Web音遊人(みゅーじん)

没後25年、アイルランドのギター・ヒーロー、ロリー・ギャラガーの魂の炎は燃え続ける

アイルランド出身の熱血ギター野郎、ロリー・ギャラガーが世界的な再評価を受けている。

1995年6月14日、ロリーが47歳で亡くなってから、2020年で25年の月日が経とうとする。だが、その音楽は今もなお世界の音楽ファンの心を揺さぶり続ける。

ロリーの音楽は、虚飾と無縁のものだった。ボロボロに塗装の剥げたフェンダー・ストラトキャスターから弾き出されるブルース、ロックンロール、フォークなど、ありったけの魂を込めた生のサウンド。「いれずみの女」では旅するサーカスの曲馬団、「フィルビー」ではソ連に寝返った英国諜報部高官、「コンチネンタル・オプ」ではレイモンド・チャンドラーの私立探偵、「キッド・グラヴズ」では八百長の負け役を命じられたボクサーなど、男の哀感が描かれてきた。そのファッションもチェックのシャツとジーンズ、作業靴という、洒落っ気のない素朴なものだった。

そんなロリーが絶大な支持を得たのは、そのライヴの凄さによるものだった。1960年代、彼の率いるバンド、テイストは、クリームやジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの後継バンドとして絶賛された。ソロに転向した彼のワールド・ツアーは行く先々で熱狂を呼び、ライヴ・アルバム『ライヴ・イン・ヨーロッパ』(1972)はヒットを記録している。母国アイルランドやイギリス、ヨーロッパ、アメリカなどに加えて、ロリーは日本でも人気を誇ってきた。彼は1974年・1975年・1977年・1991年と来日公演を行っている。

ロリーは自分のファンに対し、常に誠実だった。1975年1月、ザ・ローリング・ストーンズのオーディションを受けるべくオランダのロッテルダムに向かった彼は数日ジャムを行ったが、「ジャパン・ツアーがあるから」という理由で途中離脱。“ストーンズを蹴って日本のファンを選んだ”と、日本で男を上げることになった。

1980年代には一時人気が低迷、作品リリースのペースも落ちて、中古レコード店の“ロック:ラ行”のコーナーでロビン・トロワー、ロイ・ブキャナンと共に常連となってしまっていたが、1991年、久々の日本公演では白熱のステージ・パフォーマンスを見せつけた。いよいよ完全復活に向けた 狼煙のろし が上がる!……と期待させながら、彼はこの時点で体調を崩しており、「また日本に戻ってくるよ!」とステージで宣言しながら、その約束は果たされることがなかった。彼は肝臓移植手術に伴う合併症でこの世を去っている。

それから25年、ロリーの音楽が愛され続け、新たなファンを生んでいるのは、愛情と敬意に溢れるリリース・プログラムに負うところが少なくない。1970年、彼がソロ・アーティストに転向してから、マネージャーを務めてきたのは実弟のドナル・ギャラガーだ。ジミ・ヘンドリックスやブルース・リーの例を挙げるまでもなく、人気アーティストが亡くなると、生前の音源や映像を掘り起こした作品が発表され、その中には質の高くないものも含まれる。だがロリーの場合、血の繋がったファミリーがしっかり管理しているせいか、その没後にリリースされた作品はいずれも最高品質のものばかりだ。

近年ではドナルの息子(ロリーの甥)ダニエル・ギャラガーがロリー関連の作品を監修、彼のブルース・サイドの集大成といえる『Blues』(2019)、1977年の未発表ライヴ音源を集めた『Check Shirt Wizard: Live In ’77』(2020)など、未発表音源を中心としたアルバムを世に出している。どちらも長年のオールド・ファンから初めて彼の音楽に触れるリスナーまで納得の、時に血湧き肉躍り、時に涙なしには聴けない、ハートを揺さぶる作品だ。

(ちなみに『Blues』は“チェス・レコーズ”、『Check Shirt Wizard』は“カデット・コンセプト・レコーズ”という、ブルースの名門レーベルからのリリース扱いというさりげない小ネタも、ファンをニヤリとさせるものだ)

そして日本でもロリーの音楽と人生のセレブレーションとして2020年6月下旬、書籍『ロリー・ギャラガー アイリッシュ・ロックの原像』が刊行される。バイオグラフィ、ディスコグラフィからロリーへの生前のインタビュー、関係者への最新インタビュー、ギター・コレクションなど、多角的に迫る1冊は日本の音楽ファンの心に、ロリーの魂の炎をもうひとたび燃え上がらせることになるだろう。

■ブックインフォメーション

『ロリー・ギャラガー アイリッシュ・ロックの原像』

発売元:シンコーミュージック
発売日:2020年6月30日
料金:2,600円(税抜)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石丸幹二さん「ジェシー・ノーマンのような表現者になりたい!という思いで歌の世界へ」

4138views

ヴァイオリンの街―クレモナの魅力

音楽ライターの眼

ヴァイオリンの街―クレモナの魅力

5457views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

5155views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

17494views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

4669views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

3502views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

13213views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3679views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

8065views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

3608views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2973views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5023views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

6146views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

5047views

ヴァイオリンの街―クレモナの魅力

音楽ライターの眼

ヴァイオリンの街―クレモナの魅力

5457views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

1729views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

2277views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

2582views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

7338views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

4244views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

15786views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2852views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

14813views