Web音遊人(みゅーじん)

泣く泣くあきらめた曲もたくさんある。“いまだからこそ歌いたい”楽曲を自分らしくアップデート/今井美樹インタビュー

2020年にデビュー35周年を迎えた今井美樹。記念すべき年に、初のオーケストラアレンジによるセルフカバーアルバム『Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST』を発表した。楽曲のアレンジ及び指揮を担当したのは千住明、服部隆之、武部聡志に挾間美帆と、日本を代表する音楽家たちである。

“いまだからこそ歌いたい”楽曲を、全く違う色彩でアップデートする

「ただ“代表曲を歌い直しました”ということにはしたくなかった」と語る今井のこだわりと楽曲に対する愛情がつまった今回のアルバム、選曲には多くの時間がかかったのではないだろうか。
「選曲は大変でした。泣く泣くあきらめた曲もたくさんあります。“いまだからこそ歌いたい歌詞”ということを大切にして選びましたが、それと同時に、オーケストレーションしたときに楽曲の良さが引き出せるもの、もしくはどんなものが生まれるかという期待が膨らむものを選びました」

今井の歌を聴いていると、様々な情景が浮かんでくるのと同時に、歌詞のメッセージが心の奥深くに伝わっていて、自分自身がいまこうしていることを肯定してくれるような感覚がある。それが今回の選曲とアレンジ、さらにいまの今井の歌唱によって一層あたたかなものとして届いてくる。

「楽曲が装いも新たにしたことで、それにふさわしい人になりたいと思いながら歌いました。これだけ素晴らしくアップデートされたのだから、当然自分もそれにふさわしい歌を歌いたかったのです。新しく生まれ変わった大切な曲たちが、これから先もずっと皆さんに聴き続けていただけたらと願っています」

新たな出会いと実験的試みが、素晴らしい結果を生み出した

今作の編曲者のうち千住、服部、そして武部は、これまでにも今井と活動を共にしたことがある信頼の厚いメンバーだが、新しく挾間が加わったのには、こんな経緯があった。

「オーケストラアレンジのアルバムではあるのですが、クラシック的なものだけではなく、私の音楽のルーツである大好きなジャズや映画のサウンドトラック、ミュージカルなどといった要素も入れたかった。そこでお名前が挙がってきたのが挾間さんでした。彼女の作品を聴き、きっと私に新しい刺激をくださるという“勘”が働いたのです。特に挾間さんにお願いした『幸せになりたい』は、原曲がリズミカルでジャズの要素が強く、オーケストレーションのアルバムに入れるには“飛び道具”的なものでした。でもこれをオーケストレーションしたらどうなるのか、どうしても聴いてみたくて」

さらにこの曲をどうしても入れたかったのにはこんな理由もある。

「30年前の曲で、ライブでもずっと歌ってきた大切な曲なので、一緒に頑張ってきた人たちみんなとのテーマ曲のようです。いつも一緒にいるわけではないけれど、共に年を重ねて、たまに電話などでお互いの近況を報告しあうような、よい距離感を保つ友人のような感覚がある曲なのです。だから、私たちの世代のいまの生活スタイルにあう、新しい『幸せになりたい』を届けたかった。それをきっと挾間さんは素晴らしい形にしてくれると思ってお願いをしたのですが、予想以上のものを作ってくださり感激しました。本当にすてきな出会いに感謝しています」

“新しさ”によって“自分らしさ”に気が付く

今回のアルバムでは、今井美樹がこれまで歌い続け、いまもなお多くの人々に愛され続けている楽曲を新たな姿に生まれ変わらせたわけだが、アップデートによって、改めて自分自身にも向き合うことになったという。

「アップデートするということは、ある時期までは、いままでの自分を捨てて新しい自分になる程の大きな変化をしなくてはならないと思っていたこともありました。でもやはり自分は自分ですし、私らしさがあるからこそ変化にも気が付けるのですよね。だからこそ今回、このような大きなチャレンジをしたことで、“あなたはこういう人なんですよ”と言われたような気がしているのです。35周年と言うタイミングで、改めて自分自身に向き合えたことで、“自分らしく、楽しんでチャレンジしてみたら?”と背中を押してもらえたような気がしています」

常に人々の心に寄り添い、あたたかいメッセージを届けてくれる今井美樹。今回生まれ変わった楽曲たちは、これまで愛し続けてくれた人たちはもちろんのこと、さらに多くの人々の心を捉えて離さないはずだ。


今井美樹『Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST』レコーディング・ドキュメンタリー① with 千住明

■インフォメーション

『Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST』

発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
発売日:2020年11月11日
価格:3,300円(税込)
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

8433views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#002 カリブの風を21世紀にも届けてくれる普遍的コンセプト~『サキソフォン・コロッサス』編

1191views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

3468views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

2239views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13130views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

11470views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2403views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2932views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

22095views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

7958views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7957views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9726views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10606views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21990views

音楽ライターの眼

そのピアニシズムは、人生に光を与える/ジャン=マルク・ルイサダ ピアノ・リサイタル

5757views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

19127views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4280views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

7303views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23343views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4677views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

54928views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6539views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29288views