Web音遊人(みゅーじん)

言葉にはできない“雰囲気”を音で描きたい/羽毛田丈史インタビュー

作曲家、プロデューサーに編曲家と、数々な顔を持つ音楽家、羽毛田(はけた)丈史。2020年に還暦を迎えた彼が、ピアニストとしてソロアルバム『PIANO 60’s』を発売した。これまでに数多くの作品を世に送り出し、2001年からはコンサートツアー「live image」の音楽監督兼ピアニストも務める彼の濃密な音楽人生が詰まったアルバムだ。ソロコンサート「image la plume」のメンバー、天野清継(ギター)、一本茂樹(コントラバス)や結城貴弘(チェロ)ら、羽毛田の信頼厚い奏者を迎えている。

“雰囲気”を大切にした作曲

楽器の特性を最大限に引き出し、テレビや映画など多くの物語を彩ってきた羽毛田の作品は、常に美しい響きと色彩に満ちている。その秘訣は何なのだろう。
「作曲する時に大切にしていることは、言葉にはできない“雰囲気”を音で描くことです。たとえばドラマなどで、登場人物のふと見せる表情に音楽が重なると一気に雰囲気が変わりますよね。しかもかかる音楽が変われば人物たちを取り巻く空気は全く違うものになる。ですから、作曲する時には感情そのものを表現しようとするのではなく、その感情をとりまく“雰囲気”を描き出すことを大切にしているのです」

編曲でこだわったのは、作品へのリスペクト

『PIANO 60’s』には、映画音楽や洋楽にジャズなど、羽毛田の音楽人生に深くかかわってきた作品が収められているが、選曲はどのようにして行ったのだろう。
「一番大切にしたのは、ピアニストとして自分のスタイルを出すことです。選曲にあたってはそれが大きな観点になっています。まずモリコーネについては、影響を受けた作品は数えきれないほどありますが、『Playing Love』は、これだけ素晴らしい作品でピアノが活躍する曲なのに、ピアニストがあまり取り上げていないなと思い選んでみました。『Deborah’s Theme』は“挑戦”です。もともと弦楽合奏のための作品ですから、非常に長い持続音で書かれています。これをピアノとチェロのデュオでやったらどうなるか……と。テンポや伴奏を変えるといったアレンジなら簡単ですが、目指したのはあくまでも原曲の形を崩さずにこれだけのことが出来る、ということを示すこと。今年残念ながら亡くなってしまったモリコーネへの追悼の念も込めて、楽曲の可能性の追求をしたかったのです」

ポール・マッカートニーによる作品も2曲収められているが、羽毛田はビートルズ、そしてポールの音楽を非常に愛しており、そもそもピアノを始めるきっかけはビートルズだったという。
「選曲はやはり悩みましたが、大好きなヨーロッパのジャズトリオのイメージでできる曲、と言う観点から選んでいます。『Norwegian Wood』はシンプルな2つのメロディで成り立つあの世界を壊さずにできることを追求し、『My Love』では、尊敬してやまないポールの世界観を表現するために、彼の歌っているメロディを完全にコピーしました。歌い回しやフェイク、ちょっとしたリズムのゆれ、間奏のギターソロまで全部です。楽曲に対する愛を存分に感じて頂けると思います」

ピアニスト・羽毛田丈史のスタイルが凝縮

葉加瀬太郎の2020年コンサートツアーのために書かれた、アイリッシュ風の音楽が美しい『Fragrant Woods』やピアノソロのためのワルツ『A Day in Nohant』など、書きおろしの新曲も存分に織り込まれつつ、彼の音楽人生において重要な意味を持つ『My Favorite Things』や『Someday My Prince Will Come』といった作品も並ぶ。
「『My favorite things』は、今年で僕の音楽人生の20年を占める『live image』の代表曲ですから、やはり入れたいなと。『Someday My Prince Will Come』はジャズの中で最も演奏するのが大好きで、一番手に馴染んでいる曲なのです。ピアノのサウンドチェックなどで必ず演奏しています。あえて録音しようと思ったことはなかったのですが、今回のアルバム制作にあたって、ぜひ入れてほしいという声をいただいたのです。サウンドチェックや休憩の間に弾いているラフな感じがいいといわれたので、セッション録音の各日程の最後に毎回即興で弾いたもののなかから選んだテイクを入れています。僕のピアノ人生が凝縮した一曲といえるかもしれませんね」

今回のアルバムは作・編曲家としてはもちろんだが、ピアニスト羽毛田丈史としてのスタイル、想いが熱く込められたものとなっている。今後はさらにピアニストとしての活動も広げていきたいと語る彼の今後が楽しみだ。


羽毛田丈史『Fragrant Woods』

■インフォメーション

アルバム『PIANO 60’s』

発売元:ハッツアンリミテッド
発売日:2020年11月11日
価格:3,000円(税抜)
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルFacebook オフィシャルTwitter

特集

岩崎宏美さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岩崎宏美さん「中学生のころ、マイケル・ジャクソンと結婚したいと思っていたんですよ」

8030views

音楽ライターの眼

2本のギターが運ぶ、未体験の楽しさ/GORO ITO meets KAORI MURAJI BOSSA NOVA Special Night

2689views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

6730views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

36442views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

5157views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

11865views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

14948views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3953views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10230views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

5593views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6362views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20537views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6209views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

17643views

音楽ライターの眼

セミヨン・ビシュコフがチェコ・フィルの新たな時代を拓く

3268views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

3888views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4393views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

33332views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

3738views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6498views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

12050views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

6748views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24357views