Web音遊人(みゅーじん)

渡辺美里

今月の音遊人:渡辺美里さん「歌を聴きたいといってくださるファンとの時間は最高の財産です」

女性ソロシンガーとしてはもちろん、ラジオのパーソナリティーやナレーション、ミュージカル出演など、さまざまな分野で活躍する渡辺美里さん。2023年には、自身初となるデュエットアルバム『Face to Face~うたの木~』をリリース。デビュー38年目にして常に新たな挑戦をしています。今回のインタビューでは、そのパワフルな活動の源ともいえるお話を伺いました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

最初に思い浮かんだのは、ジョージ・ガーシュウィンのオペラ『ポーギーとべス』の中の一曲、『サマータイム』です。ジャニス・ジョプリンやエラ・フィッツジェラルドなど、いろいろな歌手のバージョンで聴き続けています。ひとつの曲がアーティストによって全く違う表情を見せるところに魅力を感じるのは、さまざまな楽曲をカバーする私の活動に影響しているのかもしれません。
また、タイミングによって“ハマる”曲もあって、イギリスのミュージシャン、シールの『Kiss From A Rose』もそうです。スタッフに呆れられるくらい、「もう1回!もう1回!」と移動中の車で繰り返し聴いていました。

Q2.渡辺さんにとって「音」や「音楽」とは?

歌をつくり、表現し、届けること、そのどれもが自分にとっての毎日なので“日常”でしょうか。音楽、特に”歌”は、気持ちを清らかにし、私自身を救ってくれることがあります。幼い頃から歌うことがすごく好きで、歌っていると心に羽が生えて解放されるような気持ちになっていました。“歌うこと”を意識し始めたのは歌手として活動するようになってからですが、うまく言葉で伝えられないような想いも、歌にすること、音にすることで、相手の心に響き、届けられるということは、子どものときから感じていたと思います。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

これまでたくさんの演奏家と出会い、皆さんそれぞれが音で遊ぶ魅力的な方々だと感じています。その中で特に音で遊んでいるなぁと思うのは、デビュー前から仲良くさせていただいている大江千里さんです。常にピアノがそばにあるような方で、最初に書いてくれた曲『悲しいボーイフレンド』では、千里さんにピアノを弾いていただきながらメロディを覚え、一緒に音を作りあげていった思い出があります。出会った頃はポップス、現在はジャズの世界で活躍されている千里さんですが、どんなジャンルでも音を遊んで楽曲に向き合っていると思います。
私自身も“音を遊ぶ人”といっていただけることもありますが、自分では“ヴォーカリスト”という意識が強いです。常に考えていることは、言葉や声を届けるということ。ただ、その中で言葉や歌詞の世界で遊んでみる、ということはしますね。思わず“ふふっ”と笑ってしまうようなユーモア、遊び心は持っていたいのです。これは作品を作るときの原動力にもなっています。

Q4.楽器や音楽をやっていてよかったことは何ですか?

思いもよらない出会いが待っているところでしょうか。自分がまだ訪れたことのない場所にも私の歌が届き、聴いてくださった方からラジオなどへお手紙をいただくことがあります。そのような新しい出会いが、次のコンサートや作品作りのモチベーションになっています。また、コンサートでいただけるお客様からの拍手や歓声、コールアンドレスポンスも大きな喜びです。皆さんの熱量を感じながら歌わせていただき、それに対してまた盛り上がってくださる……という、“想いのキャッチボール”ができるのは本当に幸せなことですね。それを心の栄養にしながら、私は38年間活動を続けてきました。歌を聴きたいといってくださるファンとの時間は、私にとって最高の財産です。

渡辺美里〔わたなべ・みさと〕
数多くのヒット曲と代表曲を持つ、名実ともに日本を代表する女性ヴォーカリスト。1985年にデビューし、翌年『My Revolution』がチャート1位となり、同年8月、女性ソロシンガーとして日本初となるスタジアム公演を成功させる。以降20年連続公演という前人未到の記録も達成。2006年からは、毎年「美里祭り」と題してさまざまな都市でLIVEを開催。さらにラジオのパーソナリティー、ナレーション、ミュージカルなど幅広い分野で活躍し続けている。
オフィシャルサイト

photo/ 渡辺美里プレミアムツアー「Good Time ’22〜’23」最終日より(2023年2月4日 日本武道館)

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:佐渡裕さん「音楽は、“不要不急”ではない。人と人とがつながり、ともに生きる喜びを感じるためにある」

7128views

音楽ライターの眼

連載32[ジャズ事始め]渡辺貞夫ら先輩たちから受けた“愛のムチ”と佐藤允彦の決意まで

2609views

アコースティックギター「FG9」

楽器探訪 Anothertake

力強さと明瞭さが拓くアコースティックギターの新たな可能性

2216views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

3938views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12176views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30612views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13401views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8462views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11087views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

7968views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8248views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24867views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11245views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23665views

音楽ライターの眼

トークとピアノが心地よい、和やかな昼下がり/飯森範親と辿る芸術Vol.2

3255views

佐藤順

オトノ仕事人

劇伴制作の進行管理や演奏シーンの撮影をサポートする/映画等の劇伴制作をプロデュースする仕事

3275views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

9280views

トランスアコースティックピアノ™

楽器探訪 Anothertake

音量の問題を解決し、ピアノの楽しみを広げる「トランスアコースティックピアノ」

3843views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6928views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

8051views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

3938views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5908views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24867views