Web音遊人(みゅーじん)

連載15[多様性とジャズ]ジャズのアイドルたちへのオマージュにあふれた『ミンガス・アー・アム』収録曲

『ミンガス・アー・アム』の特色である残りの2つのうち、まず、「“ジャズ”のテイスト」について考えてみたい。

収録曲のタイトルを眺めると、ジャズをかじったことのある人なら“デューク”と“ジェリー・ロール”に反応するんじゃなかろうか。

『オープン・レター・トゥ・デュ―ク』の“デューク”はデューク・エリントン、『ジェリー・ロール』はジェリー・ロール・モートンのことだとピンと来れば、ジャズのマニア度もかなり深まっていると言っていいかも。

デューク・エリントンは、“ジャズを代表する”と言っても過言ではない、作曲家にしてバンド・リーダー。ミンガスが最も敬愛した存在だ。

1930年代に絶頂期を迎えたエリントンの音楽性は、その後のジャズが進むべき道と、ジャズが選ぶべきコンセプトに先鞭をつけ、それゆえにジャズは“モダン”と冠される表現芸術となりえた。そしてフリーやフュージョンといった異なるアプローチごとの断絶的な結論を招くことになってもなお、それらを一括して“ジャズ”と呼ばせる“背景”さえも与えた──とボクは考えている。

ミンガスがデューク・エリントンを崇拝していたことは、例えば彼の自伝的著書にこんな文章で示されている。

「何て言ったらいいのかな、キリスト、仏陀、モーゼ、デュークにバードにアートなんだ」(『ミンガス 自伝・敗け犬の下で』チャールズ・ミンガス著、稲葉紀雄・黒田晶子訳、晶文社、1998年刊)

これは、18歳ぐらいのミンガスがアート・テイタム(1920年代後半から50年代にかけて活躍したピアニスト。その神業的テクニックをもって他を圧倒し、ジャズ・ピアノの“神”と呼ばれた存在)にセッションがあるからと呼び出され、猛特訓を受けているときに発した言葉。この自伝ではほかにも、折々でミンガスがエリントンを基準にジャズと自分との距離を測っている記述が見られる。

一方『ジェリー・ロール』は、トロンボーンをフィーチャーしたニューオーリンズ・スタイルの曲調から、ジャズ黎明期に活躍して自らを“ジャズとスウィングの創始者”と喧伝したピアニストのジェリー・ロール・モートンをイメージして書かれた曲、としか考えられないだろう。ちなみに、“ジェリー・ロール・モートン=ジャズとスウィングの創始者説”の真偽は定かではない。

そして先の自伝での発言に出てくるもうひとり、バードことチャーリー・パーカーをイメージした曲が『バード・コールズ』だ。3人のサックス奏者(アル卜2名とテナー1名)がパーカーへのオマージュにあふれた合奏と独奏を聴かせる、ストレート・アヘッドな内容。

また、固有名詞ではないのでわかりづらいが、『グッドバイ・ポーク・パイ・ハット』の“ポーク・パイ・ハット=山高帽”とは、それが卜レードマークだったサックス奏者のレスター・ヤングのことで、このアルバム収録の2ヵ月ほど前に亡くなった彼へ哀悼の意を捧げた、黒人霊歌を思わせるようなメロディが印象的な曲だ。

このように、このアルバムに“隠しコマンド”のように仕込まれているジャズの先人たちの影を(演奏を聴かずに)見るだけでも、ミンガスがいかに「“ジャズ”のテイスト」を重視して自らのサウンドを創ろうとしていたのかがわかるのではないだろうか。

さて今回は、曲名に秘されたジャズにばかり言及してしまい、“多様性”に欠けた回になってしまったかもしれない。が、次回の「楽曲のテーマ性」でタップリとその辺りに斬り込んでみたい。

「多様性とジャズ」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石川さゆりさん「誰もが“音遊人”であってほしいですし、音楽を自由に遊べる日々や生活環境であればいいなと思います」

4285views

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

音楽ライターの眼

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

35686views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

10504views

アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

アコースティックギターの保管方法やメンテナンスのコツ

343views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

6252views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

14430views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

10739views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

6689views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

9154views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

1311views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

4502views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7455views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

11315views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7855views

斎藤雅広「ナゼルの夜会」

音楽ライターの眼

デビュー40周年を迎えた斎藤雅広が世に送り出す、舞踊の空気ただようアルバム

4320views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

3681views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

6368views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

5652views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

4301views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4310views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

18106views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1462views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21395views