Web音遊人(みゅーじん)

取り扱い数は39万アイテム。楽器などの修理に欠かせない部品を取り扱うヤマハの「パーツセンター」に潜入!

大切な楽器やオーディオ製品の修理に欠かせない交換用のパーツ(部品)、「サービスパーツ」。ヤマハ製品のアフターサービス用パーツは、「パーツセンター」が一括して取り扱っています。そして、その「パーツセンター」にパーツ入出庫業務を業務委託し、パーツの受注や調達などの管理をしているのが、ヤマハのカスタマーサポート部技術サポートセンター内にある「パーツチーム」です。
総合楽器メーカーであるヤマハの膨大なパーツはどのように管理され、現場で修理やメンテナンスを行う技術者のもとに届くのでしょうか。「パーツチーム」チームリーダーのヤマハミュージックジャパン 原由賀里さんに伺いました。

ネジ1本からピアノの屋根にいたるまで、歴代パーツを保管

パーツセンターでは、出荷するパーツをピックアップし、梱包して発送するまでの業務が行われています。パーツの発注・受注に活躍しているのが、2019年5月に稼働を開始したサービスパーツWEB注文システム「SPOON(スプーン)」。特約店技術者がSPOONを用いてアフターサービス用パーツを注文すると、その注文データが倉庫入出庫システムに届き、出荷すべきパーツの倉庫内の保管位置と送付先が示されます。
「出荷数は1日約1,000件。SPOONで午後2時までに受注したパーツは、その日のうちに発送します」と原さん。

ネジ1本からグランドピアノの屋根にいたるまで、扱う種類と数は膨大!在庫だけで4万アイテムが保管されていますが、SPOONに登録されたすべてのパーツを合わせると実に39万アイテムにおよぶそう。
もちろん、現行モデルだけでなく歴代製品のパーツも扱っています。
「通常は製造終了後10年間保管しますが、例えば“一生もの”との思いでご購入される方が多いアコースティックピアノのパーツなどは、約30年間保管することもあります」
これらは1棟の広い倉庫ですべて管理され、出番を待っています。

総床面積約2,000平方メートルのパーツセンター。パーツの種類ごとにフロアが区切られている。

(写真左)温度管理された部屋で保管するパーツも。(写真右)午後2時までに受注したパーツはその日のうちに梱包して発送する。

直接会うことはないユーザーの姿を思い描きながら

「SPOON」によるWEB注文は、特約店からのパーツ受注全体の約65%。そのほかに別システムからの受注とファックスでの受注があります。それらのデータを「SPOON」に流し込んで受注を完了させているのが、「パーツチーム」内の「パーツ受注チーム」です。
「パーツ受注チーム」では特約店向けに専用のコールセンターも開設し、問い合わせにも応対。さらにパーツに関する情報を提供するサイトを運営し、技術者とそれを共有することでよりスピーディな対応に努めています。
一方、パーツセンターにパーツの供給をし、管理するのが「パーツ調達チーム」。新製品のパーツ発注とシステム登録、現行モデルや廃番モデルのパーツの補充発注などを行っています。

修理やメンテナンス現場においては、パーツはまさに伝家の宝刀。パーツがなくては戦えません。「必要なときに必要なタイミングで部品をお出しできることを常に心がけています」
8桁のパーツコードを聞いてすぐに何かわかる経験豊富なメンバーも多く、97%の即納率をキープしているといいます。
「パーツチームの仕事は、家計の管理にも似ていると思うんです。節約ばかりして在庫を抑えるとお客様への即納率が落ちてしまうし、逆に即納率だけにとらわれると在庫ばかりが嵩んでしまいます。チーム一丸となってそのふたつが両立できたとき、達成感を感じます」

(写真左)小さな部品からグランドピアノの屋根まで、パーツセンターでは大小さまざまなパーツを取り扱っている。(写真右)すべてのパーツをバーコードで管理。

「パーツチーム」のメンバーがユーザーと直接やり取りすることはありませんが、その目は常にお客様に向けられています。大好きな楽器が故障して演奏できず泣いているお子さん、コンクールを前に楽器の調子が悪くて困っている学生さん、ステイホームで昔のギターを修理して復活させたいお父さん……。1日も早く再び楽器を使えるようにしたいというお客様の姿を想像しながら、パーツチームはパーツをより確実で迅速に提供することを使命に、日々業務にあたっています。

■よくあるお問い合わせ(Q&A)

お客様からお寄せいただいた、よくある問い合わせを掲載しています

特集

森山良子

今月の音遊人

今月の音遊人:森山良子さん「音で自由に遊べたら、最高に愉快な人生になりますね」

7271views

音楽ライターの眼

ブルースの名門レーベル“アリゲイター・レコーズ”が創立50周年

589views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

23660views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

70707views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7793views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

9927views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

3817views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4467views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

15807views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

4082views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5707views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23089views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5445views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

15807views

音楽ライターの眼

ルイ・クープランの魅惑的なチェンバロ音楽を自然体で表現するクリストフ・ルセの妙技

2208views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4181views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

5787views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

11539views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

13355views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5707views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

137329views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3037views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6552views