Web音遊人(みゅーじん)

【プレゼント】質感と体温のある音楽を生み出す 音楽プロデューサーの信念を読み取る書/音楽と契約した男 瀬尾一三

中島みゆき、吉田拓郎、長渕剛、德永英明など100組以上のアーティストを手がけてきた音楽プロデューサー・編曲家・作曲家、瀬尾一三。その、半世紀にわたる仕事の詳細を語った『音楽と契約した男 瀬尾一三』が発表された。

アーティストの作品をリスナーに届けられる形に仕上げていく音楽プロデューサー。さまざまある仕事のひとつがイントロ作りだ。『「いちご白書」をもう一度』『壊れかけのRadio』『糸』など、瀬尾の生み出した印象的なイントロは、時代を越え、作品とともに多くの人の耳に残っている。たとえば『糸』のイントロはどのように生まれたのだろう。
「この曲を聴いたとき、天女が天から糸を垂らしているというイメージが浮かびました。それで天上を思わせる笙の音から入ったのですが、それだけでは和にいきすぎるので、次のアルペジオではハープを使いました」
イントロから歌へ、聴き手はどんどん引き込まれていく。こうした音作りの際、瀬尾は歌の世界をまず映像化するのだという。イメージの源泉のひとつが、幼い頃、祖父をとおして長唄や浄瑠璃、浪曲、旅芸人の芝居や大衆映画などに日常的に触れていた経験。「それが役立っていることに気づいたのは、この仕事を始めてしばらくしてからでした」と振り返る。

そんな瀬尾が一貫してこだわるのが、演奏者たちがスタジオに入って全員で演奏する音を録る同時録音。技術の変遷とともに録音手法も大きく変化するなか、瀬尾のスタンスは変わらない。
「僕はずっと一発録り。生の演奏には、ミュージシャンの個性、それぞれが描く作品への思い、たがいに聴き合って演奏するから生まれる熱がある。僕がそれを求めているので、ミュージシャンもエンジニアも、僕の周りはみんな一発録りができる人たちです」
「何百年も経たロンドンやパリの街並みのような質感が、音楽にほしい」と語る瀬尾。アナログにしかない質感や体温を求め続ける姿勢に、プロデュースの真髄を見る思いだ。

終章には、松任谷正隆、山下達郎、亀田誠治、萩田光雄との貴重な対談も掲載。3作のCD『時代を創った名曲たち~瀬尾一三作品集』とともに、瀬尾ワークスが俯瞰できる本書。音楽制作に携わる人はもちろん、ジャンルを問わず、音楽ファンなら誰もが引き込まれる必読書だ。

 

瀬尾一三(せお・いちぞう)

兵庫県出身。音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『貘』をリリース。同年、吉田拓郎と『LIVE’73』を共同プロデユース。その後、中島みゆき、長渕剛、德永英明ほか100を超えるアーティストの作品を手がけ、中島みゆきにおいては『夜会』『夜会工場』すべてをプロデュースしている。

■ブックインフォメーション

『音楽と契約した男 瀬尾一三』

著者:瀬尾一三
発売日:2020年2月10日
発売元:ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
価格:2,500円(税抜)
詳細はこちら

●書籍プレゼント

抽選で3名様に『音楽と契約した男 瀬尾一三』をプレゼントします。
ご希望の方は下記「応募はこちら」ボタンからご応募ください。
応募締切:2020年3月18日(水)23:59
当選発表:賞品の発送をもって代えさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
応募はこちら

■アルバムインフォメーション

『時代を創った名曲たち3~瀬尾一三作品集 SUPER digest~』

発売日:2020年1月8日
発売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
価格:2,778円(税抜)
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤井フミヤさん「音や音楽は心に栄養を与えてくれて、どんなときも味方になってくれるもの」

6675views

いい音楽に巡り会えたら、自然に言葉があふれ出す―珠玉のエッセイ集『音のかなたへ』

音楽ライターの眼

いい音楽に巡り会えたら、自然に言葉があふれ出す―珠玉のエッセイ集『音のかなたへ』

3248views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

10256views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

5147views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

7232views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

19987views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

2707views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4994views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

8054views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

3800views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

3508views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17552views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

5778views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4361views

ジャズとクラシックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズとクラシックの距離を測るための極私的な指標について

1630views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3219views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

4417views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

32740views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

7389views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

4240views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

602views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3664views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5015views