Web音遊人(みゅーじん)

連載15[多様性とジャズ]ジャズのアイドルたちへのオマージュにあふれた『ミンガス・アー・アム』収録曲

『ミンガス・アー・アム』の特色である残りの2つのうち、まず、「“ジャズ”のテイスト」について考えてみたい。

収録曲のタイトルを眺めると、ジャズをかじったことのある人なら“デューク”と“ジェリー・ロール”に反応するんじゃなかろうか。

『オープン・レター・トゥ・デュ―ク』の“デューク”はデューク・エリントン、『ジェリー・ロール』はジェリー・ロール・モートンのことだとピンと来れば、ジャズのマニア度もかなり深まっていると言っていいかも。

デューク・エリントンは、“ジャズを代表する”と言っても過言ではない、作曲家にしてバンド・リーダー。ミンガスが最も敬愛した存在だ。

1930年代に絶頂期を迎えたエリントンの音楽性は、その後のジャズが進むべき道と、ジャズが選ぶべきコンセプトに先鞭をつけ、それゆえにジャズは“モダン”と冠される表現芸術となりえた。そしてフリーやフュージョンといった異なるアプローチごとの断絶的な結論を招くことになってもなお、それらを一括して“ジャズ”と呼ばせる“背景”さえも与えた──とボクは考えている。

ミンガスがデューク・エリントンを崇拝していたことは、例えば彼の自伝的著書にこんな文章で示されている。

「何て言ったらいいのかな、キリスト、仏陀、モーゼ、デュークにバードにアートなんだ」(『ミンガス 自伝・敗け犬の下で』チャールズ・ミンガス著、稲葉紀雄・黒田晶子訳、晶文社、1998年刊)

これは、18歳ぐらいのミンガスがアート・テイタム(1920年代後半から50年代にかけて活躍したピアニスト。その神業的テクニックをもって他を圧倒し、ジャズ・ピアノの“神”と呼ばれた存在)にセッションがあるからと呼び出され、猛特訓を受けているときに発した言葉。この自伝ではほかにも、折々でミンガスがエリントンを基準にジャズと自分との距離を測っている記述が見られる。

一方『ジェリー・ロール』は、トロンボーンをフィーチャーしたニューオーリンズ・スタイルの曲調から、ジャズ黎明期に活躍して自らを“ジャズとスウィングの創始者”と喧伝したピアニストのジェリー・ロール・モートンをイメージして書かれた曲、としか考えられないだろう。ちなみに、“ジェリー・ロール・モートン=ジャズとスウィングの創始者説”の真偽は定かではない。

そして先の自伝での発言に出てくるもうひとり、バードことチャーリー・パーカーをイメージした曲が『バード・コールズ』だ。3人のサックス奏者(アル卜2名とテナー1名)がパーカーへのオマージュにあふれた合奏と独奏を聴かせる、ストレート・アヘッドな内容。

また、固有名詞ではないのでわかりづらいが、『グッドバイ・ポーク・パイ・ハット』の“ポーク・パイ・ハット=山高帽”とは、それが卜レードマークだったサックス奏者のレスター・ヤングのことで、このアルバム収録の2ヵ月ほど前に亡くなった彼へ哀悼の意を捧げた、黒人霊歌を思わせるようなメロディが印象的な曲だ。

このように、このアルバムに“隠しコマンド”のように仕込まれているジャズの先人たちの影を(演奏を聴かずに)見るだけでも、ミンガスがいかに「“ジャズ”のテイスト」を重視して自らのサウンドを創ろうとしていたのかがわかるのではないだろうか。

さて今回は、曲名に秘されたジャズにばかり言及してしまい、“多様性”に欠けた回になってしまったかもしれない。が、次回の「楽曲のテーマ性」でタップリとその辺りに斬り込んでみたい。

「多様性とジャズ」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:AIさん「本当につらいときも、最終的に救ってくれるのはいつも音楽でした」

5447views

音楽ライターの眼

オペラ、シンフォニーの指揮&ピアニストとしても活躍する沼尻竜典が第51回ENEOS音楽賞洋楽部門本賞を受賞

2523views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

11731views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

17849views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10395views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9220views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7357views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7294views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14564views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

9214views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5365views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9741views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9977views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11095views

音楽ライターの眼

言葉なき歌をうたう/マイケル・コリンズ 天才クラリネット奏者が贈る室内楽の愉悦

5004views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

7103views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7740views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

21310views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

4234views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7965views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

117529views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5915views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9741views