Web音遊人(みゅーじん)

仮面ライダーも串刺しに、メタルも恋に落ちた名曲、ジョー・ダッサンの「愛の挽歌」

フィンランドのヘヴィ・メタル映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』(2018年製作)が2019年12月に日本公開されて話題を呼んでいる。

フィンランドのメタル・バンド“インペイルド・レクタム”(“直腸串刺し”の意味)がノルウェーの“ノーザン・ダムネイション”フェスを目指す珍道中を描いた作品で、コアなメタル・ファンから一般の映画ファンまで幅広い層にウケている。

全編メタル音楽が使用され、映画館の暗闇でヘッドバンギングする観客も多いという本作だが、冒頭のリハーサル・シーンで演奏され、エンディング・テーマに使われている曲にオッと思った方もいらっしゃるだろう。そう、ジョー・ダッサンが1970年代半ばにヨーロッパ全土でヒットさせた「愛の挽歌 L’Ete Indien」だ。

ジョー・ダッサンは1938年、ニューヨーク生まれの歌手。父親の映画監督ジュールズ・ダッサンが“赤狩り”でアメリカを追われて一家でヨーロッパに移住、フランスでデビューしている。彼は1970年代前半、フランス語圏でスーパースターとなり、筆者(山崎)が1975年にベルギーのブリュッセルに住むようになったときは近所のスーパーでほぼ1日中彼のヒット曲がBGMとして流れていたほどだった。そのひとつが「愛の挽歌」だったのである。

しばしば“シャンソン歌手”と呼ばれるダッサンだったが、彼の名を世界に広めたのは英米などのポップ・ヒットのフランス語ヴァージョンだった。日本で最もよく知られている彼の曲は「オー・シャンゼリゼ」だが、原曲はイギリスのサイケ・ポップ・バンド、ジェイソン・クレストによる「ウォータールー・ロード」だった。ロンドンのウォータールー・ロードがいかに素敵でイカしているかを歌った原曲だが、実際に行ってみるとあまりオシャレでもないので、パリのシャンゼリゼ通りの方が曲に向いている気もする。なお「オー・シャンゼリゼ」は越路吹雪やザ・ピーナッツが日本語カヴァーしているのに加え、ダッサン自身も日本語で歌っている。

イギリスのポップ・バンド、クリスティーの「イエロー・リヴァー」を「アメリカ L’Amerique」としてカヴァーしたり、アメリカのスティーヴ・グッドマンの「シティ・オブ・ニュー・オーリンズ」を「やあ、恋人たち Salut Les Amoureux」としてヒットさせるなど、“カヴァー歌手”的な側面を持っていたダッサンが1975年に発表した「愛の挽歌」もまたイタリアのグループ、アルバトロスの「アフリカ」をカヴァーしたものだった。

アンニュイな曲調にセクシーな低音ヴォイスが映えるこの曲は「オー・シャンゼリゼ」と並ぶダッサンの代表曲となり、さまざまな歌手によってヨーロッパ各国でカヴァーされた。さらに海を隔てた日本でも、仮面ライダー1号こと藤岡弘、『Gメン’75』の岡本富士太ら、男の香りの漂うシンガー達がレコーディングしている。

それにしても現代(2018年)、『ヘヴィ・トリップ』で「愛の挽歌」がエクストリーム・メタル・ヴァージョンとなって蘇ったのは何故か?フィンランドでは1975年に歌手ダニーが「Kuusamo」というタイトルでフィンランド語カヴァー、ヒットさせているため、フィンランドの音楽ファンの魂に染み込んでいるのではなかろうか…と推測されるが、そのあたりは別途、より深く掘り下げてみたい。

ジョー・ダッサンの名前に懐かしさを感じるオールド・ファンだったら、きっと『ヘヴィ・トリップ』を楽しめるだろう。そして映画で初めて彼の曲に触れたメタル・ファンは、ダッサンのヨーロピアンな音美学に踏み込んでいただきたい。そうすることで、音楽の地平線はどこまでも拡がっていくのである。

■ムービーインフォメーション

『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』

公開日:2019年12月27日(金)より順次
場所:東京・シネマート新宿、大阪、シネマート心斎橋ほか
詳細はこちら

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人:諏訪内晶子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:諏訪内晶子さん「音楽の素晴らしさは、人生が熟した時にそれを音で奏でられることです」

10142views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.7

2778views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

77956views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

33029views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

8562views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

12225views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

3151views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2980views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

11446views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2896views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4104views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

14137views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10207views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

6890views

音楽ライターの眼

ドヴォルジャークの真の魅力に出合う一冊

1441views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

5286views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

3037views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

2926views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

1696views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2678views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

3541views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2637views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

16713views