Web音遊人(みゅーじん)

泣く泣くあきらめた曲もたくさんある。“いまだからこそ歌いたい”楽曲を自分らしくアップデート/今井美樹インタビュー

2020年にデビュー35周年を迎えた今井美樹。記念すべき年に、初のオーケストラアレンジによるセルフカバーアルバム『Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST』を発表した。楽曲のアレンジ及び指揮を担当したのは千住明、服部隆之、武部聡志に挾間美帆と、日本を代表する音楽家たちである。

“いまだからこそ歌いたい”楽曲を、全く違う色彩でアップデートする

「ただ“代表曲を歌い直しました”ということにはしたくなかった」と語る今井のこだわりと楽曲に対する愛情がつまった今回のアルバム、選曲には多くの時間がかかったのではないだろうか。
「選曲は大変でした。泣く泣くあきらめた曲もたくさんあります。“いまだからこそ歌いたい歌詞”ということを大切にして選びましたが、それと同時に、オーケストレーションしたときに楽曲の良さが引き出せるもの、もしくはどんなものが生まれるかという期待が膨らむものを選びました」

今井の歌を聴いていると、様々な情景が浮かんでくるのと同時に、歌詞のメッセージが心の奥深くに伝わっていて、自分自身がいまこうしていることを肯定してくれるような感覚がある。それが今回の選曲とアレンジ、さらにいまの今井の歌唱によって一層あたたかなものとして届いてくる。

「楽曲が装いも新たにしたことで、それにふさわしい人になりたいと思いながら歌いました。これだけ素晴らしくアップデートされたのだから、当然自分もそれにふさわしい歌を歌いたかったのです。新しく生まれ変わった大切な曲たちが、これから先もずっと皆さんに聴き続けていただけたらと願っています」

新たな出会いと実験的試みが、素晴らしい結果を生み出した

今作の編曲者のうち千住、服部、そして武部は、これまでにも今井と活動を共にしたことがある信頼の厚いメンバーだが、新しく挾間が加わったのには、こんな経緯があった。

「オーケストラアレンジのアルバムではあるのですが、クラシック的なものだけではなく、私の音楽のルーツである大好きなジャズや映画のサウンドトラック、ミュージカルなどといった要素も入れたかった。そこでお名前が挙がってきたのが挾間さんでした。彼女の作品を聴き、きっと私に新しい刺激をくださるという“勘”が働いたのです。特に挾間さんにお願いした『幸せになりたい』は、原曲がリズミカルでジャズの要素が強く、オーケストレーションのアルバムに入れるには“飛び道具”的なものでした。でもこれをオーケストレーションしたらどうなるのか、どうしても聴いてみたくて」

さらにこの曲をどうしても入れたかったのにはこんな理由もある。

「30年前の曲で、ライブでもずっと歌ってきた大切な曲なので、一緒に頑張ってきた人たちみんなとのテーマ曲のようです。いつも一緒にいるわけではないけれど、共に年を重ねて、たまに電話などでお互いの近況を報告しあうような、よい距離感を保つ友人のような感覚がある曲なのです。だから、私たちの世代のいまの生活スタイルにあう、新しい『幸せになりたい』を届けたかった。それをきっと挾間さんは素晴らしい形にしてくれると思ってお願いをしたのですが、予想以上のものを作ってくださり感激しました。本当にすてきな出会いに感謝しています」

“新しさ”によって“自分らしさ”に気が付く

今回のアルバムでは、今井美樹がこれまで歌い続け、いまもなお多くの人々に愛され続けている楽曲を新たな姿に生まれ変わらせたわけだが、アップデートによって、改めて自分自身にも向き合うことになったという。

「アップデートするということは、ある時期までは、いままでの自分を捨てて新しい自分になる程の大きな変化をしなくてはならないと思っていたこともありました。でもやはり自分は自分ですし、私らしさがあるからこそ変化にも気が付けるのですよね。だからこそ今回、このような大きなチャレンジをしたことで、“あなたはこういう人なんですよ”と言われたような気がしているのです。35周年と言うタイミングで、改めて自分自身に向き合えたことで、“自分らしく、楽しんでチャレンジしてみたら?”と背中を押してもらえたような気がしています」

常に人々の心に寄り添い、あたたかいメッセージを届けてくれる今井美樹。今回生まれ変わった楽曲たちは、これまで愛し続けてくれた人たちはもちろんのこと、さらに多くの人々の心を捉えて離さないはずだ。


今井美樹『Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST』レコーディング・ドキュメンタリー① with 千住明

■インフォメーション

『Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST』

発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
発売日:2020年11月11日
価格:3,300円(税込)
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

5774views

音楽ライターの眼

弦の名手6人が織りなす濃密な音の世界/伊藤亮太郎と名手たちによる弦楽アンサンブルの夕べ Vol.2

3231views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

5849views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

7914views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

6701views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

13609views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

4384views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3430views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8815views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

4885views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6498views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24357views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

5651views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

22601views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.3

3351views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

6105views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

6160views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

3264views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

9433views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4065views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

14395views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

6748views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24357views