Web音遊人(みゅーじん)

ウィグモア・ソロイスツ・コンサート

変幻自在の表現力、至福のアンサンブル/ウィグモア・ソロイスツ・コンサート

音楽は人を幸せにする。2023年9月7日、ヤマハホールでの「ウィグモア・ソロイスツ・コンサート」。英国ロンドンの名門コンサートホールの名を冠したウィグモア・ソロイスツの来日公演だ。英クラリネット界の重鎮マイケル・コリンズ、オランダ出身のバイオリン兼ビオラ奏者イザベル・ファン・クーレン、2018年第10回浜松国際ピアノコンクール第1位のトルコ人ピアニスト、ジャン・チャクムルの3人。変幻自在の表現力で至福のアンサンブルを聴かせた。

三者三様の個性の組み合わせが創り出す別世界

独奏者(soloist)を複数形にした楽団名の通り、三者三様の強烈な個性だ。ほかの楽器の演奏家もいて、いろんな組み合わせができる可変室内楽アンサンブルという。今回来日した3人が様々な組み合わせで二重奏や三重奏をすると、それぞれ異なる世界が出現した。

1曲目はベートーヴェンの『バイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調「春」Op.24』。第1楽章の冒頭ではクーレンのバイオリンが弱くかすれがちに思えたが、展開部から個性が際立ってきた。ビオラ奏者でもあるせいか、中音域が倍音豊かに大らかに聴こえる。その素朴な味わいが分かると、彼女のバイオリンの魅力に引き込まれていく。チャクムルのピアノは自らの個性を力みなく淡々と示しつつ、相手の魅力を引き出す演奏だ。

ウィグモア・ソロイスツ・コンサート

白眉は第2楽章アダージョ・モルト・エスプレッシーヴォ。これほど静かに美しい「春」の緩徐楽章を聴いた記憶はあまりない。ピアノの穏やかなアルペジオに乗って、バイオリンがなだらかな丘陵地のような旋律を柔らかい音色で奏でる。第1楽章の旋律で有名な「春」だが、第2楽章の歌の魅力に改めて気付かされた。

2曲目は別世界。コリンズが加わり、ハチャトゥリアンの『バイオリン、クラリネットとピアノのための三重奏曲 ト短調』を演奏した。この作曲家らしいジョージアとアルメニアの民族色に満ちた作品だ。クーレンは打って変わってオリエンタルな超絶技巧風のバイオリンを聴かせる。コリンズのクラリネットはホルンのように雄大に響いたり、速いフレーズで濃厚に異国情緒を印象付けたり、コーカサス地方の民族色が怖いほど伝わってきた。

コリンズとチャクムルによるプーランクの『クラリネット・ソナタ』では、また雰囲気が変わり、俊敏なデュオで諧謔や都会の喧騒を表した。プーランク最晩年の作品だが、コリンズのクラリネットはユーモアと遊び心も交え、温かい人情味も感じられた。

ウィグモア・ソロイスツ・コンサート

作品解釈と選曲の可能性が広がる可変室内楽

後半はクーレンが楽器をビオラに替え、新たな魅力を聴かせた。ブルッフの『8つの小品Op.83』から選曲した「第5、6、7、8番」では、3人の抒情的な表現を堪能できた。特に短調と長調が変転する第6番『夜の歌』では、クラリネットとバイオリンが薄明りのような音色の対話を繰り広げて印象深かった。

ウィグモア・ソロイスツ・コンサート

 

最後はモーツァルトの『ピアノ、クラリネットとビオラのための三重奏曲 変ホ長調「ケーゲルシュタット」K.498』。コリンズとクーレンが初共演したこだわりの曲だ。バランスよく明快なアンサンブルで、音楽の楽しさを実感する至福の時間となった。

作品の解釈と選曲の可能性が広がる可変室内楽アンサンブル。ウェルビーイング(心身の健康や幸福)の新時代にふさわしい清新の演奏芸術を今後も期待したい。

ウィグモア・ソロイスツ・コンサート

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社チーフメディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。クラシック音楽専門誌での批評、CDライナーノーツ、公演プログラムノートの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

16753views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.13

2623views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

5019views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

55031views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16985views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

8324views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13920views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9055views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19222views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4824views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5768views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24893views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8491views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

22144views

アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル

音楽ライターの眼

その夜、《ゴルトベルク変奏曲》はフランス語で”演じられた”/アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル

5339views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

6778views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4897views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9623views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6938views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8256views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

26255views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10560views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9746views