Web音遊人(みゅーじん)

ブラームスの青春譜、円熟のピアノ三重奏曲/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.6

バイオリン、チェロ、ピアノの大御所3人が、味わい深い三重奏を繰り広げた。2020年2月22日、ヤマハホールでの「徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.6」。シリーズ6年目の今回はドイツ語圏の大作曲家ハイドン、ベートーヴェン、ブラームスによるピアノ三重奏曲の傑作を聴けた。白眉はブラームスが20歳頃に作曲し57歳にして改訂した「ピアノ三重奏曲第1番ロ長調作品8」。老練な作曲家の手による改訂版には円熟の演奏が似合う。人生経験を積んだ音楽家だけが奏でられる追憶と哀愁の青春譜だ。

かなり遅めのテンポで第1楽章が始まった。練木のピアノがロ長調の優しい第1主題を分散和音にのせて弾く。5小節目から入る堤のチェロは自然な緩急を付けながら、内省的なつつましい音色で穏やかな旋律を引き継ぐ。徳永のバイオリンが張りのある音色で加わり、長調ながらも憂愁に包まれた歌の流れが生まれる。ゆったりと鳴らす旋律は堂々とした貫禄も感じさせ、達観と諦観が入り交じるブラームスの音楽の本質を突いていた。

NHK交響楽団ソロ・コンサートマスターを長年務めた徳永が73歳、桐朋学園大学前学長でサントリーホール館長の堤は77歳、米国でも活躍した練木は69歳。ブラームスが晩年へと向かう時期に改訂した作品を奏でるには、3人とも十分な円熟ぶりだ。

ブラームスは20歳だった1853年、作曲家シューマンとその妻でピアニストのクララに出会った。2人の励ましに発奮し、この曲を書き進めた。しかし翌54年、シューマンはライン川での自殺未遂後に入院。運命の時の中で書かれた青春譜はのちに、熟練した作曲技法によってスリム化され、真の傑作に生まれ変わった。その波乱の青春ドラマを穏やかな口調で回想するような3人の演奏だ。

第2楽章のスケルツォでは、冒頭でやや綻びもあったが、歌謡曲風の中間部が情感あふれる盛り上がりを見せた。ベートーヴェンの交響曲第7番第3楽章スケルツォの中間部にも通じるような凱歌が、優美な歌となって羽ばたく。清澄な第3楽章を経て、第4楽章では不安と喜びを交錯させながら悲劇の短調で締めるまで、3人の熟達した推進力を印象付けた。

筆者は5年前の同シリーズ第1回について公演評を書く機会に恵まれた(2015年3月16日付日本経済新聞電子版音楽レビュー「徳永二男、堤剛、練木繁夫のピアノ三重奏曲」)。3人の円熟度は今回さらに増していた。ハイドン「ピアノ三重奏曲第25番ト長調『ジプシー・トリオ』作品73の2」の第1楽章では、練木のピアノが全体を包み込むまろやかさ。徳永のバイオリンがはつらつとした歌を奏で、堤のチェロが優しくそれを支える。

ベートーヴェンの「ピアノ三重奏曲第5番ニ長調『幽霊』作品70の1」は「幽玄」と呼ぶべき深みを聴かせた。ピアノが沈鬱な音色でリズムを刻み続ける中で、弦の2人が幻想的な響きを鳴らす第2楽章の終結部は、現代音楽に直結する前衛のイメージを醸し出した。

日本経済新聞電子版音楽レビュー「徳永二男、堤剛、練木繁夫のピアノ三重奏曲」>

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社文化部デスク。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:マキタスポーツさん「オトネタ作りも、音楽に関わるようになったのも、佐野元春さんに出会ったことから始まっています」

4435views

ディープ・パープル

音楽ライターの眼

ディープ・パープル、最後の来日となるか?2018年10月、The Last Goodbyeジャパン・ツアー決定!

11169views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

8608views

ピアニカ

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

111064views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7642views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

6632views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

4541views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5977views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8538views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

1913views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

3833views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5794views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

2216views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6341views

音楽ライターの眼

音楽の“布地”を織り出す、それぞれに個性的な“糸”/鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン バッハ:チェンバロ協奏曲全曲録音プロジェクト Vol.2

2307views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

8776views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2689views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

8608views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

7047views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

4095views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

27834views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5977views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5794views