Web音遊人(みゅーじん)

ジェフ・ベックとレミー・キルミスター(モーターヘッド)、1986年の“幻”の共演

ジェフ・ベックのシングル「ワイルド・シング」がレコード店の店頭に並んだのは、1986年の初夏だった。

トロッグスが1966年に発表、ジミ・ヘンドリックスがカヴァーしてギター・アンセムとなったこの曲だが、ジェフはまさにワイルドに弾きまくり、自らヴォーカルも取っている(ただしヴォコーダーを通して)。

クラウス・ノミ風の奇妙なメイクをした人物(性別不明)をジャケットにしたイギリス盤に加えて、”来日記念盤”として文字のみのジャケットの日本盤も発売されたこのシングルの前年にはアルバム『フラッシュ』が発表されているが、まったく別のレコーディング・セッションで録音されたもの。1986年の春、ロンドンのオデッセイ・スタジオで、アラン・シャクロックでレコーディングした音源である。

ボックス・セット『ベッコロジー』(1991)に収録され、現在でもCDやストリーミングで聴くことができるジェフ版「ワイルド・シング」だが、あまりよく知られていないのは、この曲が実はモーターヘッドのレミー・キルミスターとのコラボレーションになるはずだったことだ。

ジェフとレミーの最初の接点については、明らかになっていない。1960年代後半、ジェフはヤードバーズ~ジェフ・ベック・グループのスターだった。 一方のレミーはセミプロ・ミュージシャンで、ジミ・ヘンドリックスのローディーをしていたときにジェフと面識があったかもしれないが(ジェフとジミは友人で、よくロンドンのクラブ「スピークイージー」で飲み交わしていた)、まだ格差があった。モーターヘッドのファースト・アルバム『モーターヘッド』(1977)はジェフが共同オーナーだったケント州のエスケイプ・スタジオでレコーディングされているが、レミーは「ジェフ・ベックが来ないかなと期待していたけど、来なかった」と語っている。

ただ、彼らが友人になるまでに、さほど時間は要しなかった。1980年代前半には、ロンドン界隈のパーティーで話しこむ2人の姿がしばしば目撃されている(1985年、ヴァージン・メガストアのリニューアル・パーティーでは中指を突き立てる2人の写真が撮影されている)。

ジェフ・ベック:孤高のギタリスト[上][下](ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)

そうして持ち上がったのが、2人のコラボレーションだった。筆者(山崎)との取材で、ジェフはこう語っている。

「『ワイルド・シング』は史上最高のヘヴィ・メタル・ソングだ!……と盛り上がって、一緒にレコーディングしようって話になったんだ」

ただ、両者とも世界をツアーする多忙なミュージシャンのため、スケジュールの調整は困難を極めた。ジェフは自分のギターを録音済みだったため、単独名義のシングルとして発表することになった。

レミーはこの出来事について、筆者に残念そうに話していた。

「ツアーから戻ってきたら、ジェフが単独で出していたんだ。ガッカリしたよ」

なお、ジェフとレミーがデイヴ・エドモンズを加えてアルバムを作るという話もあった。この顔ぶれだとジェフがビッグタウン・プレイボーイズと共演した『クレイジー・レッグス』(1993)、あるいはレミーがスリム・ジム・ファントム、ダニー・B・ハーヴェイと組んだザ・ヘッド・キャットのようなロカビリー色の濃いサウンドになっていたと思われるが、こちらも実現しなかったのが残念でならない。

それでもレミーが諦めたわけではなく、晩年に制作していたソロ・アルバムにジェフを参加させようとしていた。2011年、ロンドンで行われたオレンジ・アンプのパーティーで、彼はこう語っていた。

「今日はジェフも来ているはずなんだ。もう3年も追いかけているし、今日こそは逃がさない!」

レミーのソロ・アルバムにはデイヴ・グロール、ジョーン・ジェット、スキン(スカンク・アナンシー)らが参加することになっており、一部レコーディングも行われていたが、彼が2015年12月28日に亡くなったことで作業が中止。発表には至っていない。

ジェフは筆者にこう語っていた。

「レミーとは冗談を言い合う仲で、ぜひ一緒にやってみたかったんだけどね。それがもう実現しないのは残念だ。彼の魂が安らかに眠ってくれることを祈るよ」

ジェフ・ベックとレミー・キルミスターという、それぞれ異なった個性で世界中のファンを魅了してきたアーティストの共演は、”夢”に終わってしまった。 果たし得なかったロックンロール・ドリームに、我々は想いを馳せるしかない。

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

東儀秀樹インタビュー - Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:東儀秀樹さん 「“音で遊ぶ人”といえば僕のことでしょう。どのような楽器の演奏でも、楽しむことだけは忘れません」

11249views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#012 1960年代のジャズ乱世を予見した“短調の名作”~ケニー・ドーハム『静かなるケニー』編

1255views

REVSTAR

楽器探訪 Anothertake

いまの時代に鳴るギターを目指し、音もデザインも進化したエレキギターREVSTAR

5970views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

1826views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7629views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

5311views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23624views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9118views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8322views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4326views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4716views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29539views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13219views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8322views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.14

2838views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7382views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10467views

ヤマハギター50周年を機にアコースティックギターのFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギターFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

19445views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

14221views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5258views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

55258views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7362views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29539views