Web音遊人(みゅーじん)

櫻井哲夫

今月の音遊人:櫻井哲夫さん「聴いてくれる人が楽しんでくれると、自分たちの楽しさも倍増しますね」

フュージョンバンド、カシオペアのベーシストとして一世を風靡し、現在はソロ活動に加え、カシオペアの元メンバーと結成した“かつしかトリオ”でも活動する櫻井哲夫さん。精力的な音楽活動の傍ら、大学で教鞭もとる櫻井さんに、音楽を志した原点や音楽を楽しむ人生について語っていただいた。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

スティーヴィー・ワンダーですね。『トーキング・ブック』や『インナーヴィジョンズ』『ファースト・フィナーレ』『キー・オブ・ライフ』といった1970年代のアルバムを、高校生のころからカシオペアでデビューしたくらいまで毎日聴いていました。『イズント・シー・ラブリー(可愛いアイシャ)』などのヒット曲を耳にしたり、ベック・ボガート&アピスがカバーした『スーパースティション(迷信)』がカッコよくて、その作者がスティーヴィーだと知ったりしたことで目覚めた感じです。
スティーヴィーは初期のころからドラムを叩いたりシンセベースを使ったりとマルチプレイヤーで、アレンジやプロデュースもこなすし、若くしてそれだけの才能を発揮できていることにすごく魅かれて。メッセージ性のある曲も多いし、本物のアーティストというのはここまで凄いんだなって痛感しました。

Q2.櫻井さんにとって「音」や「音楽」とは?

人生ですかね。僕は小学校3年のときに祖母をガンで亡くし、5年生のときには母もガンを患ったことから、もしかしたら母も亡くなってしまうかもしれないと覚悟を決めて、家事を全部できるようにしたんです。
同時に、命はいつか亡くなるものだから、自分が好きなことをやり続けるのが大切だと気がつきました。それが仕事になれば一番いいんだなと考えたときに、体育、音楽、美術という好きな科目の中で、音楽だったら死ぬまでできるんじゃないかと思って。それを極めて形にして、さらに人に喜んでもらえれば、人の役に立つ仕事になるわけだし。だから高校受験のときは一番うまいバンドがいる学校を偵察したりしました。
カシオペアでデビューしたのは大学在学中でしたが、卒業するころにはすでに海外進出を果たしていたので、これはもう就活するまでもないなと。そのまま今に至る感じです。だから音楽は僕の生き方、自分の人生そのものだと思っています。

櫻井哲夫

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

音楽って“音を楽しむ”のが正解だと僕は思っていて、講師をしている大学でもそういうことを教えているんですが、練習してうまくなることが目標みたいな感じになって“音を遊ぶ”という価値観を持ってない人がいることに気がつきました。音楽ではなく、音学してる人が多いのです。
勉強する素材の収集と、それを蓄積させて整理させることに時間を費やすのも必要だけど、それが全てになっちゃったら、図書館みたいになるだけなんじゃないの?って。練習するときも決まったことだけやるのでは、閃きとか遊びとか出てこないんじゃないのって。そういうことを後輩に伝えています。
だから「音遊人」って字を見ると“僕みたいだな”って思いますね。

Q4.楽器や音楽をやっていてよかったことは何ですか?

やっぱり成長することですかね。自分で成長を感じたときに、すごくよかったなと思います。あと、自分たちが楽しんで演奏して、それを聴いてくれる人も楽しんでくれると、自分たちの楽しさも倍増しますね。
1980年代にカシオペアでワールドツアーをやったことはものすごい思い出になっていて。自分たちがベストを尽くしてやったことをどこの国でも喜んでもらえる、そんな瞬間をコンサートでは体験できるじゃないですか。そうなると自分一人の喜びじゃないんです。みんなが喜んでくれているっていうのを味わえるのは、何ものにも代えられないですね。

櫻井哲夫〔さくらい・てつお〕
ベースという楽器を使って自己実現を追求。リーダー活動は、ソロ・ライブ、櫻井哲夫バンド、Jacoトリビュート・ライブ。1976~1989年カシオペア、1990~1998年JIMSAKUのメンバーとして活動。1999年以降ソロ・アーティストとして海外にも活動の輪を広げる。後進の育成として、昭和音楽大学の講師も務める。2021年、向谷実、神保彰とともに“かつしかトリオ”結成。2023年秋にフルアルバムを発売し、10~11月に「かつしかトリオ LIVE TOUR 2023 出発進行!」開催。
オフィシャルサイト

photo/ 坂本ようこ

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小林愛実さん「理想の音を追い求め、一音一音紡いでいます」

16056views

音楽ライターの眼

ベートーヴェン生誕250年に歌曲の魅力に触れる

2168views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

自宅で一流アーティストのライブが楽しめる自動演奏ピアノ「ディスクラビア エンスパイア」

56861views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

25431views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

17060views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

9078views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12294views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6778views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11167views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1684views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5724views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24984views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4469views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9943views

音楽ライターの眼

連載28[ジャズ事始め]渡辺貞夫が暗黒に覆われたニューヨークから日本へ持ち帰ったものとは?

1992views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

29229views

if~

われら音遊人

われら音遊人:まだまだ現在進行形!多くの人に曲を届けたい

1029views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

7444views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

22285views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4512views

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぼう電子ピアノ「クラビノーバ」3シリーズ

2685views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13603views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9833views