Web音遊人(みゅーじん)

グランドピアノを思わせるはなやかな音色が再現できるハイブリッドピアノ『AvantGrand(アバングランド)』は、さまざまな可能性を秘めている

あらゆる環境の人に最上のピアノ体験を提供するために、ヤマハの培った技術を結集させて作り上げたというハイブリッドピアノAvantGrand(アバングランド)。グランドピアノのアクションによる鍵盤のタッチや、ペダルのフィーリング、また楽器の共鳴など、さまざまな面でグランドピアノを弾いているような感覚をもたらすように創意工夫がなされている。

2019年、アバングランドのシリーズ発売10周年を記念して、ピアニストの岩崎洵奈によるコンサートが全国で開催。8月31日にはヤマハ銀座コンサートサロンで開催され、究極のアバングランドといわれる『N3X』によるコンサートが行われた。

プログラムはショパンの「黒鍵のエチュード」「幻想即興曲」「バラード第1番」、ツェルニーの「ウィーンのシューベルトのテーマによる華麗なる変奏曲」、ドビュッシーの「アラベスク」、モーツァルトの「ピアノ・ソナタ第13番第1楽章」、リストの「愛の夢」、バラキレフの「イスラメイ」という非常にバラエティに富んだもの。ヤマハのフルコンサートグランドピアノ『CFX』をサンプリングしたという音色から始まり、途中でベーゼンドルファー『インペリアル』の音色に変換され、ウィンナトーンも楽しめるという楽器の特性が生かされ、異なった響きでさまざまな作品を聴くことができた。

岩崎洵奈は、ウィーン在住のピアニスト。演奏の合間には楽器の特性や作品に関してのトークを交えながら、CFXの華やかで表情豊かな響きをじっくりとうたわせ、楽器を自由自在に奏でていく。「とても打鍵が自然で弾きやすい。信頼できます」と語っていたが、まさに自分の楽器のように親密感を抱きながら演奏している姿が印象的だった。

8月31日ヤマハ銀座コンサートサロンでの様子

アバングランドはタッチも音の立ち上がりも、実にナチュラル。音はのびやかで、ゆったりとうたうよう。繊細さやダイナミクスもごく自然に表現され、弱音も印象に残った。こうした楽器の場合、強音は得意だが、弱音はちょっと苦手という場合が多いが、アバングランドの弱音はしなやかでやわらかい。

これはピアノが弾ける人なら、ぜひ実際に弾いてみたいと思うのではないだろうか。私も、できることなら鍵盤に触ってみたいなと思いながら聴いていた。

自宅ではヘッドホンを使用すれば深夜でも気兼ねなく演奏でき、場所もそんなに広さを必要としない。アコースティックピアノと電子楽器の両方の技術が搭載されているわけだから、可能性は無限である。

岩崎洵奈は、アンコールにシューマンの「献呈」を演奏した。これは私が大好きな曲である。ショパンの「ノクターン第20番」や「小犬のワルツ」も演奏。でも、私の心の奥には、「献呈」のゆったりとした美しい主題がいつまでも残っていた。アバングランドで聴く「献呈」――豊かな歌心に満ちた演奏だった。

※一番上の画像は、7月15日に開催されたヤマハミュージック横浜店での様子

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤井フミヤさん「音や音楽は心に栄養を与えてくれて、どんなときも味方になってくれるもの」

6968views

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラム・プレイ、若き俊英のピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

音楽ライターの眼

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラムプレイやピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

3432views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

8530views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

58515views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

13793views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

6915views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

7735views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3056views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

7443views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1283views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

4904views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15387views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

6718views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

16685views

音楽ライターの眼

連載9[ジャズ事始め]日本にジャズの維新をもたらした井田一郎という志士

1020views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

4084views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2336views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

9256views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2340views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2722views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

34946views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3953views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5298views