画の深い感動が味わえる本格2ユニットタイプ
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

今月の音遊人

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

5698views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.9

1302views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

7954views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

31582views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

2494views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

8399views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

9737views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2560views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

15171views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

3443views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2497views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

12821views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

246views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

6410views

ニューイヤー・コンサート2018

音楽ライターの眼

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート2018は、14年ぶりにムーティが指揮台に立つ

3921views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

5656views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

1587views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

72787views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1376views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

3735views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

2783views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

3593views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

14940views