Web音遊人(みゅーじん)

ヤマハのアコースティックギターの代名詞、Lシリーズ。購入を検討している人はこれを機に一台ずつ試してみよう。ブースにはFISHMANのコーナーも設けられている。

6月最後の週末、ギター弾きは渋谷に集合!!

楽器店で、エレキ(エレクトリック)ギターをアンプに繋げて大音量で試奏してみたいけど、店員さんやほかのお客さんが微妙に気になってしまったり、試してみたいギターがたくさんあっても、お店をハシゴしなくちゃいけなかったり。そんな経験、ありませんか?
ギターは種類が多く、個体によって微妙に感触も変わってくるので、いろいろ試奏してみることがギター選びには不可欠。エレキだったら、やっぱりアンプに通して大きな音を出して判断したいところだ。

そんなギター弾きにとって、周りを気にせず思い切り試奏できる、またとないチャンスがやって来る。6月28日(土)と29日(日)、ベルサール渋谷ガーデン(東京)で行われるTOKYO GUITAR SHOW® 2014だ。今年で13回目となるこのイベントは、一同に会したギターやベースを、見て、試奏して、購入もできるほか、トークライブまで楽しめるとあって、例年大人気である。

ヤマハは、アコギ(アコースティックギター)ゾーンとエレキゾーンにブースを構える。そこで、気になるブースの内容を、少しだけ先取りしてみよう。

アコギゾーンでは、上位機種のLシリーズやエレアコ(エレクトリックアコースティックギター)のAシリーズを中心としたラインナップを展示。目玉は、LL86 Custom ARELL56 Custom AREといったLシリーズの中でも特にプレミアムなモデルが出展されること。お店でも滅多に見られない希少なモデルなので、この機会にぜひ触れてみたい。

ヤマハのアコースティックギターの代名詞、Lシリーズ。購入を検討している人はこれを機に一台ずつ試してみよう。ブースにはFISHMANのコーナーも設けられている。

ヤマハのアコースティックギターの代名詞、Lシリーズ。購入を検討している人はこれを機に一台ずつ試してみよう。ブースにはFishmanのコーナーも設けられている。

そしてもうひとつのポイントは、アメリカ発のクラフトギターとして人気上昇中のBreedlove(ブリードラヴ)の、今夏に発売される新モデルが一足早く登場すること。確かな木工技術と洗練されたデザインが特徴で、フィンガーピッカーを中心に人気を集めているBreedlove。ほかとは一味違う一台を探しているギター弾きは要チェックだ。
ブースにはヤマハ専用の試奏スペースも設けられているので、気兼ねなく試奏に集中できるのも嬉しい。

皆さん、ガンガン試奏中! MarshallコーナーにはSGをはじめとして試奏用のギターももちろん常備(TOKYO GUITAR SHOW® 2013の様子)

皆さん、ガンガン試奏中!MarshallコーナーにはSGをはじめとして試奏用のギターももちろん常備
(TOKYO GUITAR SHOW® 2013の様子)

さて、一方のエレキゾーンでは、泣く子も黙るギター・アンプの王様Marshall(マーシャル)、ベース・アンプの雄EDEN(エデン)、そしてヤマハのオフステージ用アンプとして大人気のTHRが勢ぞろい。

ここで特筆すべきは、ヤマハの防音室アビテックスを使った試奏ルームが用意されていること。例えば、Marshallの大型アンプを大音量で鳴らすという、一般の楽器店ではなかなかできないことも可能で、ほかのお客さんを気にすることもない。普段自分が使っているギターを持参して試すことができるのも見逃せないポイントだ。

Marshallのブース。この眺めだけで、血湧き肉踊ってしまうロック・フリークも多いのでは?(TOKYO GUITAR SHOW® 2013の様子)

Marshallのブース。この眺めだけで、血湧き肉踊ってしまうロック・フリークも多いのでは?
(TOKYO GUITAR SHOW® 2013の様子)

ギター、アンプそれぞれにプロのアーティストが出演するスペシャルライブやトークイベントも用意されたTOKYO GUITAR SHOW® 2014。ギタリストやベーシストはもちろん、これからバンド始めたい!昔バンドをやっていたけど復活したい!なんて方にもオススメだ。

ギター弾きは、6月28日と29日、渋谷に集合!!

 

TOKYO GUITAR SHOW® 2014

■日時:2014年6月28日(土)、29日(日)
 1日目 10:30〜19:00
 2日目 10:30〜17:00
■会場:ベルサール渋谷ガーデン イベントホール
 東京都渋谷区南平台町16-17 住友不動産渋谷ガーデンタワー1F・B1
■入場料:前売り券:1,300円(税込)、当日券:1,500円(税込)
 ※高校生以下無料(学生証をご持参ください)

詳細はTOKYO GUITAR SHOW® 2014オフィシャルサイトでご確認ください。

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小曽根真さん「音楽は世界共通語。生きる喜びを人とシェアできるのが音楽の素晴らしさ」

21054views

音楽ライターの眼

自分好みの“AIコルトレーン”はジャズの発展に寄与するのか?

2282views

アコースティックギター「FG9」

楽器探訪 Anothertake

力強さと明瞭さが拓くアコースティックギターの新たな可能性

2101views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

175611views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13021views

トーマス・ルービッツ

オトノ仕事人

アーティストに寄り添い、ともに楽器の開発やカスタマイズを行うスペシャリスト/金管楽器マイスターの仕事

1102views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12957views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6644views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10959views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

9403views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5452views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28960views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8053views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10959views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#000 “100年の歴史”をジャズの録音音源で再考するシリーズ序章

1552views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

8208views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4204views

ヤマハギター50周年を機にアコースティックギターのFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギターFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

19281views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

18652views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7571views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

46016views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5808views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28960views