Web音遊人(みゅーじん)

季節を感じられなかった一年。だからこその『四季』/木嶋真優インタビュー

いくつもの国際コンクールで優勝を飾り、世界のクラシック界の第一線で活躍するバイオリニスト、木嶋真優。一方でテレビのバラエティ番組にも出演し、そのキャラクターやファッションで人気を博す存在でもある。このたびリリースされるアルバム『seasons』は、ヴィヴァルディのバイオリン協奏曲集『四季』と、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』のカバーという木嶋らしいカップリング。レコーディングに込めた想いを聞いた。

クラシックをそのままの形で伝えたい

2016年、第1回上海アイザック・スターン国際バイオリン・コンクールで優勝した当時は、クラシックファンの間で注目を集める存在だった木嶋。だが最近、お茶の間での知名度が上がったことで、コンサートを聴きにくる客層に変化があったという。

「テレビに出てよかったことは、クラシックのコンサートがはじめてという若い人たちが来てくれるようになったこと。コンサートが終わってから、SNSでたくさんコメントや感想を寄せてくださるのがとても嬉しいです。コアなファンだけでなく、多くの方々にクラシックの素晴らしさを伝えたいと思ったとき、クラシックという音楽の形を崩してアプローチするのではなく、そのままの形で伝えたいと私は考えています。“この人のコンサートに行ってみたいな”と思って、足を運んだコンサートがクラシックだった。それで興味を持ったという流れが理想ですね」

今回のアルバムに収録されたヴィヴァルディの『四季』は、クラシックファンならずとも耳なじみのあるメロディ満載の名曲。しかし、はじめはあまり乗り気ではなかったと語る。

「レコード会社から“『四季』はどう?”と提案されたとき、最初は躊躇しました。“これが私の『四季』です”と言えるものがまだ自分の中で定まっていなかったから。でもよくよく考えたら、コロナ禍でこれほど四季を感じられなかった年はなかったなと。抑圧された自粛生活の中で、季節の移り変わりを実感することなく淡々と過ぎていった一年。だからこそ、自然の中に飛び込みたいという気持ちが強くなり、自然の大切さをあらためて感じた一年でもありました。そうしたら、今という時期に『四季』と向き合って、作ってみるのも面白いかもしれないと思えてきたんです。コロナ禍だったからこそ、できたアルバムだと思います」


【ヴァイオリニスト木嶋真優】New Album「seasons」〜ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」より「冬」第1楽章 MV

自然は人間が思い描くほど美しくない

こうして録音された『四季』は、まさに木嶋にとって“私の『四季』”と言えるもの。コンサートマスターの松野弘明率いる精鋭アンサンブルとともに、生命の躍動に満ちた、目の覚めるような演奏を展開している。

「これまで私は、録音というと作り込みすぎてしまうところがあって、本当は残しておいた方がいい音色の小さな傷なども、気になって消してしまっていました。けれど今回は、即興的に入れた音が多くて、“ここは切れないよね”という箇所がたくさんあり、編集をほぼ入れずに仕上げることができたんです。こちらがなにか仕掛けたら、まったく違う答えが返ってきたりと、音楽での会話がずっと続く感じで、予定調和的なところが一切ないレコーディングでした。そうした即興的なやり取りでは自然と傷はできるし、それをクリーンにしてしまったら意味がないと思うんです」

たしかに、「秋」では酔っ払った農夫たちがふらつく足どりで踊るシーンが絶妙な掛け合いで表現されていたりと、即興的な面白さが尽きない。

「農夫が酔っ払って踊ったら、誰かが転んだり、尻もちをついたりするわけで、そういったリアルも表現したい。同様に、自然も人間が思い描くほど美しくはないと思うんです。クリーンで、ノーブルで、完璧に整えられた美ではなく、人間の手に委ねられていない厳しさを持った世界。風景画のように美しすぎる『四季』には、私は少し違和感を覚えてしまうのです」

世界的な巨匠にその実力を認められ、錚々たる音楽家たちとの共演を重ねてきた木嶋だが、今回のレコーディングはこれまでの人生で3本の指に入るほど強い印象を残す経験だったと語る。

「その場でなにが起こるかわからない世界に、みんなが自然と身を委ねて作り上げていった時間でした。肉体的なことすら忘れて、精神だけがずーっと集中している時間が続いたので、家に帰ってからも眠れなくて。心身ともに本当に刺激の強い音楽的体験をさせていただきました」

アイドルオタクの木嶋たっての希望で収録された『恋するフォーチュンクッキー』も、溌溂とした喜びにあふれている。

「クラシック界の大御所のメンバーが、皆さんとっても楽しんで弾いてくださいました(笑)。ずっと『四季』に向かっていたレコーディングが終わり、“最後に皆で弾こう!”とアンコールのような感じで録ったので、そのときの空気感が音に出ていると思います。クラシック・プレイヤーが弾く『フォーチュン』だからこその響きが最大限に活かされた山下康介さんによる編曲の力も大きいですね」

木嶋の“今”が刻まれた録音で、鮮やかな四季を感じていただきたい。


【木嶋真優】New Album「seasons」レコーディング密着メイキング映像

■インフォメーション

アルバム『seasons』

発売元:キングレコード
発売日:2020年12月16日
価格:3,300円(税込)
詳細はこちら

■公演スケジュール

●『東京交響楽団 川崎定期演奏会 第79回』
日時:2021年1月17日(日)14:00開演(13:30開場)
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール
出演:大植英次(指揮)、木嶋真優(バイオリン)
曲目:チャイコフスキー:バイオリン協奏曲 ニ長調 op.35、交響曲 第4番 へ短調 op.36

●『木嶋真優 ヴァイオリン・リサイタル』
日程・会場:2021年1月22日(金)電力ホール(仙台)/1月24日(日)FFGホール(福岡)/2021年2月19日(金)昌賢学園まえばしホール(群馬)

●645コンサート~充電の60分~ 木嶋真優
日時:2021年2月10日(水)18:45開演(18:00開場)
会場:第一生命ホール
出演:木嶋真優(バイオリン)、坂野伊都子(ピアノ)
曲目:エルガー:愛の挨拶、カッチーニ:アヴェ・マリア、プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」組曲

●クラシック・プラスⅡ 特別演奏会 鈴木優人×木嶋真優×神戸市室内管弦楽団!
日時:2021年3月13日(土)14:00開演(13:30開場)
会場:神戸文化ホール 中ホール
出演:鈴木 優人(指揮)神戸市室内管弦楽団(室内楽)、木嶋真優(バイオリン)
曲目:F.メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64、鈴木優人:アポカリプシス ii、A.ドヴォルザーク:交響曲 第8番 ト長調 作品88

※すべての公演詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。
オフィシャルサイト

オフィシャルFacebook   オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

特集

今月の音遊人:清塚信也さん

今月の音遊人

今月の音遊人:清塚信也さん「音楽はあやふやで不安定な世界。だからこそ、インテリジェンスを感じることもあります」

7346views

音楽ライターの眼

連載16[ジャズ事始め]“上海リヴァイヴァル”を象徴する「上海バンスキング」とアジア・ジャズの序章

863views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

10067views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

105220views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

4720views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

9550views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

5181views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3525views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

15742views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

3727views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3059views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

17269views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

11312views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7864views

音楽ライターの眼

人類がなぜギターという楽器を愛してきたのか、その理由を垣間見た/Acoustic Guitar Festival LIVE -Yamaha Acoustic Mind 2020 Ginza Special Vol.2-

1753views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

14470views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

2637views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

4265views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

8590views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2746views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

842views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3905views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5868views