Web音遊人(みゅーじん)

そのとき湧き出た感情をシンプルに音にする、二度と同じ弾き語りはありません/大塚 愛インタビュー

ポップ・シーンのフロントラインを走りながら、つねに偽らざる心の内をメロディと言葉に乗せてきたシンガーソングライター、大塚 愛。2020年3月にはライブでのピアノ弾き語り音源を集めた楽譜付きアルバム『Aio Piano Arioso(アイオピアノアリオーソ)』をリリース。さらに最近、アニメの主題歌やヒット曲をピアノでカバーした動画をSNSに投稿して話題を呼んでいる。
▶大塚 愛Twitter  https://twitter.com/ai_otsuka99

「私は短大で保育科を専攻していたのですが、実習で幼稚園に行って、子どもたちの好きな曲をピアノで弾くと、みんながわーっと集まってきて歌ったりジャンプしたりする、あの感じが大好きでした。今でも、ピアノを習っている娘やその友だちが練習している曲を、その場で耳でコピーして弾いてみると“すごーい!”と喜んでもらえたり。そうやって、子どもだけでなく大人も“この曲いいよね!”と盛り上がることができたらいいなと思って投稿しています」

『Aio Piano Arioso』には、これまでのライブの中から、ファン投票によって選ばれた10曲のピアノ弾き語り音源が収録されている。ファン投票ならではのチョイスでシングルのB面曲が入っていたり、野外ライブでは歌のバックで鈴虫が合唱していたり、大塚とファンとのあたたかい思い出がつまった一枚だ。

「私の曲はアッパーなものからバラードまで本当に一貫性がないので、ファンの皆さんの層も、ファンの皆さんが好きな曲もバラバラ、というのが私にとって理想ではあります。ピアノ弾き語りはデビュー当時からやっていますが、“弾き語りで聴くとグッとくるよね”といった感想を多くいただいているのがひとつの結果なのかなと。最近のライブではずっとアッパーな曲で盛り上がっていることが多いので、落ち着いて聴ける時間になっているんじゃないでしょうか」

たしかにバンドや打ち込みのサウンドで作られた曲も、ピアノ弾き語りで歌われるとまったく違う表情が見えてくる。たとえば  『ごめんね。』は原曲ではクールなアレンジだが、弾き語りではよりエモーショナルな部分が際立つ。
「ピアノにアレンジするときはいつも思いつきで、頭の中で鳴った音をピアノでそのまま再現しています。パッとイメージが浮かばない曲は、ピアノで演奏しない方がいい曲なのかなと。逆にイメージさえ浮かべば、どんなにアッパーな曲もピアノに落とし込むことができます。“もっとドラマティックにしよう”“ここでためる感じにしよう”とかは一切考えませんね。そうやってあれこれ計算することに嫌悪感を抱いてしまうんです。ちょっと相手に対して媚びているようで。そのとき湧き出た感情をシンプルに音にする、ウソをつかずに出した方が、自分としては気持ちを込められる。だから、同じ曲でも弾くたびに違います。二度と同じ弾き語りはありません。もっとも、私は飽き性だからというのもありますけれど」

大塚 愛 ai otsuka / ごめんね。(LOVE FANTASTIC TOUR 2014) ライブ映像

大塚にとってピアノとは、自身の内なる世界に浮かんだ表現を、外の世界に伝えるうえで欠かせないツールであると言えるだろう。しかし、そんな彼女もピアノをはじめた当初は、その魅力に気づくことができなかったという。

「4歳からクラシックのピアノを習い、その後、エレクトーンやドラムも入ったグループ活動ではボサノヴァやタンゴなども弾いていました。クラシックがあまりにダメだったのでジャズに行ってみようとしたことも……。子どもの頃はクラシックの面白さが見出せず、曲から情景を思い浮かべることがどうしてもできませんでした。“この曲は、どんな曲なんだろう?”というのがわからないと、当然興味も湧かず、練習も全然しなかった。けれどあるとき、西村由紀江さんの弾くピアノを聴いて、ぱーっと情景が思い浮かんだのです。もともとドラマを見るのが大好きだったので、多くのドラマのサントラを書いている西村さんに学ぶところは多かったですね。“ああ、なるほど。ピアノってこういう風に弾くと面白いんだな”という発見をしてからは、真面目に練習するようになりました」

音楽だけでなく絵の才能にも恵まれ、みずから編集した映像に静謐なインストゥルメンタルのピアノを合わせたショートフィルムをSNSに投稿したりと、新しい顔を次々と私たちに見せてくれる大塚。マルチなクリエイターとして、大人の女性として、そしてシンガーソングライターとして、深みを増していく彼女の今後が楽しみだ。

■アルバムインフォメーション

楽譜付きLIVEピアノ弾き語り作品集
『Aio Piano Arioso(アイオピアノアリオーソ)』

発売元:avex trax
発売日:2020年3月11日
価格:3,600円(税抜)
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:川口千里さん「音楽があるから、ドラムをやっているから、たくさんの人に出会うことができて、積極的になれる」

6839views

音楽ライターの眼

ブルース・ホーンズビーが“スパイク・リー三部作”で新たなる飛躍へ

1913views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

7121views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

53369views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

11856views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

43393views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13684views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7058views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10846views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11118views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5086views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28598views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9187views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21555views

音楽ライターの眼

連載17[ジャズ事始め]上海がアジアにおけるジャズのホット・スポットであった歴史的事実とアジア・ジャズの関係性を解いてみる

2711views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

15816views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8335views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

11330views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12776views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4613views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

16823views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2615views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9423views