Web音遊人(みゅーじん)

だんだんと熱気を帯びてドラマチックに/三浦文彰 ブラームス:バイオリン・ソナタ・リサイタル-清水和音(ピアノ)を迎えて-

俊英が居並ぶ日本の若手バイオリニストのなかでも、実力・人気ともに、ひと際輝いて異彩を放っているのが、三浦文彰だ。日本はもとより、ヨーロッパ各地でも一流指揮者やオーケストラとの共演を果たして躍進中。近年はまたピアニスト辻井伸行とのコンビで日本各地でのコンサートを行って人気が高い。その彼が、2022年8月31日、ヤマハホールでブラームスのバイオリン・ソナタ全曲によるリサイタルを行った。共演は近年とくにその音楽性が高く評価されている、日本を代表するピアニスト、清水和音。インティメイトで豊かな空間を誇るヤマハホールで、じっくりと音楽を聴かせる豊饒なときが流れた。

ブラームスはその生涯に3曲のバイオリン・ソナタを作曲している。この日は第1番から3番までの全曲演奏。最初は『雨の歌』として知られるメランコリックな曲想の第1番。3楽章に歌曲『雨の歌』のメロディが使われていることからの、命名だ。安定した清水和音のピアノが一歩前にでて奏でていく。三浦文彰のバイオリンは繊細で音色が美しい。この日は1曲目の終わりで休憩に入る。

後半の第2番、第3番と進むにつれて、バイオリンの調子が上がり、演奏も熱気を帯びてきた。艶やかな音色の輝きが際立ち、ニュアンスも豊かさを増す。ピアノも力強い。緩徐楽章の2楽章は美しい音色でよく歌い、ピアノとの息も良く合っている。3楽章は穏やかな楽想ながら、ピアノとの緊密な絡み合いが印象的だった。

そして最後の第3番はこの日の白眉だった。4つの楽章からなる、ドラマチックな曲で、バイオリンは最初から、緊迫した音楽を奏でる。ピアノにも熱が籠り、バイオリンの音色も艶やかさが増し、激しい胸の想いを吐露するような楽想が続く。2楽章は穏やかなアダージオで、美しい旋律が奏でられる。そしてメランコリックな短い4楽章を経て、最後の楽章に。プレスト・アジタートのタイトル通り、激しい曲想が始まる。三浦文彰のバイオリンはしだいに情熱的になり、音色も輝きを増していく。激しいピアノとの競演が頂点に達したところで、フィナーレに突入。ホールの熱気も急上昇したところで、曲が終了した。

盛大な拍手に応えたアンコールは2曲。三浦が「もちろん、ブラームスです」と曲を紹介。それは『スケルツォ ハ短調』だった。シューマンを師と仰いで彼のもとに出入りしていた若きブラームス。ある日、名バイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムを歓迎する曲を書くことになり、ブラームス、シューマン、アルベルト・ディートリッヒ(作曲家で指揮者)の3人が合作で『F.A.E.ソナタ』を書きあげた(1853年)。F.A.Eとはヨアヒムがモットーとしていた「自由に、しかし孤独に」の文字の頭文字をとったものとか。そのソナタの第3楽章がブラームスの『スケルツォ ハ短調』なのだ。そして曲目は、「もちろん、シューマンです」と三浦が説明。『F.A.Eソナタ』の第2楽章をシューマンが作曲したのだ。その合作はヨアヒムのバイオリン、クララ・シューマンのピアノで初演されたという。そんなエピソードのある、ちょっと渋い2曲をアンコールに選んだ三浦文彰と清水和音。プログラム全体の企画力にも、拍手!ロマンチックなブラームスの音楽に、存分に酔いしれた一夜となった。

 

石戸谷結子〔いしとや・ゆいこ〕
音楽ジャーナリスト。1946年、青森県生まれ。早稲田大学卒業。雑誌「音楽の友」の編集を経て、85年からフリーランスで活動。音楽評論の執筆や講演のほか、NHK文化センター等でオペラ講座も担当。著書に「石戸谷結子のおしゃべりオペラ」「マエストロに乾杯」「オペラ入門」「ひとりでも行けるオペラ極楽ツアー」など多数。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

八代亜紀さん

今月の音遊人

今月の音遊人:八代亜紀さん「人間だって動物だって、音楽がないと生きていけないと思います」

7821views

音楽ライターの眼

連載44[ジャズ事始め]ジャズに貼られていたラベルをはがすことに成功した“ランドゥーガ”という自由空間

791views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

5402views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

14711views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

6345views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

9125views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

7214views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1744views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

8178views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

4868views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6075views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

22075views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

6652views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

12147views

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

音楽ライターの眼

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

3470views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

5496views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

8361views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

1967views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

1420views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4566views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

89920views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5365views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7807views