Web音遊人(みゅーじん)

2020年2月、トニー・ハドリーが来日。スパンダー・バレエの名曲の数々を歌う/2020年2月23日、ビルボードライブ東京

2020年2月、トニー・ハドリーが来日公演を東京・大阪のビルボードライブで行った。
“plays Greatest Hits and more”と題された今回のステージ。もちろん軸となるのは1980年代、スパンダー・バレエ時代のクラシックスの数々だ。さらにソロ・ナンバーやカヴァー曲も交えながら、新旧ファンが楽しめるライヴを披露した。東京公演は2月23日、1日2回公演が行われたが、本記事では1stステージをレポートする。

バンドのメンバー達がぞろぞろステージに上がり、最後にトニーがその193センチの長躯を現すと、大きな歓声が沸き上がる。そしてMCもなく1981年のヒット曲「早い話が(To Cut A Long Story Short)」のシンセ・イントロが鳴り響くと、会場全体が約40年前にタイムスリップしてしまった。

「ハイリー・ストラング」「ふたりの絆 (Only When You Leave)」「ラウンド・アンド・ラウンド」など、往年の名曲がオールド・ファンの涙腺を緩ませる。トニーの声のハリと伸び、そしてありったけのエモーションはまったく衰えることがなく、パーカッションを叩くフリをしたり、ちょっとしたムーヴも絶好調だ。「スパンダー・バレエの曲で一番のお気に入りだ。カンパイ」という一言から始まった「スルー・ザ・バリケーズ」のヴォーカルには、場内が一瞬静まりかえってしまうほどの情感が込められていた。

おそらく生涯“元スパンダー・バレエ”という看板が付きまとうだろうしトニー自身、それを拒んでもいないが、彼は現在進行形のアーティストでもある。ソロ・アルバム『トーキング・トゥ・ザ・ムーン』(2018)から「キラー・ブロウ」「トゥナイト・ビロングス・トゥ・アス」が歌われ、“今”のトニーの音楽の魅力を再認識させた。

2012年の来日時にはかつての“ライバル”バンド、デュラン・デュランの「リオ」、そしてキラーズの「サムボディ・トールド・ミー」などのカヴァーが飛び出してファンを驚かせたが、この日は1曲のみ。クイーンの「愛にすべてを(Somebody To Love)」はやはり2012年にも演奏されたが、今回もハイライトのひとつとして、大きな盛り上がりを生み出していた。

トニーのバックを務めたのはリリー・ゴンザレス(パーカッション)、ティム・バイ(ドラムス)、ショーン・バリー(キーボード)、フィリップ・ウィリアムス(ベース)、リチャード・バレット(ギター)というラインアップ。

リリーは随所でソウルフルなヴォーカルも聴かせ、「スルー・ザ・バリケーズ」ではトニーとのデュエットで曲にさらなる深みと拡がりをもたらしていた。バンド全体がエゴを主張することなく、トニーを最高の形でバックアップする。後半戦の「インスティンクション」「チャントNo.1」のような本来ファンキーなナンバーでのギターのカッティングやブリブリのベースなどが抑えめになっているのが気になったが、“トニー・ハドリーのショー”という本ライヴの性質からして、それが正解なのだろう。

そして、この日の最大のハイライトはやはり「トゥルー」だ。トニーは「この曲で結婚した人もいるし、この曲でキスをした人もいる」と紹介していたが、会場にいる1人1人に、この曲にまつわる思い出があるに違いない。サックス・ソロがギターに差し替えられるなど、ライヴならではの変化があったが、“ハーハハッ、ハ〜ハ〜ッ”という永遠の名コーラスは時代を超えて歌われ続ける。観客の多くにとって“お目当て”であるこの曲は、場内に昂ぶりをもたらしてくれた。

再びソロ作から順調なビートの「エヴリタイム」を挟んで、ショーの最後は「ライフライン」「ゴールド」の2連打で締め括る。どちらもスパンダー・バレエのヒット曲であり、1980年代を象徴するポップの名曲だ。「ライフライン」では“live and let live in love”というコーラスの最後に“live and let die…”と『007/死ぬのは奴らだ』へのオマージュを入れたり、「ゴールド」の終盤に「ジェームズ・ボンドのテーマ」を挿入するなど、 007小ネタの連打も、ライヴのクライマックスをさらにヒートアップさせた。

新型コロナウィルスの脅威が忍び寄る中、 1980年代ならではのポップで楽しく、時に切ないメロディの数々で日本の音楽ファンの心に灯りを点してくれたこの日のライヴ。わずか5日後、ビルボードライブ東京および大阪における全公演を中止という決定が下された。本記事執筆の時点では2020年3月11日まで臨時休業とのことだが、それまで我々は「トゥルー」のコーラスを口ずさみながら待っていよう。そして、お店の復活のあかつきには、ぜひまたトニーにも戻ってきていただきたい。

2012年の来日時のインタビューはこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石丸幹二さん「ジェシー・ノーマンのような表現者になりたい!という思いで歌の世界へ」

4152views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

7446views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

20874views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

24129views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5781views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

2272views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

2732views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

5499views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

7463views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

4588views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

2543views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5044views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

3289views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

8087views

音楽ライターの眼

連載7[ジャズ事始め]民間初の常設舞踏場が担った日本のジャズ文化発信

932views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

12789views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2111views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

7443views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

3964views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2361views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

5166views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2858views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17621views