Web音遊人(みゅーじん)

連載6[ジャズ事始め]大正バブルが日本でのジャズの普及を後押しした

1912年(明治45年/大正元年)、サンフランシスコに向かって横浜を出向した客船・地洋丸に乗り込んだ“波多野バンド”が、アメリカから流行のダンス音楽を仕入れ、その後の日本にジャズが芽生える土壌づくりに大いなる貢献を果たした――という話が前回の概要だった。

波多野バンドの演奏は、その後も太平洋航路の人気企画となり、1918年(大正7年)まで船のステージを受け持つことになる。

この時期、アメリカのホテルのラウンジやレヴュー小屋などで演奏されていたのは、「アレキサンダーズ・ラグタイム・バンド」「スマイル」「ウィスパリング」「スリー・オクロック・イン・ザ・モーニング」「レット・ミー・コール・ユー・スイートハート」「テル・ミー」「ダーダネラ」といった曲だった(YouTubeで聴けるので探してみてください)。波多野バンドをはじめ続々と太平洋航路に乗り込むことになった楽隊のメンバーたちは、こうした曲をレパートリーにしていったものと思われる。

これらの曲は“社交ダンスの伴奏曲”として知られるものだが、アメリカで流行していたボールルーム(=ダンスホール)に集う人たちにとって、ワンステップ・スタイルの単調で緩やかなリズムの踊りは時代遅れと感じられていた。

そこに登場したのが、変則的でテンポの速い“フォックス・トロット”という踊りだった。

フォックス・トロット自体は、ジャズの前身でもあるラグタイムに合わせて踊れるように考えられた振り付けで、1913年にハリー・フォックスが自らの名前を付けて発表し、全米に広がった。これにチャールストンなどが加わって、アメリカのダンス・ブームは“激しいリズムで踊る”というものが主流になり、そうした踊りのもととなったジャズの人気も高まっていくことになる。

必然的に、太平洋航路の楽隊メンバーたちは、こうしたアメリカでの“激しいダンス・ブーム”を後押ししたジャズの台頭を意識せざるをえない立場にあったというわけだ。

とはいえ、船上は“日本ではない”からこそ、“アメリカの最先端の音楽で踊る”ことが許容されていたのかもしれない。

日本に、アメリカ発で世界を席巻していたフォックス・トロット(とジャズ)がやってくるのは、1918年ごろのことだった。

最初は、洋行帰りの識者や舞踊家らが周囲の好事家に伝授するだけだったものが、大正バブルと呼ばれた第一次世界大戦時の好景気のなかで庶民の娯楽として受け入れられ、各地にボールルーム(日本ではダンスホールという呼称が一般的かな)が雨後のたけのこのように生まれることになるのだけれど、その端緒と言われるのが神奈川・鶴見の花月園だ。

この、日本の民間常設ダンスホールの草分けがオープンしたのは1920年(大正9年)。

そして翌年、すでに船の仕事を辞していた波多野福太郎率いる楽団が、アメリカ仕込みの“ジャズ”を引っさげ、「フォックス・トロットを踊れるダンスホール」を前面に押し出して、花月園に出演する。

次回は、日本で最初にジャズ演奏が常設で提供されたとされる花月園のエピソードをさらって、次なるキーパーソンの話題に移っていきたい。

参考:内田晃一『日本のジャズ史=戦前・戦後』スイング・ジャーナル社

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

八神純子さん - 今月の音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:八神純子さん「意気込んでいる状態より、フワッと何かが浮かんだ時の方がいい曲になる」

13197views

音楽ライターの眼

戦争の苦境、郷愁誘う希望の光/小菅優&佐藤俊介デュオ・リサイタル「第一次世界大戦とクラシック音楽~作曲家に想いを馳せて~」

1586views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

25488views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

19396views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7582views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

8066views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17524views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6552views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8275views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7740views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8371views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24887views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10986views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8275views

音楽ライターの眼

ショパンのマズルカは、ピアニストにとって特別な意味をもつ魅力的な作品

20112views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

24245views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10373views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5809views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

4254views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4685views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

177338views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10559views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24887views