Web音遊人(みゅーじん)

2021年はサン=サーンスの没後100年のメモリアルイヤー

2021年はフランスを代表する作曲家のひとり、カミーユ・サン=サーンス(1835~1921)の没後100年にあたる。サン=サーンスは1835年10月9日、内務官吏の父と絵画の素養のある母のもと、パリに生まれた。しかし、父親はサン=サーンスの生後まもなく世を去ったため、母親とピアニストの大伯母に育てられた。

天才作曲家は短命な人が多いが、2歳半でピアノを弾き始め、3歳でピアノ曲を作曲し、5歳のときにパリのサロンでピアノを弾き、7歳でオルガンを習い、10歳でモーツァルトとベートーヴェンのピアノ協奏曲を弾いてデビューしたというサン=サーンスは、珍しく86歳という長寿をまっとうしている。

とても音感のすぐれた子どもだった彼は、幼いころから作曲を始め、あらゆるジャンルに多くの作品を残した多作家として知られる。ピアニスト、オルガニスト、教育者、指揮者、批評家としての顔も備え、詩や戯曲、哲学、天文学などにも才能を発揮するなどきわめて多才で、いわゆる教養人だった。
1857年にはオルガニストたちの羨望の的であるパリのマドレーヌ教会のオルガニストのポストに就任、以後20年近く即興演奏や自作などを奏でて名を上げた。

マドレーヌ教会。当時のパリではオルガニストの最高峰といわれていた。

生前認められず貧困にあえぐ作曲家が多いなか、サン=サーンスは生涯を通じて栄光に恵まれたが、私生活の面では53歳のときに最愛の母を亡くし、一時は自殺を考えるほど落ち込んだ。やがて孤独な放浪者となり、アルジェリアやエジプトをはじめとする世界各地に旅に出かけ、その土地から得たインスピレーションを自らの作品に託し、異国情緒豊かな曲を生み出すようになっていく。

晩年はフランスでの人気も凋落し、アフリカへの旅が増えていった。そして1921年12月16日、パリの寒さを避けて訪れたアルジェで孤独な死を迎えた。
パリのオデオン広場から斜め右前方のカシミール通りを経て、ムッシュー・ル・プランス通りを右に折れた右側の14番地には、サン=サーンスが1877年から89年まで住んだアバルトマンが赤レンガ造りの威風堂々たる姿を見せている。この4階の左半分がサン=サーンスの住まいで、入口には3人の女人像の浮き彫りが見られる。

サン=サーンスの家

この没後100年の記念の年にフランスの実力派、ヴァイオリンのルノー・カピュソン、チェロのエドガー・モロー、ピアノのベルトラン・シャマユがあまり演奏されないソナタとトリオをレコーディングし、世に送り出した。3人は祖国の偉大な作曲家の作品を広めようと、上質で緊密で緊迫感に富む演奏を繰り広げている。こういう年だからこそ生まれた録音、貴重な音の記録である。

■インフォメーション

アルバム『Saint-Saens: Sonates et Trio/サン=サーンス:ソナタとトリオ』

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2020年11月27日
価格:オープン価格
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

ジェイク・シマブクロ

今月の音遊人

今月の音遊人:ジェイク・シマブクロさん「音のかけらを組み合わせてどんな音楽を生み出せるのか、冒険して探っていくのは楽しい」

6347views

ボブ・ディラン

音楽ライターの眼

ボブ・ディランがFUJI ROCK FESTIVAL’18に登場

3739views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

9539views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

1705views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6296views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

5082views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

4800views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5127views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

11103views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

6290views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5630views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20833views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6296views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8915views

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

音楽ライターの眼

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

7595views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

6960views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

9153views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

12482views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

15649views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5630views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

20635views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

6387views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24672views