Web音遊人(みゅーじん)

音楽家である私たちが今できるのは、音楽を分かち合うこと/伊藤恵×今井信子インタビュー

深く信頼を寄せ合うふたりが創造する音楽

ミュンヘン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人初の優勝を飾って以来、国内外で活躍し続ける伊藤恵(写真上左)。
「彼女は音楽の女神。もっとも尊敬する芸術家であると同時に、生き方も含めてひとりの人間として憧れの存在です」
ピアノ界の重鎮がそう微笑む相手は、長年にわたってビオラ界を牽引してきた世界的奏者、今井信子(写真上右)。その今井にとって伊藤は「自分がそのままでいられる数少ないピアニスト」だ。
「私はすべてが直感なので、ひと目見た瞬間に心が和む人、緊張する人を敏感に感じてしまいます。恵さんとお会いしたときから、一緒に演奏できるのはハッピーだと思いました」(今井)
このふたりの世界の精鋭は、これまで幾度となく共演を重ねてきた。その演奏がピアノ×ビオラのアンサンブルを超える音楽を創造してきたのは、揺らぐことのない信頼関係あってこそだろう。

ピアノとビオラによる歌曲への挑戦

ふたりが出会ったのは、今世紀に入って間もなくのこと。その後、武生国際音楽祭をはじめ多くの演奏会で共演してきたが、なかでも思い出深いのはこれまで4度上演したシューベルトの歌曲『冬の旅』だ。
シューベルトという作曲家に長年向き合い、敬愛し、その深い世界を私たちに届けてきた伊藤はいう。
「詩を読んだシューベルトがいかにインスパイアされてあの音楽を生み出したのか、いかに共感したのか。最後には詩ですらシューベルトが書いたのではないかと思ってしまうほど、魂がさまようような寂寥感や孤独感にあふれた歌曲です。そして、信子さんのビオラの音は、本当に人間の声のように語りかけてくるんですよね」
実は今井は、バイオリニストとして桐朋学園大学に入学。大学4年生のとき、桐朋学園の弦楽合奏団でアメリカに演奏旅行に行き、立ち寄った音楽祭でビオラのソロが大活躍するR.シュウトラウスの『ドン・キホーテ』を聴いた。何て豊かで美しい音色だろう。衝撃を受けた彼女は、バイオリンをビオラに持ち替えた。
「言葉で表せなくても、音が何かを感じさせてくれる。ビオラは、それを表現しやすい楽器です。ビオラを弾きだしたときから、自然と自分なりの音楽創りができるようになりました」
ビオラの魅力についてそう語る今井は、歌曲に取り組み始めてから、自分たちが真正面から音楽に向かっていけるという思いが一層強くなったともいう。
一方、ソリストとしても輝くような世界を紡ぎ出す伊藤はこう話す。
「信子さんとの演奏は、歌うような語るような優しいその響きに合わせる、そこに溶けあう、その音を支える音といったことをあらためて思い出させてくれます。そして私は、ソリストとして弾いているときとはまた違う、新しい音探しをするんですね。ピアノは、その人が求めればどんな音もかなえてくれる可能性がある楽器だと思っています」

ヤマハホールで待望のデュオ・コンサートを開催

そんなふたりのデュオ・コンサートが、2021年1月17日(日)、ヤマハホールで開催される。
プログラムは、ふたりの“宝物”ともいえる『冬の旅』のほか、シューマンの歌曲『詩人の恋』、さらにシューベルトの『アルペジオーネ・ソナタ』とブラームス『ビオラ・ソナタ』というビオラの名曲。
「今は、音楽の尊さや偉大さを認識するいいときなのではないでしょうか。そして音楽家である私たちに何ができるかといえば、音楽を分かち合うことだと思っています。コンサートホールで、みんなが一体となる音楽会ができればととても楽しみにしています」(今井)
公演はインターネットでも生配信される。世界中の人々と音楽を分かち合いたい。

■珠玉のリサイタル&室内楽 伊藤 恵&今井信子 デュオ・コンサート

日時:2021年1月17日(日)14:00開演(13:30開場)
会場:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14)
料金:来場チケット6,000円(全席指定・税込)/配信コンサート視聴チケット2,000円
出演:伊藤恵(ピアノ)/今井信子(ビオラ)
曲目:F.シューベルト/アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821、J.ブラームス/ビオラ・ソナタ 第2番 変ホ長調 Op.120-2、F.シューベルト/冬の旅 Op.89, D911 より 第1曲 おやすみ、第5曲 菩提樹、R.シューマン/詩人の恋 Op.48
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:さだまさしさん「僕にとって音楽は、最高に好きなものであり、最強に嫌いなもの」

8777views

藤田真央

音楽ライターの眼

クララ・ハスキルの覇者が魅せる古典派作品の世界/藤田真央 ピアノ・リサイタル

3596views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

18069views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

43074views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

14267views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

11680views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

5316views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

10539views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

19143views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

4367views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

4638views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25926views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

6376views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18563views

METライブビューイング

音楽ライターの眼

METライブビューイング 2018‐19シーズン開幕

3345views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

1281views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

5522views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

9163views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

5866views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6943views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

43074views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5807views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25926views