Web音遊人(みゅーじん)

齊藤健太 × 馬場智章 Special Saxophone Night

クラシックとジャズの若き俊才サックス奏者、待望の初共演が実現!/齊藤健太 × 馬場智章 Special Saxophone Night

クラシックとジャズの垣根を越えたファンの夢は、この日、現実となった。それぞれの音楽界が注目する俊才、齊藤健太と馬場智章の豪華共演。当初は2022年12月3日に開催予定だったが、出演者の体調不良で延期。それから約2か月後の2023年1月29日、ついにヤマハホールの舞台が整った。

齊藤健太 × 馬場智章 Special Saxophone Night

齊藤と馬場が各々ソロを披露

クラシックの齊藤は、2019年に難関アドルフ・サックス国際コンクール(第7回)で優勝を飾り、ソロ、室内楽、協奏曲と多忙を極める真っ只中。ジャズの馬場も、アメリカの名門バークリー音大に全額奨学生として留学後、多くの録音やイベントに引っ張りだこ。2022年には、大ヒット漫画を映画化した『BLUE GIANT』の主人公の演奏部分を、国内外の名手が集まったオーディションで満場一致で射止めたことでも話題になった。

そんな彼らは同年代でお互いに意識し合っていたが、楽器のメンテナンス担当者が同じという縁で昨年4月に邂逅。奏法や音楽の作り方の違いを知りたいという思いからやりとりが始まり、今回の共演に繋がったそうだ。 この夜の前半は、齊藤と馬場が各々ソロを披露した。

最初に登場した齊藤は、ピアノのAKIマツモトと共に、J.S.バッハの『フルートと通奏低音のためのソナタ(BWV.1035)』を演奏したが、ふくよかな桜のような原曲とは異なる、筋が通って情味も備えた梅のような音世界を聴かせてくれた。 続いては、馬場による5曲。まずは、無伴奏曲の棚田文紀『ミステリアス・モーニングⅢ』を圧巻の超絶技巧で一気に駆け抜けた後、ピアノの壷阪健登が加わり、陽気で洒脱なモンク『Four in One』と、淡くノスタルジックなグリーン『Body and Soul』、馬場の自作曲で、夜の高速道路のように研ぎ澄まされた『Low Altitude Flight』を披露。以上約25分の演奏時間で夜明けから深夜までの一日が走馬灯のように展開されていたのが圧巻だった。

後半は、馬場がこの日のために書き下ろした新曲

齊藤健太 × 馬場智章 Special Saxophone Night

冒頭の『Over The Hill』は、齊藤、馬場、壷阪に、ベースの小川晋平とドラムの小田桐和寛が加わった五重奏で、トリを飾った『UNTITLEÐ』は、さらにマツモトがピアノで加わり、壷阪がキーボードに弾き替えての六重奏。前半に比べて音色とリズムのパレットが格段に増加したこともあり、シャープな齊藤と天衣無縫な馬場の対照が際立ちつつ、時に絶妙なマリアージュも見せながら、まさに曲名通り「UNTITLEÐ=無題」の新たな地平がどんどん広がってゆく。そして同じく馬場の新作で、アンコールに置かれた『Journey to Home』の優美な歌と掛け合いの数々。以上3曲とも終演後に贈られた割れんばかりの大喝采は、その感動刷新に対する衝撃と感謝だけでなく、一日も早い再共演を願う聴き手たちの祈りの大合唱のようだった。

齊藤健太 × 馬場智章 Special Saxophone Night

 

渡辺謙太郎〔わたなべ・けんたろう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。音楽雑誌の編集を経て、2006年からフリー。『intoxicate』『シンフォニア』『ぴあ』などに執筆。また、世界最大級の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のクラシックソムリエ、書籍&CDのプロデュース、テレビ&ラジオ番組のアナリストなどとしても活動中。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 横山剣

今月の音遊人

今月の音遊人:横山剣さん「音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも」

8196views

音楽ライターの眼

連載5[多様性とジャズ]“スキャットの誕生”に見え隠れするジャズが求めた多様性

1906views

楽器探訪 Anothertake

ナチュラルな響きと多彩な機能で電子ドラムの可能性を広げる、新たなフラッグシップモデルDTX10/DTX8シリーズ

4258views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

45998views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13017views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

5821views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11121views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8892views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21710views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11241views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5154views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9574views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13017views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13419views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#008 常識破りの音数の少なさが“ジャズの気分”に風穴を開けた~セロニアス・モンク『セロニアス・ヒムセルフ』編

1820views

アカネキカク akaneさん

オトノ仕事人

楽曲のイメージをもとに、ダンスの振りを考え、演出をする/振付師の仕事

1839views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

9025views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

6935views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13893views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8162views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

37757views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6630views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9574views