Web音遊人(みゅーじん)

2020年代にブルースを受け継ぐ男。ジョー・ルイス・ウォーカーが『ブルース・カミン・オン』を発表

ジョー・ルイス・ウォーカーがニュー・アルバム『ブルース・カミン・オン』を2020年6月に海外で発表した。

1949年、サンフランシスコ生まれ。シカゴやニューオリンズでブルースの王道を体得してきたジョーの5年ぶりとなる新作は、彼のギターとヴォーカルをたっぷりフィーチュアした、ライヴ感あふれるアルバムだ。1970年代に得たアイディアを膨らませて完成させたタイトル曲「ブルース・カミン・オン」を筆頭に、半世紀におよぶジョーのブルース人生を全12曲に集約している。

さらに本作を魅力的にしているのは、曲ごとに参加するオールスター・ゲスト陣だ。ヨーマ・コウコネン(ジェファーソン・エアプレイン)、アルバート・リー(エリック・クラプトン・バンド)、ミッチ・ライダー(デトロイト・ホイールズ)、ジェシー・ジョンソン(ザ・タイム)、ワディ・ワクテル(キース・リチャーズ&ジ・エクスペンシヴ・ワイノーズ)らベテラン勢に加えて、ケヴ・モやエリック・ゲイルズという現代を代表するブルース・プレイヤー、そしてサム・クックの娘カーラ・クックが2曲で見事なヴォーカルを披露している。

そんなキャラの濃い面々を前にしながらも、声高に自己主張するジョーのギターとヴォーカルが鮮烈なインパクトを持っている。

前作『エヴリボディ・ウォンツ・ア・ピース』(2015)発表前から着手していたという本作。貧困やホームレス問題をテーマにした「フィード・ザ・プア」(ヨーマ・コウコネン参加。当初はこの曲をアルバム・タイトルにするつもりだったという)のようなソウルフル・ブルースからジョーとエリック・ゲイルズのリード・ギターが絡み合う「ブルース・カミン・オン」、モータウン風味のある「カム・バック・ホーム」(ゲストのミッチ・ライダーはモータウンと同じデトロイト出身だ)など、多彩なサウンドで魅了してくれる。ワディ・ワクテルが参加するのはボビー・ラッシュの「ボウレゲッド・ウーマン、ノック・ニード・マン」だ。

いずれのゲストもジョーが「ブルースで知られている人ではないかも知れないけど、ブルースをやれる人ばかり」と語るとおり、トラディショナルなブルースにこだわることなく、彼らならではのブルースを表現している。ヨーマやミッチは1960年代からの旧知の友人であり、呼吸の合ったプレイを聴くことが出来るのも楽しい。

20世紀を彩ったブルースの偉人たちの多くは亡くなってしまったが、その魂を21世紀に受け継いでいくアルバムが『ブルース・カミン・オン』だといえる。

興味深いのは、本作がアメリカの“クレオパトラ・レコーズ”からリリースされていることだ。“クレオパトラ”といえば、インダストリアル・ミュージック系、ホークウィンドを中心とするスペース・ロック系、豪華なラインアップによるトリビュート・アルバムの数々でロック・リスナーに知られているレーベルだが、2015年にブルース部門“クレオパトラ・ブルース”を設立。ジュニア・ウェルズが遺した音源やパパ・チャビー、ランス・ロペス、エリック・ゲイルズら現代ギター・スリンガー達、B.B.キングの愛嬢シャーリー・キングらを擁するなど、ブルース・ファンからも注目を集めている。ジョーはその看板ブルースマンの1人として、『ブルース・カミン・オン』を世界に解き放ったのである。

2020年、新型コロナウイルスの影響でツアーが中止、自宅待機を余儀なくされているジョーだが、世界が平常に戻ったとき、何を置いても「日本でプレイしたい!」そうだ。

「俺はサンフランシスコのフィルモアのあたりで育ったけど、すぐ近くに世界最大の日本人街があった。子供の頃から日本には親しみがあったんだ」

彼が初めて日本を訪れたのは、記念すべき第1回ジャパン・ブルース・カーニバルだった。

「よく覚えているよ。ジョニー・アダムスとアール・キングと一緒だったんだ。一番最近日本でプレイしたのも同じカーニバルで、ソロモン・バークと一緒だったんだ」(2010年)

70歳にして、ギラギラとした艶気を放ち続けるギターは健在だ。2020年、ジョー・ルイス・ウォーカーの“ブルースがやって来る=Blues Coming On”!

■インフォメーション

『Blues Coming On』

※日本盤も近日発売予定。
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

實川風

今月の音遊人

今月の音遊人:實川風さん「音楽は過ぎ去る時間を特別な非日常に変えるパワーを持っていると思います」

1417views

フジ・ロック・フェスティバル'18にボブ・ディランが参戦。歴史的イベントをたっぷり楽しむには

音楽ライターの眼

FUJI ROCK FESTIVAL’18にボブ・ディランが参戦。歴史的イベントをたっぷり楽しむには

5599views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

6379views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

16799views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8544views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

8832views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4089views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10304views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21556views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1382views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5232views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24491views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6876views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14234views

ロック業界は足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない

音楽ライターの眼

ロック業界は足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない

6389views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

10962views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

1732views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

10679views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

22398views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5206views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

53369views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6554views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9423views