Web音遊人(みゅーじん)

2021年はサン=サーンスの没後100年のメモリアルイヤー

2021年はフランスを代表する作曲家のひとり、カミーユ・サン=サーンス(1835~1921)の没後100年にあたる。サン=サーンスは1835年10月9日、内務官吏の父と絵画の素養のある母のもと、パリに生まれた。しかし、父親はサン=サーンスの生後まもなく世を去ったため、母親とピアニストの大伯母に育てられた。

天才作曲家は短命な人が多いが、2歳半でピアノを弾き始め、3歳でピアノ曲を作曲し、5歳のときにパリのサロンでピアノを弾き、7歳でオルガンを習い、10歳でモーツァルトとベートーヴェンのピアノ協奏曲を弾いてデビューしたというサン=サーンスは、珍しく86歳という長寿をまっとうしている。

とても音感のすぐれた子どもだった彼は、幼いころから作曲を始め、あらゆるジャンルに多くの作品を残した多作家として知られる。ピアニスト、オルガニスト、教育者、指揮者、批評家としての顔も備え、詩や戯曲、哲学、天文学などにも才能を発揮するなどきわめて多才で、いわゆる教養人だった。
1857年にはオルガニストたちの羨望の的であるパリのマドレーヌ教会のオルガニストのポストに就任、以後20年近く即興演奏や自作などを奏でて名を上げた。

マドレーヌ教会。当時のパリではオルガニストの最高峰といわれていた。

生前認められず貧困にあえぐ作曲家が多いなか、サン=サーンスは生涯を通じて栄光に恵まれたが、私生活の面では53歳のときに最愛の母を亡くし、一時は自殺を考えるほど落ち込んだ。やがて孤独な放浪者となり、アルジェリアやエジプトをはじめとする世界各地に旅に出かけ、その土地から得たインスピレーションを自らの作品に託し、異国情緒豊かな曲を生み出すようになっていく。

晩年はフランスでの人気も凋落し、アフリカへの旅が増えていった。そして1921年12月16日、パリの寒さを避けて訪れたアルジェで孤独な死を迎えた。
パリのオデオン広場から斜め右前方のカシミール通りを経て、ムッシュー・ル・プランス通りを右に折れた右側の14番地には、サン=サーンスが1877年から89年まで住んだアバルトマンが赤レンガ造りの威風堂々たる姿を見せている。この4階の左半分がサン=サーンスの住まいで、入口には3人の女人像の浮き彫りが見られる。

サン=サーンスの家

この没後100年の記念の年にフランスの実力派、ヴァイオリンのルノー・カピュソン、チェロのエドガー・モロー、ピアノのベルトラン・シャマユがあまり演奏されないソナタとトリオをレコーディングし、世に送り出した。3人は祖国の偉大な作曲家の作品を広めようと、上質で緊密で緊迫感に富む演奏を繰り広げている。こういう年だからこそ生まれた録音、貴重な音の記録である。

■インフォメーション

アルバム『Saint-Saens: Sonates et Trio/サン=サーンス:ソナタとトリオ』

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2020年11月27日
価格:オープン価格
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:城田優さん「音や音楽は生活の一部。悲しいときにはマイナーコードの音楽が、楽しいときにはハッピーなビートが頭のなかに流れる」

4277views

新たなディケイドへと向かうフジ・ロック・フェスティバル'17。テーマは“革新”と“伝統”

音楽ライターの眼

新たなディケイドへと向かうFUJI ROCK FESTIVAL ’17。テーマは“革新”と“伝統”

3800views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

29188views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

15518views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

5652views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

9154views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

10095views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5659views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

24283views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

6463views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4713views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7632views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

11524views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

20383views

音楽ライターの眼

英国ハード・ロックの“正統”を受け継ぐFMが新作『サーティーン』を発表

789views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

10698views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

6157views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

5270views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

15106views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

6442views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

1231views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

8388views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7632views