Web音遊人(みゅーじん)

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

アメリカの実力派ピアニスト、リチャード・グードは、J.S.バッハからベートーヴェン、ショパン、シューマン、ブラームスまで多様なレパートリーを誇り、いずれの作品も心に響く滋味豊かなピアニズムを聴かせる人である。

彼は1992年に初来日し、ピアノ好きの心を一瞬にしてとらえ、1994年、1996年と相次いで来日。その後、なかなか来日することがなく、近年はアメリカに行かないと演奏を聴くことができない状態となっている。

ところが、ここに1981年に録音した「シューマン:フモレスケ、幻想曲ハ長調」と1986年に録音した「ブラームス:ピアノ小品集」が再リリースされた(ワーナー)。

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

シューマンはグードの温かく寛容な人間性が色濃く感じられる演奏。ファンタジーあふれ、物語性に富み、聴き手をシューマンの文学的で奥深い世界へと自然にいざなっていく。

一方、ブラームスのピアノ小品は、グードの真骨頂ともいうべき演奏で、「8つのピアノ小品」作品76、「7つの幻想曲」作品116、「4つのピアノ小品」作品119が、しみじみとゆったりと聴き手の心に響いてくる。作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏である。

グードは、以前インタビューでこう語っていた。

「私は音楽そのものが作曲家と自分の声のブレンドとなり、純粋かつ無意識な形で、聴いてくれる人たちに伝わるようなレベルに到達できれば最高です」

まさにグードの演奏は、自身を前面に押し出すことはなく、作曲家の神髄に一途に迫っていくもの。そこからグードの声と作曲家の声が見事に融合し、そのブレンドした美質に私たちは心打たれるのである。

なお、今回の再発売では、「J.S.バッハ:パルティータ第4、2&5番」と「J.S.バッハ:パルティータ第1、3&6番」も同時リリースされている。

グードは歴史に名を残す偉大なピアニスト、ミエチスラフ・ホルショフスキー、ルドルフ・ゼルキン、クラウディオ・アラウから多くの教えを得、アルトゥール・シュナーベルの子息カール・ウ-リッヒ・シュナーベルにも師事した。さらにパブロ・カザルスからもさまざまな面で学ぶことができたという。

そうしたすべての教えがグードの糧となり、情感豊かなピアニズムを生み、聴き手の涙腺を緩めていく。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。 
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

特集

Web音遊人 - 牛田智大さん

今月の音遊人

今月の音遊人:牛田智大さん「ピアノの練習をしなさい、と言われたことは一度もないんです」

39700views

ジャズとクラシックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズとクラシックの距離を測るための極私的な指標について

1638views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3207views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

18012views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

3781views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

3516views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

10890views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3260views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4380views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3367views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

4517views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5044views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

3405views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

16284views

音楽ライターの眼

トレイシー・ソーンの自伝的エッセイが刊行。エヴリシング・バット・ザ・ガールを読む

484views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

3412views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

1753views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

8205views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

7356views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4327views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

34184views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2858views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5044views