Web音遊人(みゅーじん)

フランスから世界に飛翔するふたりのチェンバリスト

チェンバロの大好きな私がいまもっとも注目しているのが、才能豊かなフランスのふたりのチェンバリストである。

まず、ジャン・ロンドー(写真上左)から。彼は2012年、弱冠21歳でブルージュ国際古楽コンクールのチェンバロ部門で優勝の栄冠に輝き、いまや欧米各地で引っ張りだこの人気演奏家である。ロンドーの演奏は伝統を重視した正統的なものだが、その奥に革新性と斬新さを秘め、絶妙のバランスが各地の古楽ファンの心をとりこに。バロックはもちろん、クラシック、ジャズ、即興演奏まで幅広い音楽を得意とする個性派で、レコーディングにも積極的に取り組んでいる。

ジャン・ロンドーは1991年フランス生まれ。その演奏は熟成し、細部までこまやかな神経が張り巡らされ、1音たりとも気が抜けない集中力に富んだもので、J.S.バッハ、ラモー、スカルラッティのアルバムを次々にリリースして才能を遺憾なく発揮してきたが、新たに登場したのは、『バリケード~ルイ14&15世時代のヴェルサイユの音楽』。親しい友人のリュート奏者、トーマス・ダンフォードとのデュエットで、クープラン、マレ、ラモー、ダングルベール、シャルパンティエなどの作品が心憎いまでに息の合ったデュオによって奏でられ、聴き手の心の内奥に浸透してくる。

演奏家は新しい作品を学ぶときにはさまざまな録音に耳を傾ける人が多いが、ロンドーは来日時のインタビューで、「他人の演奏はいっさい聴かない」と明言した。
「人間は弱いもので、少なからず影響を受けてしまうからです。僕は5歳でラジオから流れてきたチェンバロの音に魅せられてすぐにこの楽器を始め、以来自分の道は自分で決めてきました。音楽はその人の生きざまを映し出すもの。僕の音楽は僕自身の生き方そのものなんです。それを磨き抜いて、作品の偉大さを伝えたいのです」

『バリケード』には、まさにロンドーが練りに練った作品群が並び、ひとつひとつの音にもこまやかな神経が息づき、しかもリュートとの音の対話がすこぶる雄弁である。

もうひとり、フランスとアメリカの血を引く新進チェンバリスト、ジュスタン・テイラー(写真上右)にも注目している。ロンドーに次いで2015年ブルージュ国際古楽コンクール・チェンバロ部門において優勝に輝き、17年にはロワール国際古楽コンクールの覇者ともなっている。

テイラーの日本デビュー公演は、2021年1月13日東京・王子ホールで開催された。プログラムはJ.S.バッハの『ゴルトベルク変奏曲』。使用楽器はヤン・カルスピーク製作(2000年)のジャーマンモデル、2段鍵盤。テイラーは上下の鍵盤やリュートストップなどを見事に使い分け、清らかに流れる水のごとくナチュラルな演奏を披露した。

印象的だったのは装飾音の絶妙な加え方。バッハの作品は同じ旋律の繰り返しなどに装飾音を入れる奏者が多く、それが演奏の個性にもつながるわけだが、その加減は非常に難しい。だが、テイラーはごく自然な形で随所に装飾音を配し、それが演奏に高貴な光をプラスし、新鮮なリズムを生み出した。
さらに驚きをもたらしたのは、最後のアリアが登場する箇所ではまったく装飾音を入れず素のままで勝負したこと。それまで30の変奏が幾重にも変容し、装飾音の創意工夫に耳がとらわれていたのに、最後にまったく異なる表情を見せたのである。なんというコントラストの見事さ。彼は終始、実に楽しそうに演奏し、バッハの大曲を遊び心をもって奏でていたが、最後は静謐な空気をまとい、余韻を残して幕を閉じた。

いやあ、新世代のチェンバリストの出現に脱帽しました!
最新の録音は『CONTINUUM スカルラッティとリゲティ』。時代も場所も異なるスカルラッティとリゲティの作品の共通項を見出し、テイラー独自のアプローチを試みた意欲作で、これも新世代チェンバリストならではだ。

■インフォメーション

アルバム『バリケード~ルイ14&15世時代のヴェルサイユの音楽』

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2020年5月29日
価格:1,980円(税込)
詳細はこちら

アルバム『CONTINUUM スカルラッティとリゲティ』

発売元:ナクソス・ジャパン
発売日:2018年07月26日
価格:2,629円(税込)
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

Web音遊人_上原ひろみ

今月の音遊人

今月の音遊人:上原ひろみさん「初めてスイングを聴いたときは、音と一緒に心も躍るような感覚でした」

17592views

音楽ライターの眼

ラヴェル「ラ・ヴァルス」、ワルツ独り舞台/福間洸太朗ピアノ・コンサート

3064views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

10796views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

20459views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10170views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

7426views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

7812views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5724views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

20817views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

3962views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5444views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6341views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

5978views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

9849views

音楽ライターの眼

トレイシー・ソーンの自伝的エッセイが刊行。エヴリシング・バット・ザ・ガールを読む

1173views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

7256views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

8211views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

6019views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2928views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5117views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

21705views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2906views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6341views