Web音遊人(みゅーじん)

現代に受け継がれるバッハの音楽をサクソフォンで再構築した渾身作をリリース/須川展也インタビュー

「このアルバムのために、7~8年前からバッハの研究を重ねてきました」
サクソフォン奏者・須川展也がそう語る最新作『バッハ・シークェンス』が、2020年10月に発売される。
J.S.バッハが生きたバロック時代にサクソフォンはまだなかったが、バッハの音楽は、サクソフォンが活躍するジャズに通じる部分があると感じたそうだ。
その鍵となったのは、アルバムタイトルにもあるシークェンス(ドイツ語でゼクエンツ)。日本語では「循環進行」となり、ある和音進行を、音高を変えながら反復させる作曲技法を指す。

「バッハが得意とするシークェンスは、ジャズにおける即興演奏の基本形でもあり、サクソフォン奏者にとってなじみ深いものです。また、サクソフォンはパイプオルガンのようにリードを震わせて管で音を響かせるのですが、単音楽器なのに、その豊かな響きを活かして和音が聞こえてくるような表現もできるのです。バッハを演奏したくなった理由はそこにもあります」

ただし原曲であるパルティータは無伴奏バイオリンのために書かれたものであるため、移調するか否か、どう息継ぎするか、複数の弦を同時に鳴らす重音からどの音を選び、原曲の意図をしっかり表現するかは、悩みどころだったという。
「迷ったときは、聴き手に心地よく聴こえるか、和音の流れがわかりやすく伝わるかを判断基準にしました。またバッハの音楽を神聖なものとするならば音を揺らすビブラートは省くべきでしょうが、バッハの存在を身近なものとして感じてもらうために、人間の肉声のように聴かせるビブラートはあえて採用しました」

アルバム制作に際しては、サクソフォンでバッハを演奏する理由を自問自答したという。
「バッハの作曲技法は、ジャズだけでなく、現代のあらゆるジャンルの音楽で多用されています。知れば知るほどその偉大さは増すばかりですが、本アルバムの制作を通して、バッハの音楽が今日に脈々と受け継がれていることを、サクソフォンでの表現を通して多くの人に伝えたいという思いを強くしました」

この秋からは、バッハを主軸とするソロコンサートを開催する予定だ。
「本作の原曲はバイオリンの技術習得のために作られた練習曲の側面もあり、ヨーロッパのさまざな国の舞曲から成る組曲でもあります。テーマはシークェンス(循環進行)ですが、あまりかしこまらず、そのメロディ、ハーモニー(和音)、リズムが織りなすエネルギーを味わっていただきたいです」

須川展也〔すがわ・のぶや〕
東京藝術大学卒業。日本音楽コンクール管楽器部門、第1回日本管打楽器コンクールでいずれも最高位に輝く。村松賞、出光音楽賞を受賞。1989年より2010年まで東京佼成ウインドオーケストラ・コンサートマスターを務める。サクソフォン四重奏団トルヴェール・クヮルテットのメンバー。現在、ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、静岡市清水文化会館マリナート音楽アドバイザー&マリナート・ウインズ音楽監督、東京藝術大学招聘教授、京都市立芸術大学客員教授を務める。
オフィシャルサイトはこちら

■インフォメーション

アルバム『バッハ・シークェンス』

発売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
発売日:2020年10月21日
料金:3,000円(税抜)
詳細はこちら

アルバム『Saxo-magic』

発売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
発売日:2020年8月26日再発売(オリジナル :2012年9月発売)
料金:2,382円(税抜)
詳細はこちら

須川展也 plays J.S.BACH サクソフォン・ソロ・リサイタル

開催日時:2020年11月26日(木)19:00開演(18:30開場)
会場:紀尾井ホール
詳細はこちら

特集

Chageさん「心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」 Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:Chageさん「頭ではなく、心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」

5653views

音楽ライターの眼

ステージは作曲現場 ジャズを広げる創造力/小曽根真 スペシャル・コンサート

1232views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

13907views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

13119views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

3378views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

12531views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

3471views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2847views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

7118views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2090views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2606views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5015views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

4534views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

16876views

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

3702views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

10888views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

5764views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

4257views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

11796views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4306views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

13119views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3240views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5015views