Web音遊人(みゅーじん)

連載6[ジャズ事始め]大正バブルが日本でのジャズの普及を後押しした

1912年(明治45年/大正元年)、サンフランシスコに向かって横浜を出向した客船・地洋丸に乗り込んだ“波多野バンド”が、アメリカから流行のダンス音楽を仕入れ、その後の日本にジャズが芽生える土壌づくりに大いなる貢献を果たした――という話が前回の概要だった。

波多野バンドの演奏は、その後も太平洋航路の人気企画となり、1918年(大正7年)まで船のステージを受け持つことになる。

この時期、アメリカのホテルのラウンジやレヴュー小屋などで演奏されていたのは、「アレキサンダーズ・ラグタイム・バンド」「スマイル」「ウィスパリング」「スリー・オクロック・イン・ザ・モーニング」「レット・ミー・コール・ユー・スイートハート」「テル・ミー」「ダーダネラ」といった曲だった(YouTubeで聴けるので探してみてください)。波多野バンドをはじめ続々と太平洋航路に乗り込むことになった楽隊のメンバーたちは、こうした曲をレパートリーにしていったものと思われる。

これらの曲は“社交ダンスの伴奏曲”として知られるものだが、アメリカで流行していたボールルーム(=ダンスホール)に集う人たちにとって、ワンステップ・スタイルの単調で緩やかなリズムの踊りは時代遅れと感じられていた。

そこに登場したのが、変則的でテンポの速い“フォックス・トロット”という踊りだった。

フォックス・トロット自体は、ジャズの前身でもあるラグタイムに合わせて踊れるように考えられた振り付けで、1913年にハリー・フォックスが自らの名前を付けて発表し、全米に広がった。これにチャールストンなどが加わって、アメリカのダンス・ブームは“激しいリズムで踊る”というものが主流になり、そうした踊りのもととなったジャズの人気も高まっていくことになる。

必然的に、太平洋航路の楽隊メンバーたちは、こうしたアメリカでの“激しいダンス・ブーム”を後押ししたジャズの台頭を意識せざるをえない立場にあったというわけだ。

とはいえ、船上は“日本ではない”からこそ、“アメリカの最先端の音楽で踊る”ことが許容されていたのかもしれない。

日本に、アメリカ発で世界を席巻していたフォックス・トロット(とジャズ)がやってくるのは、1918年ごろのことだった。

最初は、洋行帰りの識者や舞踊家らが周囲の好事家に伝授するだけだったものが、大正バブルと呼ばれた第一次世界大戦時の好景気のなかで庶民の娯楽として受け入れられ、各地にボールルーム(日本ではダンスホールという呼称が一般的かな)が雨後のたけのこのように生まれることになるのだけれど、その端緒と言われるのが神奈川・鶴見の花月園だ。

この、日本の民間常設ダンスホールの草分けがオープンしたのは1920年(大正9年)。

そして翌年、すでに船の仕事を辞していた波多野福太郎率いる楽団が、アメリカ仕込みの“ジャズ”を引っさげ、「フォックス・トロットを踊れるダンスホール」を前面に押し出して、花月園に出演する。

次回は、日本で最初にジャズ演奏が常設で提供されたとされる花月園のエピソードをさらって、次なるキーパーソンの話題に移っていきたい。

参考:内田晃一『日本のジャズ史=戦前・戦後』スイング・ジャーナル社

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

石若駿

今月の音遊人

今月の音遊人:石若駿さん「音楽っていうのは、人の考えとか行動の表れみたいなものだと思う」

290views

音楽ライターの眼

オペラ、シンフォニーの指揮&ピアニストとしても活躍する沼尻竜典が第51回ENEOS音楽賞洋楽部門本賞を受賞

1478views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

23173views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

177692views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

7656views

一瀬忍

オトノ仕事人

ピアノとピアニストの絆を築く、アーティストリレーションの仕事

803views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

16173views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7454views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

11889views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

6400views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

4508views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7632views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

3308views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

11889views

エース・フレーリー

音楽ライターの眼

2018年9月、エース・フレーリーが来日。キッスの名曲オンパレードとなるか

12504views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

6044views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4872views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

26136views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

6466views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4440views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

8653views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

8388views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25654views